汚泥処理におけるメタン発酵バイオリアクタのpH測定-PH4PTで測定の安定化

概要

メタン発酵バイオリアクタで使用する pH 計は、発生する硫化水素ガス(H2S)などによって検出器の劣化が早く、また、スライムによって液絡部に目詰まりも生じやすく、長期間、安定に運転することが困難でした。
PH4PT ポリマー電解質 pH 検出器は汚れに強い構造の液絡部を持っており、この PH4PTの採用によって、一般検出器では 1 ~ 2 週間が限度であった寿命が約 3 か月まで延び、電極洗浄・校正といった保守の周期も大幅に延ばすことができました。

 

お客様の期待

  • バイオリアクタの pH を連続で測定したい
  • ランニングコストを削減したい
  • 人手による洗浄をなくしたい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

嫌気性菌体を用いたメタン発酵用バイオリアクタでは、微生物(メタン菌)によって廃水中の汚濁物質がメタンガスに分解されます。微生物の生成には pH の値が重要であり、pH 計での測定により pH7.0 ~ pH7.5 に制御されます。バイオリアクタで処理された廃水は、分離膜モジュールに送られ、きれいな水に変えられます。

プロセス概略

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

  • pH 検出器
    • ポリマー電解質pH 検出器
      PH4PT-120-□□G(PH450Gの場合)
      PH4PT-120-□□E, または-□□F(FLXA202/FLXA21の場合)
  • 検出器用アダプタ
    • 付加仕様:
      /S3(ステンレス鋼)、 /PP(ポリプロピレン)、または /PV(硬質塩化ビニル)
  • ホルダ
    • 流通形ホルダ
      PH8HF-PP- □□□ -T-NN-NN * A
  • 中継端子箱(必要に応じて使用)
    • WTB10-PH1、WTB10-PH5(FLXA202/FLXA21の場合)
    • WTB10-PH3(PH450G の場合)
  • pH 変換器 /pH 伝送器
    • 4 線式 pH/ORP 変換器(4 線式 pH 計システム構築の場合)
      PH450G-A-J
    • 2 線式 pH 伝送器(2 線式 pH 計システム構築の場合)
      FLXA202
      FLXA21
  • ディストリビュータ(2 線式 pH 計システムの場合)
    • 分析計専用ディストリビュータ
      PH201G-A □* B
  • 安全保持器 (本質安全防爆システム構築の場合)
    BARD-800 * A

ユーティリティ

  • 電源
    • 4 線式 pH/ORP 変換器:(PH450G の電源)
      90 ~ 264 V AC,50/60 Hz
      消費電力:約 15 VA
    • 2 線式システムの場合:(FLXA202/FLXA21 の電源)
      17 ~ 40 V DC(負荷抵抗により異なります。)

留意点

  • PH4PTポリマー電解質pH検出器を使用する場合、超音波洗浄およびブラシ洗浄を行なうことはできません。(ジェット洗浄は可能です。)
  • PH4PT のケーブル接続部は、防水構造でありません。
    設置に際しては、雨水などが接続部内部に侵入することがないよう、配慮してください

 

業種

関連製品&ソリューション

一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8ERP, PH8EFP, OR8ERG, OR8EFG

耐食性・耐熱性・機械的強度に優れ、中規模の排水処理プラントの水質管理などや幅広いアプリケーションに対応するpH検出器です。TIIS防爆対応。SA11 SENCOM スマートアダプタを付けることで、デジタル通信も可能です。

測温抵抗体一体形ポリマー電解質pH検出器 PH4PT

一体形の測温抵抗体により、安定的に測定可能な測温抵抗体一体形ポリマー電解質pH検出器です。TIIS防爆。

pH検出器/ORP検出器

耐食性・耐熱性機械的強度に優れ、汎用型から純水・固体電解質、化学プラント、小型培養槽、耐フッ酸用など各種アプリケーション対応の検出器を用意しています。

pH計/ORP計

pH計/ORP計は、pH測定とORP測定の連続プロセスモニタリングに用いられ、上水での水質品質の管理や、排水、化学薬品、下水処理、など多くのアプリケーションの監視に役立ちます。

トップ