横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

1生細胞内解析 iSC-seqによる破骨細胞の解析

概要

近年、シングルセルを対象とした研究が盛んに行われ、さらには三次元位置情報とオミクスデータとの統合である空間オミクスが可能な機器も開発されています。
SS2000は共焦点顕微鏡で撮像しながら先端径が数μmのガラスチップにより、1細胞レベルで細胞内成分を採取できる画期的な装置です。
本アプリケーションノートでは、SS2000を用いて多核巨細胞である破骨細胞から細胞内成分をサンプリングし、次世代シーケンサで解析するintra single living cell sequencing(iSC-seq)法を確立した東京大学の岡田先生の事例をご紹介します。

 

詳細はアプリケーションノートをダウンロードしてご覧ください。
アプリケーションノートをダウンロード
 

Single Cellome Application Note

 


公式アカウント

Yokogawa Life Science 公式アカウント

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。
是非フォローをお願いいたします。

•Twitter @Yokogawa_LS
•Facebook yokogawa.life.science
•LinkedIn Yokogawa Life Science
•YouTube Life Science Yokogawa

 

YOKOGAWAグループ公式アカウントリスト

Social Media Account List

関連製品&ソリューション

  • 細胞内サンプリングシステム SS2000

    SS2000は共焦点顕微鏡で培養中の細胞を撮像しながら、1細胞レベルで細胞内の特定の部位や領域を全自動で直接サンプリングするシステムです。細胞を丸ごとサンプリングすることも可能です。培養中の細胞を剥がす必要がないため、位置情報や形態情報が保持されます。

    さらに見る
  • 1細胞解析ソリューション Single Cellome™

    シングルセル・ライブセルを対象に、細胞をハンドリングする技術を開発しています。SU10は選択的で細胞へのダメージを最小限に抑えた自動ナノデリバリーを、SS2000は共焦点顕微鏡技術をベースにした全自動細胞内サンプリングを実現します。

    さらに見る
  • ライフサイエンス

    全世界で3000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング・創薬研究のデファクトスタンダードとして、最先端のライフサイエンス研究を支えています。

     

    さらに見る

トップ