CellActivision アプリケーション

コロニー形成解析

コロニーの成長を領域計測機能(Area size measurement)と細胞カウント機能(Cell counting)を用いることで容易に定量化することが可能です。コロニーのエリアサイズをピクセル値で算出、細胞数をカウントします。

 

 

Cells area(Pixels)

 

 

 

 

Cell type 1|Cells

Scratch Wound解析

Scratch Wound (引掻き傷)の領域の大きさと、間隙が閉じる速さを定量化することが可能です。Scratch Woundの領域、間隙の長さをピクセル値で算出します。

 

 

 

 

Wound width(Pixels)

細胞毒性解析

細胞分類機能(Cell Finder)と、細胞カウント機能(Cell counting)を用いることで、例えば死につつある細胞と生きている細胞を区別しカウントすることが可能です。化合物添加後の動的なデータにより、例えばLD50を容易に算出することが可能です。

細胞毒性解析 Time(Hour)


神経突起伸長解析

位相差画像から、神経突起の長さと細胞体の数を定量化することができます。異なる化合物を添加した後の動的なデータを容易に比較できます。細胞体の特徴、神経突起の特徴毎に細胞数や突起長を定量化することも可能です。

 

 

Time(Hour)

 

 


共培養解析

細胞分類機能(Cell Finder)と、細胞カウント機能(Cell counting)を用いることで、異なる種類の細胞を分類し定量化することが可能です。グラフはエクセル形式で出力することも可能です。

共培養解析 Time(Hour)


トラッキング解析

細胞の動く範囲、速さ、方向についての情報を入力することで、細胞をトラッキングすることが可能です。さらに、XY方向の移動距離のチャートを作成することが可能です。

トラッキング解析 X Movement(um)

関連製品&ソリューション

ライフサイエンス

全世界で3000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

 

解析ソフトウェア

画像から特徴量データを抽出し、グラフ表示や数値データの出力を行います。
解析新薬開発における薬効・毒性評価や細胞の機能評価、基礎研究分野における生理メカニズムの解明に大いに力を発揮します。

トップ