下水処理場(OD法)における溶存酸素の測定-フロート式ホルダの使用によって、センサの保守工数が大幅に削減

概要

OD(オキシデーションディッチ)法下水処理場においての溶存酸素測定では検出器に短時間で汚れが付着するため、それを除去する洗浄作業には大変手間がかかります。
これまで安価な方法で改善策を講じることは困難でしたが、「DO402 溶存酸素計システム」において検出器をフロート式ホルダに組み込んで使用した場合には、汚れの著しい付着はなく、無保守でも長期間にわたり連続測定できることが実証できました。

 

お客様の期待

  • 連続で安定した溶存酸素濃度を測定をしたい
  • ランニングコストを削減したい
  • 人手による洗浄をなくしたい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

OD(オキシデーションディッチ)法とは、長円形や円形などの無終端の循環水路(ディッチ)に汚水を流入して一定方向の流れの水路部でエアレーション(曝気)し汚水中の汚濁有機物を吸着・酸化・分解して除去する処理方法です。

下水処理(OD法)概略

フロートフロートイメージ

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

  • 検出器
    DO30G-NN-50- □□ -PN
  • フロート式ホルダ
    傾斜形:PB350G-PV-25-NN
    垂直形:PB360G-PV- □ 5-NN (-ST)
  • 変換器
    DO402G-1- □ -J/ □
  • 中継端子箱(必要時)
    WTB10-DO3-NN- □□ / □

 

フィールドデータ

連続運転による指示値の比較例

PB350G 傾斜形フロート式ホルダに組み込んだ2組の検出器で、一方は無保守のまま、もう一方は2週間ごとの洗浄と1か月ごとの校正を実施して連続運転を行いました。半年を越える期間において、両者の指示値に大きな差は見られません。 ​​​

検出器Aと検出器Bの指示値の差(A-B)

日本下水道事業団向けには、推奨のストレートタイプ PB360G 垂直形フロート式ホルダを選定しますが、それ以外においては標準タイプを選定します。

ストレートタイプ、ストレートタイプ比較

業種

関連製品&ソリューション

4線式溶存酸素計 DO402G

現場で取り付け可能なIP65適合の頑丈なケースを採用、2つのmA出力、4つの接点出力を備えた溶存酸素計です。
測定値や温度異常など豊富な自己診断機能で・測定値や温度異常、DOセンサの膜破れなどを検知・診断します。
下水、工業排水などの処理プラントにおけるばっ気槽内の溶存酸素濃度測定、純酸素の吹き込みによるばっ気にも対応しています。 

ホルダ

製造工程での品質管理や排水処理管理の分析計用として、洗浄装置を付加可能なホルダです。アプリケーションに適したホルダとクリーナーの選択により、信頼性や保守性に優れた測定システム構築が可能となります。

溶存酸素検出器 DO30G

電解液の劣化や隔膜の汚れによる影響が少なく、長期安定測定が可能なガルバニ式溶存酸素検出器です。河川モニタリング、養殖など水質が重要な分野でも有効です。

溶存酸素検出器

各種用途向けに、ガルバニ式、蛍光式の2タイプの検出器を用意しています。

溶存酸素計

水中に溶存している酸素濃度を測定します。自動洗浄、塩分補償、温度補償、大気圧補償などの機能を搭載し溶存酸素濃度を正確に測定します。ガルバニ式、ポーラログラフィック式、蛍光式の各検出器と組み合わせて使用します。

トップ