導電率の測定方法にはどのようなものがありますか?

導電率の測定方法としては、「電極法」と「電磁誘導法」があります。
電極法には、2電極式と電極表面の汚れや分極の影響を受けにくい4電極式があります。
電磁誘導法は検出器が耐食性に優れているので、高濃度の酸やアルカリ溶液の測定に適していますが、純水のような低導電率の水溶液の測定には不向きです。

関連製品&ソリューション

2線式導電率/抵抗率計 FLXA202

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。堅牢なアルミダイキャストケースを採用しています。導電率測定では、2本の導電率検出器の接続が可能となりました。TIIS、ATEXなど各種防爆に対応しています。

2線式導電率/抵抗率計 FLXA21

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。樹脂製ケースを採用した、コストパフォーマンスの良い製品です。

2線式電磁導電率計 FLXA202

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。堅牢なアルミダイキャストケース採用しています。TIIS、ATEXなど各種防爆に対応しています。

2線式電磁導電率計 FLXA21

モジュール構造による豊富なシステムの構築、拡張性を備えた新世代の液分析計です。樹脂製ケースを採用した、コストパフォーマンスの良い製品です。

4線式導電率/抵抗率計 SC450G

SC450Gは、EXAシリーズの優れた機能を継承し、操作性とアプリケーションにおける汎用性を向上させました。高精度でありながら見やすい大画面・対話型タッチスクリーンを実現。各種製造プロセス溶液の導電率測定、また半導体・食品・医薬品・電力などの純水および超純水の抵抗率測定に適しています。

4線式液分析計 FLXA402

FLXA402は、複数の検出器が接続可能であり、pH/ORP計、導電率計、電磁導電率計、溶存酸素計から検出器を選択できます。優れた操作性や機能を兼ね備えると同時に、HARTやModbus通信による拡張性にも富んでおり、IIoT環境の構築にも貢献、設置・運用コストの削減を提案します。

4線式電磁導電率計 ISC450G

ISC450Gは、EXAシリーズの優れた機能を継承し、操作性とアプリケーションにおける汎用性を向上させました。高精度でありながら見やすい大画面・対話型タッチスクリーンを実現。電磁誘導測定の原理に基づく非接触測定のため、幅広いアプリケーションの導電率測定に適しています。

サニタリ形導電率計 SC500G, SC510G, SC520G

高/中/低レンジ用の3種類をラインアップし、2出力で導電率の他、温度出力も可能です。
食品製造プラントのCIP設備など洗浄液の濃度管理や液種判別およびタンクの空検知測定などに多く使用されている小型・軽量で、サニタリ性に優れた導電率計です。

パーソナルSCメータ SC72

当社ロングセラーSC82の機能を継承した実績のあるパーソナルSCメータです。300点データメモリ、時計表示、自己診断など、便利で多彩な機能を持ち、本体は防水構造IP67対応、水回りの現場にも最適です。

トップ