横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

CSU-W1 アプリケーション

CSU-W1アプリケーション


ES細胞

Ocular cup organ regenerated from mouse ES cells ES cell colony ES cell colony

ES細胞より分化誘導された網膜組織

画像ご提供:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター
器官発生研究グループ 
笹井研究室 永樂 元次先生、長谷川 結子先生

ES細胞より分化誘導された網膜組織

  3D Play

ES細胞より分化誘導された網膜組織 MIP

YZ plane YZ plane

撮影条件
Z撮影枚数 51枚(2µm間隔)
励起波長 640nm:Cy5
ピンホール径 25µm
観察倍率 20倍ドライ

ES細胞コロニー

画像ご提供:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 器官発生研究グループ 
笹井研究室 高田 望先生

ES細胞コロニー

3D Play

ES細胞コロニー MIP

撮影条件
Z撮影枚数 51枚(1µm間隔)
励起波長 488nm:GFP, 561nm:mCherry
ピンホール径 50µm
観察倍率 60倍オイル

画像ご提供:大阪大学 微生物病研究所 山縣一夫先生

 ES細胞コロニー

Timelapse(MIP)

動画 Play

撮影条件
Z撮影枚数 201枚(0.4µm間隔)
励起波長 488nm:H2B-EGFP
561nm:
mCherry-MBD-NLS
ピンホール径 50µm
観察倍率 60倍シリコン
撮影時間 470分(10分間隔)

Top


ゼブラフィッシュ

ゼブラフィッシュ胚 ゼブラフィッシュ胚

ゼブラフィッシュ胚

画像ご提供:基礎生物学研究所 形態形成研究部門 教授 上野直人先生、鈴木誠先生

ゼブラフィッシュ胚

胚全体の3次元構築

ゼブラフィッシュ胚

タイムラプスの一部(視野・時間)を表示
タイムラプス動画 Play

ゼブラフィッシュ胚

一部を高倍で撮影し3次元構築

YZ Plane

YZ Plane

撮影条件
Z撮影枚数 左上:100枚(1µm間隔)
左下:101枚(0.5µm間隔)
右:1枚
励起波長 左:561nm:RFP
右:488nm:EB3-GFP
561nm:RFP
ピンホール径 50µm
観察倍率 左上:20xドライ
左下、右:60x水浸

ゼブラフィッシュ稚魚の脳活動のリアルタイム観察

画像ご提供:国立遺伝学研究所 初期発生研究部門  教授 川上 浩一 先生、助教 武藤 彩先生

zebra fish

タイムラプスの一部を表示
全タイムラプス動画: Play

zebra fish

タイムラプスを時間で重ね合わせ。カルシウム反応が強くおきた箇所を赤く表示

zebrafish

GCaMP を発現させた脳部位(視蓋領域)の3D 画像

zebra fish

受精後5 日目のゼブラフィッシュ稚魚
赤枠は視蓋領域

撮影条件
Z撮影枚数 1枚
T撮影枚数 600枚を連続撮影 トータル152秒
励起波長 488nm:GCaMP
ピンホール径 50µm
観察倍率 40x水浸

参考文献:  Muto et al., Real-Time Visualization of Neuronal Activity during Perception, Current
Biology 23(4):307-311

Top


脳スライス

Brain slice of mouse fetus

マウス胎児の脳スライス

画像ご提供:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 非対称細胞分裂研究グループ 松崎研究室 下向敦範先生

マウス胎児の脳スライス

3D

撮影条件
Z撮影枚数 31枚(0.5µm間隔)
励起波長 488nm:GFP
561nm:RFP
ピンホール径 50µm
観察倍率 60倍水浸長作動
撮影時間 2時間(1分間隔)

Top


マウス初期胚

マウス初期胚

マウス初期胚

画像ご提供:大阪大学 微生物病研究所 山縣一夫先生

Early stage mouse embryo

タイムラプス(MIP表示) :動画 Play

撮影条件
Z撮影枚数 101枚(1µm間隔)
励起波長 488nm:H2B-EGFP
561nm:
mCherry-MBD-NLS
ピンホール径 50µm
観察倍率 60倍シリコン
撮影時間 48時間(10分間隔)
 Early stage mouse embryo

タイムラプス(染色体:MIP表示)の一部を抜粋)

Top

関連製品&ソリューション

  • ライフサイエンス

    全世界で3000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

     

    さらに見る
  • 共焦点スキャナユニット CSU

    共焦点スキャナユニットCSUを光学顕微鏡に取付け、簡単にスピニングディスク方式共焦点顕微鏡にアップグレードできます。
    独自のスキャン方式で生細胞、生体へのダメージを最小限に抑え、微かで速い生命現象も逃さず捉えることが出来ます。
    これまで2000台以上の販売実績があり、世界中の先端的研究を支えています。

    さらに見る

トップ