iPS由来心筋細胞におけるカルシウムシグナルの撮像

iPS由来心筋細胞におけるカルシウムシグナルの撮像

20fpsの高速タイムラプスを行い個々のスフェロイドのカルシウムフラックスを撮像。
Elplasia(株式会社クラレ)上にiCell Cardiomyocytes(CDI, Inc)を培養、スフェロイドを形成させ、カルシウム指示薬を用いて個々のスフェロイドの平均輝度値を算出しました。

 Calcium Signals in iPSC-derived Myocardial Cells

Time lapse movie  Play

左:iPSC由来心筋細胞におけるカルシウムシグナルの高速タイムラプス(対物レンズ:10x 撮像速度:20fps)
右:スフェロイドにおけるシグナル波形


公式アカウント

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。是非フォローをお願いいたします。

  Follow us Share our application
•Twitter @Yokogawa_LS Share on Twitter
•Facebook Yokogawa Life Science Share on Facebook
•LinkedIn Yokogawa Life Science Share on LinkedIn

 

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List


関連製品&ソリューション

ハイコンテント解析ソフトウェア

直感的で使いやすいインターフェースで、大量の画像データを多角的に解析・グラフ表示にまで導いてくれます。独自の機械学習機能は解析対象の認識力を格段に向上、3D培養系やライブセルイメージング等、より複雑で難易度の高い解析にも対応、HCAの強力なツールとなります。

ハイコンテントアナリシス

CellVoyagerシリーズは生きた細胞の様々な反応を高速かつ詳細に調べることにより、新薬開発や化合物評価、細胞機能解明などの効率を上げるハイスループットハイコンテントアナリシスシステムです。最先端のライフサイエンス研究のニーズに応え、常に進化を続けています。

ライフサイエンス

全世界で2000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

 

トップ