細胞シートを移動するHUVECの3D解析

はじめに

長時間共焦点ライブセルイメージングは、組織培養における細胞の3次元な動的挙動を調べるための重要な手法ですが、細胞に対する光毒性をできるだけ少なくすることがとても重要です。ここでは、低退色・低光毒性で共焦点撮影が可能なスピニングディスクCSUを搭載したオールインワン共焦点定量型イメージングサイトメーターCQ1を用いて、多層細胞シートにおける3Dタイムラプスイメージングを行った結果を報告します。

実験方法

  1. ヒト骨格筋芽細胞(HSMM)およびヒト骨格筋線維芽細胞(HSMF)から、5層の筋芽細胞シートを構築
  2. HSMMおよびHSMFは、CellTrackerTMOrangeで標識
  3. GFPを発現するヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC:GFP-HUVEC)を細胞シートで覆う
  4. CQ1でタイムラプスイメージング(67時間、30分間隔、40倍対物レンズ、49フィールド)

実験方法

結果

1. GFP-HUVECの3次元的な細胞遊走のライブイメージング

細胞シートのタイムラプスイメージ 
Time lapse movie Play

Fig. 1-1. 細胞シートのタイムラプスイメージ
Method fig.2内の黄色矩形部を拡大表示

細胞シートへ内へのGFP-HUVECの遊走

Fig. 1-2. 細胞シートへ内へのGFP-HUVECの遊走
時間経過に伴い。HUVECが上層への移動していく様子が確認できる

2.GFP-HUVEC遊走の定量化

各細胞シート中のGFP-HUVECsの時間変化

Fig. 2. 各細胞シート中のGFP-HUVECsの時間変化
各細胞シートのGFP蛍光強度を、細胞シート全体の総GFP強度に対する比として示した

結果と考察

  • GFP-HUVECは、HSMMおよびHSMFで作成した細胞シートを遊走しました
  • GFP-HUVECが網目状ネットワークを形成することを確認できましたした
  • CQ1による長期間3Dタイムラプスイメージングは、多層細胞シートにおける活発な遊走および細胞ネットワークの形成の動的プロセスを明らかにしました

データご提供:大阪工業大学 長森英二先生
Reference: Nagamori E. et al., Biomaterials, 34, 662-668. (2013)


公式アカウント

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。是非フォローをお願いいたします。

  Follow us Share our application
•Twitter @Yokogawa_LS Share on Twitter
•Facebook Yokogawa Life Science Share on Facebook
•LinkedIn Yokogawa Life Science Share on LinkedIn

 

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List


関連製品&ソリューション

ハイコンテント解析ソフトウェア

直感的で使いやすいインターフェースで、大量の画像データを多角的に解析・グラフ表示にまで導いてくれます。独自の機械学習機能は解析対象の認識力を格段に向上、3D培養系やライブセルイメージング等、より複雑で難易度の高い解析にも対応、HCAの強力なツールとなります。

ハイコンテントアナリシス

CellVoyagerシリーズは生きた細胞の様々な反応を高速かつ詳細に調べることにより、新薬開発や化合物評価、細胞機能解明などの効率を上げるハイスループットハイコンテントアナリシスシステムです。最先端のライフサイエンス研究のニーズに応え、常に進化を続けています。

ライフサイエンス

全世界で2000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

 

トップ