4線式液分析計 FLXA402

拡張性・柔軟性が進化した、将来を見据えた4線式液分析計です

FLXA402は、発売以来世界中で採用されているEXA450シリーズの使いやすさとFLEXAシリーズの優れた機能を併せ持ち、将来の拡張性に柔軟に対応する、モジュールタイプの4線式液析計です。

モジュールは2つ装着可能、従来のアナログ検出器に加え、SA11 SENCOM スマートアダプタと専用検出器を組み合わせたデジタル検出器の接続が可能となり、検出器はpH/ORP、導電率、電磁導電率、溶存酸素から組合せできます。

お客様の現場に合わせ柔軟に対応する拡張性と豊富な機能により、設置コストの削減やメンテナンスコスト削減を実現します。

豊富な機能・拡張性により、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応します

製品ライフサイクルにそって出現する問題を解決し、設備や運用コストを削減します

多彩な拡張性により、現場に合わせたシステム構築が可能です

1台で最大5本まで検出器を同時接続可能
pH/ORP、導電率、溶存酸素を測定

設置や配線コストを削減します

SDカードやBluetooth通信で設置コストを削減、各種通信機能(Ethernet、RS-485)で配線コストを削減、
Bluetooth通信によるモバイルでの設定調整も可能

豊富な機能でメンテナンス効率をアップさせます

機器健康診断機能による予防連絡とメンテナンス時期予測で予防保全に対応
設定調整ツール FieldMateやSDカードにより、短時間でセットアップ可能

必要最小限の交換対応で環境にやさしい製品です

検出器、CPUメモリ、ケーブルは脱着可能
検出器の交換は消耗部品の電極のみで最小限に

操作性が向上し、より使いやすくなりました

視認性が良くユーザフレンドリーなカラーLCDタッチスクリーン採用
9言語対応の多言語サポートで、メンテナンス時のストレスを軽減
豊富な情報量を持つHMIで、マニュアルが無くても現場での操作が可能

優しい操作性のタッチスクリーン

 

システム構成例

検出器は最大5本まで、アナログ・デジタル対応検出器接続

BA11ジャンクションボックスを使用して、SENCOM SAモジュールに最大4本までデジタル対応検出器接続が可能、アナログモジュールにアナログ検出器1本の最大5本の検出器を同時接続できます。

設定・調整はモバイル対応も可能

モバイル対応の設定調整ツールFieldMateの使用により、Bluetooth経由でFLXA402を設定することもできます。

クラウドを使用した遠隔システム

拡張性は構内にとどまりません。クラウド使用で遠隔地での確認・操作も可能になります。

クラウドを使用した遠隔システムも視野に入れた拡張性

 

 


OpreXとは
OpreXとは、制御事業の包括的ブランドです。お客様との価値共創を通じて培ってきたYOKOGAWAのテクノロジーとソリューションの卓越性を表し、YOKOGAWAの全ての制御関連製品、サービスとソリューションを包含しています。OpreX Transformation 、OpreX Control 、OpreX Measurement 、OpreX Execution 、OpreX Lifecycle の5つのカテゴリーから成り立ち、新製品FLXA402は、OpreX Measurement を構成する製品・ソリューション群の一つであるOpreX Analyzersに属します。OpreX Measurementは、高精度な測定、データ収集、分析を可能にする現場機器やシステムを意味します。
YOKOGAWAはこのブランドのもと、お客様のビジネス課題解決の視点で、お客様の変革と成長を支援する統合ソリューションを提供していきます。


pH/ORP測定の特長

pH/ORP測定に大きな影響を及ぼす温度による影響を補正する各種機能を装備しています。
温度や酸化還元電位(ORP)の測定も可能です

  • 校正標準テーブルを内蔵、温度補償機能、安定性チェック機能を備え、高精度なpH 測定を実現
  • 電極チェックによる健康状態診断および予知診断機能でダウンタイムを削減
    リアルタイム(オンライン)/校正中(オフライン)でも故障や汚れ、断線等をチェックし、早期にモニタでお知らせ
  • 温度に影響を受けやすいpHを正確に測るために重要な温度補償機能内蔵で正確な測定が可能
     温度補償係数、マトリクス温度補償、NEN6411 による補償電極チェックによる健康状態診断で予知診断や予防保全

 


導電率測定の特長

IEC 60746-3 のNaCl 希釈溶液の補償演算法に従って初期設定されており、純水から濃縮食塩水まで、理想的な測定が可能です。 
さらに2つの温度補償内蔵により、測定に影響を及ぼす温度の補正も行います。

  • 自動温度補償機能内蔵、5種類の温度素子から選択が可能
  • 校正標準テーブルを内蔵
  • 検出器のセルの汚れ具合をモニタリングし、より高い精度の導電率測定が可能
  • 脱塩水や蒸気、凝縮液、ボイラ水の分析における純水補償
    製薬工業における純水のモニタリングWFI (Water for Injection)では、USP23(アメリカ合衆国薬 局方)の水質基準に従ってプロセス液の水質をモニ タリングすることができます。
  • 2電極式/4電極式検出器対応

電磁導電率測定の特長

紙パルプのアプリケーションにも対応強酸、強アルカリの溶液を正確に分析するためのマトリクス補償、出力直線化機能を備えています。

  • 非接触測定なので、酸、アルカリ溶液から含塩溶液まで測定可能
  • 化学工業における濃度監視や食品 および薬品工業、メッキおよび表面処理工業、紙・ パルプ工業のアプリケーションに対応

溶存酸素測定の特長

蛍光式検出器、ガルバニ電池式検出器、ポーラログラフ式検出器が使用可能です。

  • 標高等によって異なる 気圧、水中の塩分、および温度の変動に対する補正で測定精度が向上
  • 測定パラメータ:濃度、温度または 2 つの検出器の演算値
  • 出力機能:ホールド機能、バーンアウト機能

     

検出器


アナログ検出器

アナログ検出器はFLXA402モジュールに直接接続します。
pH/ORP、導電率、電磁導電率、溶存酸素の検出器に対応しています。

各検出器については以下よりご確認ください。
→ pH検出器/ORP検出器
→ 導電率/電磁導電率検出器
→ 溶存酸素検出器

アナログ検出器

SENCOMスマートアダプタ SA11 対応検出器

デジタル対応検出器として使用する際は、SA11 SENCOMスマートアダプタ(SENCOM SA)と組み合わせて使用します。
Variopinコネクタ オプション付きの以下の検出器が対象です。

各検出器の詳細は以下よりご確認ください。
→ 一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8EFP/PH8ERP
→ 純水用pH検出器 PH8EHP
→ pH/ORP検出器 FU20


デジタル検出器

デジタル検出器としてFLXA402に直接接続できます。

詳細は → 溶存酸素検出器 DO70G をご確認ください。

デジタル対応検出器

関連製品


SENCOMスマートアダプタ SA11

Variopinコネクタ付きアナログ検出器に装着して、デジタル対応検出器に変換させます。
設置された検出器を自動的に認識し適切な設定を行います。 

→ SA11の詳細はこちらをご確認ください。

SENCOMスマートアダプタ SA11

BA11 ジャンクションボックス

デジタル対応検出器を複数装着する場合に使用します。最大4本まで装着できます。

詳細は → SA11と周辺機器の仕様書をご確認ください。

最大4本のSA11付きデジタル検出器を接続できます

WU11 SENCOMケーブル/WE10 SENCOM延長ケーブル

WU11:SA11をジャンクションボックスや上位機種に接続します。

WE10:周囲温度が高く直接SA11 SENCOMアダプタを接続できない場合やSA11と検出器が離れている場合に使用します。

詳細は → SA11と周辺機器の仕様書をご確認ください。

デジタル検出器と上位機種をつなぐSENCOM用ケーブル

FieldMate 設定調整ツール

設定・調整用のPCやモバイルで使用するソフトウエアです。
SA11とは、FLXA402やインタフェースボックスIB100を介して、Bluetooth通信を行います。

詳細は→ FieldMate の仕様書をご確認ください。

モバイル対応、設定調整ツールFieldMate

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ