横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

シアン系廃液の排水処理-pHとORPの測定で酸化分解処理を適正化

概要

メッキ工場や一部の化学工場から出るシアン系廃液は有毒です。排水に当たっては、シアン濃度が法律で規制されている許容値以下となるよう塩素または塩素化合物を使用した酸化分解反応によって処理されます。
この酸化分解反応は pH値の影響を大きく受けるので、反応の完結を確認するための ORP計とともに pH計が使用されます。分解反応に必要な薬品(塩素など)の過剰消費を防ぐためにも、ORP計 /pH計は必要です。
測定システムとして 2線式と 4線式のいずれも適合します。シアンが含まれる溶液の場合は、ORP検出器の指示極には金電極を用います。

 

お客様の期待

  • シアン系廃液の pH/ORP を連続で測定したい
  • ランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

シアン化合物の分解反応処理は 2段に分けて行います。第1段の 1次反応では、高アルカリ性の条件下でシアン化合物を酸化してシアン酸塩の形にします。第2段の 2次反応では、中性に近い条件にしてさらに酸化を進め、無害な炭酸ガスと窒素ガスに変えます。

プロセス概要

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

2線式、または 4線式 ORP計システム
2線式、または 4線式 pH計システム

  • 検出器
    KCl 補給形 ORP検出器
     OR8EFG-AU-□□ TT1- □* A
    KCl 補給形 pH検出器
     PH8EFP- □□ -TN-TT1-N- □* A
  • ホルダ
    潜漬形ホルダ
     PH8HS-PP- □□ -T-NN-NN*A
  • 中継端子箱(必要に応じて使用)
    WTB10-PH5(2線式システムの場合)
    WTB10-PH3(4線式 pH計および ORP計システムの場合)
  • 変換器/伝送器
    2線式伝送器 (pH/ORP共通)
     FLXA202-D-BーD-AB-P1-NN-A-N-LA-J-NN
     FLXA21-D-P-S-AA-P1-NN-A-N-LA-J
    4 線式 pH/ORP変換器
     FLXA402-A-B-AJ-P1-NN-A2-WR-□-□-J-NN
  • ディストリビュータ(2線式システムの場合)
    PH201G-A□*B

ユーティリティ

  • FLXA21
    電源:16 ~ 40V DC(ディストリビュータより)
  • FLXA202
    電源:17 ~ 40V DC(ディストリビュータより)
  • FLXA402
    電源:90 ~ 264V AC,50/60 Hz
    消費電力:約 35VA
  • PH201G ディストリビュータ
    電源:100V 仕様:20 ~ 130V DC/80 ~ 138V AC,47 ~ 63Hz
       220V 仕様:120 ~ 340V DC/138 ~ 264V AC,47 ~ 63Hz
    消費電力:24V DC:約 200mA
         100V AC:約 7VA
         220V AC:約 11VA

 

プロセス対応事項

1.塩素によるシアン化物の測定曲線

[pH9 の条件で、金電極(指示極)と 4mol-Ag/AgCl 電極(対極)を用いて測定 ]
Cl2 による CNの酸化反応は、右図のような特性となり、理想的な測定曲線は示されません。
これは、過剰な塩素によって中間生成物である塩化シアンの電位平坦部が 500 ~ 600 mV に押し上げられること、また、同時に CNOへの第 2 段目の酸化反応が始まり、ClOが減少して電位の上昇を止めてしまうことによります。

2.ORP電極の指示極には金電極を選択

シアン化物の酸化においては、白金電極を使用すると、約 200mV 以下の電位で電極表面に白金の触媒作用による水素が発生します。そのため、シアン化物の反応に無関係な電位が生じ、測定値に影響します。
したがって、シアン化物の ORP測定を行なう場合は、指示極に金電極を使用します。

プロセス対応事項

業種

関連製品&ソリューション

2線式pH計/ORP計 FLXA202

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。堅牢なアルミダイキャストケースを採用しています。pH/ORP測定では、従来タイプのアナログ形検出器や、デジタル通信機能付き検出器FU20Fとの組み合わせも可能です。TIIS、ATEXなど各種防爆に対応しています。

2線式pH計/ORP計 FLXA21

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。樹脂製ケースを採用した、コストパフォーマンスの良い製品です。

4線式液分析計 FLXA402

FLXA402は、複数の検出器が接続可能であり、pH/ORP計、導電率計、電磁導電率計、溶存酸素計から検出器を選択できます。優れた操作性や機能を兼ね備えると同時に、HARTやModbus通信による拡張性にも富んでおり、IIoT環境の構築にも貢献、設置・運用コストの削減を提案します。

SENCOMスマートアダプタ SA11

アナログ検出器に装着することでデジタル機能を持たせる、SENCOM4.0をプラットフォームとした画期的なアダプタです。変換・伝送・校正・診断機能を持ち、拡張性が高く、現場に合わせたプロセス構築に柔軟に対応します。4線式液分析計FLXA402、FieldMateなどと組み合わせて使用できます。

一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8ERP, PH8EFP, OR8ERG, OR8EFG

耐食性・耐熱性・機械的強度に優れ、中規模の排水処理プラントの水質管理などや幅広いアプリケーションに対応するpH検出器です。TIIS防爆対応。SA11 SENCOM スマートアダプタを付けることで、デジタル通信も可能です。

pH検出器/ORP検出器

耐食性・耐熱性機械的強度に優れ、汎用型から純水・固体電解質、化学プラント、小型培養槽、耐フッ酸用など各種アプリケーション対応の検出器を用意しています。

pH計/ORP計

pH計/ORP計は、pH測定とORP測定の連続プロセスモニタリングに用いられ、上水での水質品質の管理や、排水、化学薬品、下水処理、など多くのアプリケーションの監視に役立ちます。

トップ