ライフサイエンス

ライフサイエンス分野で30年の実績、最先端のソリューションでお客様の課題解決にお応えします。

研究者のみなさまに

お客様の課題

  • 人体の代わりに幹細胞などを用いて詳細な観察実験を行い、生命現象の解明につなげたい

  • 病態を模擬した細胞モデルを用いて観察実験を行い、病態の解明及び治療法の開発につなげたい

 

YOKOGAWAのソリューション

3D観察が可能な共焦点スキャナユニットCSUシリーズを用いることにより、細胞の内部の小器官などの動態を詳細に観察することができます。また、CSUシリーズは高速撮影が可能なため、高速な生命現象を観察することにも適しています。さらに、CSUシリーズは細胞に極めて優しいマルチポイント共焦点方式のため、長時間のライブセル観察に最適です。

 

医薬品、食品、化粧品開発者のみなさまに

お客様の課題

  • 高額な動物実験の代わりに、培養細胞を用いて薬の効能評価や毒性評価を行いたい  

  • 特に近年研究が盛んな細胞塊(スフェロイド、オルガノイド)を用いた評価実験を行いたい

  • 培養細胞を用いて機能性食品などの細胞に与える影響を評価したい

  • 3D皮膚モデルを用いた、化粧品の効能評価を行いたい

  • 再生医療向けの幹細胞の分化状態の確認や、品質評価を行いたい

 

YOKOGAWAのソリューション

上記のCSUシリーズを組み込んだCellVoyager、CQ1により、培養細胞を用いた様々な評価実験を自動で行うことができます。CellVoyager、CQ1はCSUシリーズの高速撮影機能を引き継いでおり、高速な現象の評価にも適していおります。また、CellVoyager、CQ1はインキュベータ(細胞培養環境)を備えており、細胞を培養しながら細胞に優しい長時間ライブセル観察を行うことができ、時系列的な評価を行うことが可能です。 さらにCellVoyager、CQ1と画像解析ソフトCellPathfinderを組みわせることにより、観察画像から特徴量の抽出を自動で行うことができます。特に機械学習を用いた解析機能を用いることにより、簡便かつ直感的な操作で画像解析を行うことができます。

 

バイオソリューション製品の位置づけ

基礎研究から臨床試験まで、お客様の価値創造に貢献します。

Contributing to value chain of biology & pharmaceutical from basic research to pre-clinical research

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。
是非フォローをお願いいたします。

Yokogawa Life Science

•Twitter @Yokogawa_LS
•Facebook Yokogawa Life Science
•LinkedIn Yokogawa Life Science

 

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ