ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000

ペーパレスレコーダのグローバルスタンダードDAQSTATION™ DXAdvancedシリーズ。基本機能を強化し、FDA 21CFR Part 11対応拡張セキュリティ機能(オプション)の追加により、医薬品製造業界を始めとして、幅広いアプリケーションでDXAdvancedをご活用いただくことができます。

特長

基本性能

  • 最大48チャンネル入力
  • パッチ単位での記録の開始/停止、データファイルの作成が可能
  • MW100自動接続で最大348チャンネルまで拡張可能
  • 内部メモリサイズ:400MB
  • 入力値補正のスケジュール管理が可能![R4]
  • テンプレートに応じてExcel帳票の自動作成が可能 [R4]

表示&操作性

  • カスタムディスプレイ機能で表示画面を自由にアレンジ!
  • 日付時刻によるデータ検索が可能!
  • タグ名称やコメント表記に漢字入力が可能!

ネットワーク

  • イーサネットインタフェース標準装備
  • PROFIBUS-DP、EtherNet/IPプロトコルに対応!
  • Web、ネットワーク機能がさらに充実

信頼性&堅牢性

  • 拡張セキュリティ機能(オプション)によるPart 11対応 [R4]
  • 防塵、防滴仕様(IP65、NEMA4準拠)の前面パネル
  • エラー訂正機能付き高信頼内部メモリ
  • 前面ドアロック&ログイン機能

アプリケーションソフトウェア

  • 解析、設定、収集など様々な用途に対応したソフトウェア
    • DAQSTANDARD:設定ファイル、データ解析をサポート
    • DAQManager:ペーパレスレコーダ用データ管理ソフトウェア
    • DAQStudio:カスタムディスプレイビルダソフトウェア
    • DAQWORX:データ収集システム統合ソフトウェア

ソフトウェア

DAQManager ペーパレスレコーダ用データ管理ソフトウェア (DXA250) (別売)

DAQManagerは、ペーパレスレコーダDaqstation、MVAdvancedの測定データをPC上で管理するソフトウェアです。DAQManager内に取り込まれたデータは日時、タグ名、バッチ名などの条件で簡単かつクイックに検索でき、別々の機器や異なる周期で記録されたチャネルでも同一のトレンドグラフに表示することが可能です。

※DAQManagerは拡張セキュリティ機能オプション(/AS1)装着モデルには対応していません。

DAQManager

DAQStudio カスタムディスプレイビルダソフトウェア (DXA170) (別売)

カスタムディスプレイをパーソナルコンピュータ上で編集、画面構築ができる、ビルダソフトウェアです。レイアウトデータの送信や受信、部品の編集、構築をかんたんにおこなう事が可能です。 

  • カスタムディスプレイ画面の部品レイアウトデータの送信/受信(EthernetもしくはCFカード経由)
  • カスタムディスプレイ画面の表示、新規画面構築および編集
  • 設定、編集したデータのファイルへの保存、読み出し

DAQStudio画面例1

DAQStudio画面例1

DAQStudio画面例2

DAQStudio画面例2

DAQSTANDARD (DXA120) (標準添付)

DXAdvancedに標準で付属されるソフトウェアパッケージです。DXAdvancedで保存したデータファイルや、FTP等でファイルサーバに転送したデータファイルの再生表示やファイルコンバージョン、またはプリントアウトなどができます。設定ソフトを用いれば、パーソナルコンピュータ上でDXAdvancedの各種設定を行い、設定データをDXAdvancedに転送したり、ハードディスクなどに保存することが可能です。

DAQWORX データ収集システム統合ソフトウェア(別売)

DAQWORXはYOKOGAWAのレコーダ/データ収集機器を中心に計装機器や測定器と組み合わせたデータ収集システムを実現するソフトウェア群です。

DAQWORX DAQEXPLORER
DAQSTANDARDの機能に加えて、ファイル転送機能やPC上でのモニタリングなどの機能を合わせ持ったDX/CX/MV専用ソフトウェアです。DXAdvancedの多彩なネットワーク機能を手軽に活用する事ができます。

GA10 データロギングソフトウェア (別売)

Ethernetまたはシリアル通信を同時に利用できるデータロギングソフトウェアです。DXAdvanced、MVAdvanced、DARWIN、µR記録計などを混在で最大100台まで合計2000チャネルのデータ収集が可能です。

【サポート情報】動作確認済み USBバーコードリーダ 一覧

SMARTDAC+ GX/GPシリーズ、DXAdvancedシリーズにおいて、他社製USBバーコードリーダでの動作が確認されています。
なお、正常動作を保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

【サポート情報】動作確認済み コンパクトフラッシュカード(CFカード) 一覧

DaqstationシリーズおよびFX1000において、他社製CFカードでの動作が確認されています。
なお、正常動作を保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

【サポート情報】レコーダ製品の設定可能言語一覧

各機種に設定可能な言語の一覧表です。

概要:

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所様

熱処理炉の操炉制御に、制御・計測ステーションのCX2000、プログラム調節計UPシリーズ、ディジタル指示調節計UTシリーズをお使いいただいています。

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所は、北海道室蘭市の室蘭港に面した工業地帯に位置し、超大型から中小型までの鋳鍛鋼製品、鋼板・鋼管、そして石油精製・石油化学用反応容器、さらには風力発電機器などを製造しています。室蘭製作所内には、5つの熱処理工場があり、そこでは、原子力・火力・水力などの発電所や石油精製もしくは天然ガスプラントで使用される大型鉄鋼製品部品、産業機械に使用される中小型部材の熱処理が行われています。今回は、素材製造部 熱処理課の堀様と佐藤様にお話を伺いました。

「品質を確保するためには、炉内および炉内にある製品を正確な温度管理のもとで熱処理作業を行う必要があり、当社の製品の製造工程において、熱処理作業は非常に重要なポジションにあります。」(堀氏)
その重要な工程の操炉制御ステーションに『制御・計測ステーションCX2000』、雰囲気温度および材料の接触温度の記録に『工業用チャートレコーダμR20000』、熱処理パターンのプログラム制御に『プログラム調節計UPシリーズ』、熱処理炉の各ゾーンの温度コントロールに『ディジタル指示調節計UTシリーズ』をご採用いただいております。

担当課長 堀様
担当課長 堀様

「正確な熱処理プログラムを入力するためにパソコンとの通信が可能で、測定入力数が多いことがCX2000の採用の決め手です。」(堀氏) CX2000では、最大6ループが個別にプログラム制御可能なので、用途に合わせた的確な制御が実現できます。また、プログラムパターンの表示と運転中の測定値を同時に表示できるので、プログラムの進捗状況がひと目で把握できます。

CX2000で記録したデータは、メディアおよびデータロギングソフトウェアDAQLOGGERに電子データで保存されているので、導入前はチャート紙からデータを読み取り、Excelに入力してデータ解析していたそうですが、CX2000導入後は、電子データからすぐに解析ができるので、測温データの検証時などの大幅な工数削減につながったそうです。

『工業用チャートレコーダμR20000』では、電気炉での雰囲気温度および材料の接触温度の記録を行っており、警報機能を活用することで、温度逸脱などのエラーを事前に防ぎ、品質の維持に大きな役割を果たしているそうです。
「現場の作業者はアラームを認知すると、チャートで昇温速度や降温速度などの傾きを確認し、打点の異常をすぐに察知してトラブルを未然に防いでいます。信頼性が非常に高いので、安心して使用できます。」(佐藤氏)
製品完成時には、お客様からの仕様通りに処理したことを証明するために、チャート紙で印字された測温結果を提出しているので、紙での記録は非常に重要とのことでした。

工業用チャートレコーダμR20000

室蘭製作所様では、工場全体で省エネ活動にも力を入れており、電力監視に『電力モニタPR300』をご採用いただいております。

「今の製造現場は、ものづくりだけではなく、省エネにも取り組まなければなりません。PR300で電力量を監視し、どのような燃焼状態が省エネにつながるのか、どのような場合にエネルギーロスを起こしているのかを確認できるので、非常に省エネに役立っています。」(佐藤氏)また、電気炉にもPR300を導入いただいており、常時電力消費量を測定し、設備の異常確認にもご活用いただいています。

その他、『ペーパレスコーダDX2000』も多数ご採用いただき、測定したい場所に持ち運びスポット的に温度記録を行っており、ポータブル記録計としてご活用いただいております。

「信頼性が高いからこそ、多くの横河製品を長年使い続けています。」(佐藤氏)

作業長 佐藤様
作業長 佐藤様

 

お客様紹介

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所
http://www.jsw.co.jp/

素材製造部 熱処理課
品質・技術担当課長 堀寿浩様
作業長 佐藤誠剛様

 

※掲載内容は、2014年2月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

九州三井アルミニウム工業株式会社様

工場全体の電力監視に電力モニタ(UPM100)、高純度アルミニウムの精製炉にペーパレスレコーダ(DX1000)をお使いいただいています。

九州三井アルミニウム工業株式会社は、勇壮な夏まつり「大蛇山」で有名な福岡県大牟田市にあり、アルミ合金ビレッド・スラブ、高純度アルミ、アルミ鋳物用合金、アルミ鍛造用素材、アルミ鋳物製品、および、半導体製造装置用部品等の製造・販売をしています。

今回、取材を受けていただいた久保井様、牧嶋様は、設備管理部の保全グループに所属されており、工場の電気設備全般の保全、メンテナンス、点検などを担当されています。
取材させていただいた、工場の電力管理・監視に、弊社の小形電力モニタ UPM100と省エネ支援システムInfoEnergyを、また、高純度アルミニウムの精製炉の温度や電流の記録に、ネットワークデータ収集ステーション DX1000(ペーパレスレコーダ)を採用いただいています。
「省エネ支援システムInfoEnergyにUPM100を接続し、工場のサイズにあったマルチ電力管理・監視システムを構築しています。」(牧嶋氏)

一般の電力監視システムは、入力チャネル数が決められているため、どうしても大規模システムになってしまい、なかなか工場のサイズにあったシステムがなかったそうです。

九州三井アルミニウム工業株式会社様 1

「InfoEnergy 1台にUPM100を柔軟に増設が対応でき、必要に応じ段々に増やしていけるという、フレキシブルな構造が非常に魅力でした。」(牧嶋氏)
3年ほどの間に徐々に増設し、現在は、InfoEnergy 4台に60台のUPM100を接続されています。監視画面には、系統図などがわかるグラフィックを導入し、電力量だけでなく、電圧、電流、電力、および、周波数などを一括管理・監視されています。

「UPM単体でみますと、440Vの電圧を直接つなげられるというのが大きなメリットです。しかも、VT(Voltage Transformer:変圧器)も不要だということも良かった点です。それに、UPM独自に持っている無線機能も非常に助かっています。工場が広いのでデータを収集するために、専用ケーブルや通信線を張るのは非常にコストがかかります。無線機能があれば、工事が一切不要で、離れた場所にある設備の電力を、UPMを通し電波を受信して収録できるのです。」(牧嶋氏)

高純度アルミニウムの精製炉では、各種制御機器からの信号をDX1000で記録されています。
「チャートレコーダからの置き換えで、DX1000を採用しました。一番のメリットは、やはり"紙"がないということです。紙やインクの補充が無いのは管理上もとても助かります。台数が多いとインクの補充も大変でした。また、紙づまりやスリップなどの問題も無くなりました。」(久保井氏)
チャート紙やインクリボンの交換の手間が無くなるだけでなく、記録紙の保管場所も不要になり、また、消耗品購入の費用削減にもつながったそうです。

「トラブル時などは、記録したチャート紙の箱をひっくり返して探していたのですが、パソコン上ですぐに必要なデータを確認できるのも大きな変化です。いずれは、レコーダすべてをネットワークでつなげ、データを一括で電子管理する予定でいます。」(久保氏)

九州三井アルミニウム工業株式会社様 2

また、牧嶋様はエネルギー管理士の資格を生かし、社内の"省エネルギー活動"プロジェクトのメンバーとしてもご活躍され、UPMでの監視結果を基に工場全体の省エネ活動に取り組んでいらっしゃいます。

その他、九州三井アルミニウム工業株式会社様では、燃焼機器の温度制御にディジタル指示調節計 UT350もお使いいただいております。

 

お客様紹介

九州三井アルミニウム工業株式会社
http://www.kmac-web.com/

九州三井アルミニウム工業株式会社 久保井様 設備管理部 保全グループ
久保井様
九州三井アルミニウム工業株式会社 牧嶋様 設備管理部 保全グループ
牧嶋様

  

※ここに掲載している内容は、2006年12月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

京都タワー株式会社様

風向・風速の監視・記録にペーパレスレコーダDX2000をお使いいただいております。

京都駅の烏丸口正面にそびえたつ京都タワーは、1964年(昭和39年)12月に誕生し、京都のシンボルになっています。地下3階・地上9階のビルの屋上がタワーの土台となっており、骨組は一切なく、筒状の塔体で力を受けとめ全体をささえる構造となっており耐震性にすぐれています。独特な姿は、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたものです。

ペーパレスレコーダ DX2000は、地上97mの京都タワー4階展望室内の京都タワー測定局に設置されており、地上120mの京都タワー先端付近に設置されている風向・風速計からのデータを監視・記録しています。

「以前は紙の記録計が設置されていましたが、データが線グラフで印字されていたので、お客様がみても分かり難かったと思いますが、DX2000を導入し、データが一目で確認できるようになりました。小さいお子様や外国人の方など、足を止めて見るお客様もいらっしゃいます。」(京都タワーご担当者様)

京都タワー

DX2000は、表示画面のカスタマイズが可能なカスタムグラフィック機能を搭載。トレンドやバーグラフなどそれぞれのパーツを自由にアレンジする事に加え、画像ファイル(ビットマップ)の配置も可能で、直感的なオーバビューモニタとして機能します。

京都タワーに設置してあるDX2000は、京都市衛生環境研究所様が所有・管理しており、局地的な気象の観測を行い,緊急時の大気汚染対策等に利用されています。「紙からデジタルへの置き換えを検討しており、画面が見やすい記録計を探していました。」(京都市ご担当者様)
DX2000は、10.4型TFTカラーLCDを搭載しており、すぐれた視認性を提供しています。

「以前紙の記録計では紙やインクリボンなどの消耗品の交換が大変でした。紙詰まり等のトラブルも発生していましたが、ペーパレスになってからは、そういった手間もなくなりました。また、補用品としてインク等の購入や、故障も起こっていたので、管理が大変でした。週に一度点検に行っていますが、補用品交換などの手間もなく非常に助かっています。」(京都市ご担当者様)

カスタムグラフィック機能で構築した画面

時刻合わせ(SNTP:Simple Network Time Protocol)機能もご利用いただいており、テレメータとの時刻合わせを行っており、システム全体で正確なデータ時刻管理を実現しています。

京都タワーへいらっしゃる際は、是非、4階展望台に設置してあるDX2000で風向・風速データをご確認ください。

 

お客様紹介

京都タワー株式会社様
京都市衛生環境研究所様


※掲載内容は、2014年11月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

越後天然ガス株式会社様

都市ガスの製造、供給設備のバックアップ制御システムに、DXAdvancedシリーズ DX1000(ペーパレスレコーダ)をお使いいただいております。

越後天然ガス株式会社は、新潟市の南東、緑豊かな田園風景に囲まれた秋葉区にあります。新潟県で採取された天然ガスを原料に都市ガスを製造し、秋葉区と江南区の一部(旧横越町)および五泉市への供給・販売や、ガス供給設備、ガス管の保全など都市ガス事業全般を手がけられています。

今回、取材を受けていただいた長谷川様・小暮様は、供給部に所属され、都市ガスの製造、供給工程の監視や供給設備の保全管理を担当されております。安全で安定したガスの供給を行うため、CENTUM CS 3000のバックアップ用として常時稼働させている制御システムに、DXAdvancedシリーズペーパレスレコーダおよびシングルループコントローラYSシリーズを採用いただいています。

バックアップ警報記録計として、ガスの流量や熱量、圧力データを記録

「通常時は、横河電機の生産制御システムCENTUM CS 3000で設備の制御、監視を行っています。バックアップ制御システムは、緊急時にスイッチひとつで、盤での操作に切り替えができるよう、常時稼働させています。DXAdvancedシリーズペーパレスレコーダは、バックアップ警報記録計として、製造、供給設備のガスの流量や熱量、圧力データを記録しています。」(小暮氏)

生産制御システムCENTUM CS 3000

記録紙の交換や補用品の手配などが不要になり、メンテナンスフリーに

「以前は、チャートレコーダを使っていました。今回バックアップ制御システムをリプレースするにあたり、チャートレコーダでの記録紙の交換や補用品の購入などのメンテナンス工数の削減、また、これまでに採用した横河製品の信頼性などにより、DXAdvancedシリーズペーパレスレコーダの採用を決めました。」(長谷川氏)
「ペーパレスレコーダを導入したことにより、これまで定期的に行っていた記録紙の交換や補用品の手配などが不要になり、メンテナンスフリーで楽になりました。また、過去のトレンドを見るときなど、これまでですと、紙を広げてみないといけなかったのが、保存されたデータからある一定期間のものを取り出して見るということもでき、確認作業が容易になりました。」(小暮氏)
DXAdvancedシリーズでは、メモリに記録された過去のデータを再生表示させることができる“ヒストリカルトレンド表示機能”をはじめ、多彩な表示機能があり、画面切り替えも簡単に操作できます。また、標準メモリとして80MBフラッシュメモリを搭載、外部メディアには、コンパクトフラッシュカード(CFカード)を採用し、長期間のデータ記録をサポートしています。
データ収集システム統合ソフトウエア DAQWORX(別売)により、計測システムの規模やデータ収集方式の機能を拡張できるので、より幅広いアプリケーションにてご活用いただけます。

DXAdvancedシリーズペーパレスレコーダ

壊れにくく、長く使えるという信頼性

「基本性能はもとより、壊れにくく、長く使えるという点も我々には重要です。その点は、これまで横河の製品を使用してきて、とても信頼できると感じています。」(長谷川氏)

越後天然ガス株式会社様では、通常運転時には、生産制御システムCENTUM CS 3000を、ガスや空気の流量測定センサーとして渦流量計 digitalYEWFLOをお使いいただいています。

CENTUM CS 3000(手前)と渦流量計バックアップ制御システム(奥)
CENTUM CS 3000(手前)と渦流量計バックアップ制御システム(奥)

 

お客様紹介

越後天然ガス株式会社
http://www.echiten-gas.co.jp/

 

供給部 供給グループ
マネージャー 長谷川様

供給部 供給グループ サブリーダー 小暮様

供給部 供給グループ
サブリーダー 小暮様

 

※ここに掲載している内容は、2007年8月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

明治製菓株式会社 関東工場様

カカオ豆処理工程での温度や圧力記録、排水処理の各種条件や液面記録、物流倉庫での温度管理において、DXAdvancedシリーズ ペーパレスレコーダをお使いいただいております。

カールやキシリッシュなどで有名な明治製菓株式会社の主要工場である、関東工場は、埼玉県坂戸市に位置し、チョコレート・スナックをはじめ、ビスケット・チューインガム・グミキャンディ・ココア等を生産しています。

今回、取材を受けていただいた久保様・小川様は、工務環境室に所属されており、建物や生産設備の管理と保全、工場内設備全般の電気や用役の供給などを担当されています。また、排水処理や廃棄物処理も担当されており、ダイオキシンフリーの焼却炉の導入など、クリーンで環境に優しい工場作りを目指しています。
明治製菓株式会社 関東工場様では、カカオ豆処理工程での温度や圧力記録、排水処理の液面・溶存酸素・界面等の記録、物流倉庫での温度管理などにDXAdvancedシリーズおよびDXシリーズペーパレスレコーダをお使いいただき、製品の品質管理にも大いに役立てていただいております。

「以前は、打点式記録計を使っていましたが、更新のタイミングで徐々にペーパレスレコーダに変更し、いまでは、工場内の記録計はほとんどペーパレスになっています。」(久保氏)
「ペーパレスレコーダは、表示がカラフルでとても見やすく気に入っています。打点式記録計だったときには、インクがかすれてくると不鮮明になり、解析時に大変だったことがありました。また、記録したデータは、PC上でエクセルなどに取り込むことができますので、データ解析時に非常に役立ちます。」(小川氏)
DXAdvancedシリーズでは、TFTカラーLCDを採用(DX1000: 5.5型、DX2000: 10.4型)。視認性に非常に優れています。また、多彩な表示機能を使って、バーグラフ、ディジタル表示などを組み合わせ表示することも可能です。

カカオ豆処理工程での温度や圧力記録 イメージ1

「排水処理でのデータ記録の場合、四六時中監視する必要もなく、夜間や休日など監視できない時間帯の確認も容易です。打点式記録計だったときには、確認しに行きますと、インクリボンが引っかかっていたり、紙がなくなっていたりということがありました。ペーパレスにしてからは、インクリボンや紙の心配がなくなり、安心して記録ができています。また、状況が変化した場合でも過去のデータが簡単に確認でき、その場ですぐに対応ができるのも助かります。」(久保氏)
ヒストリカルトレンド表示を使いますと、過去の測定データを画面上に表示でき、データ異常などをすばやく発見することができます。また、外部メディアには、信頼性が高く扱いやすいコンパクトフラッシュカード(CFカード)を採用していますので、大容量のCFカードをご利用いただくことで、長期間のデータ記録にも対応できます。

カカオ豆処理工程での温度や圧力記録 イメージ2

「操作性もいいと思います。画面メニューを辿ることで目的のメニューが簡単に探すことができますので、取扱説明書なしでも操作ができます。」(小川氏)
通常操作時は、オペレーションキーの操作によって、運転画面の切り替えや表示モードの切り替えなどが可能です。また、操作メニューのカスタマイズも可能ですので、不要なメニュー項目を非表示にすることができます。

その他、明治製菓株式会社 関東工場様では、Greenシリーズディジタル指示調節計、JUXTAシリーズ信号変換器、渦流量計、pH計など数多くお使いいただいております。

カカオ豆処理工程での温度や圧力記録 イメージ3

 

お客様紹介

明治製菓株式会社 関東工場様
http://www.meiji.co.jp/

カールおじさん
明治製菓株式会社 久保室長様

製造部
工務環境室
久保室長様

明治製菓株式会社 小川様

製造部
工務環境室
小川様

明治製菓株式会社の商品

キシリッシュクリスタルミント 12粒
キシリッシュ
クリスタルミント 12粒
ミルクチョコレート 70g
ミルクチョコレート
70g
カール チーズあじ84g
カール チーズあじ
84g

 

※ここに掲載している内容は、2007年7月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

業種:
概要:

電源開発株式会社 若松総合事業所 火力研修センター様

火力発電所の中央制御室を模擬したシミュレータ設備において、DXAdvancedシリーズ ペーパレスレコーダをお使いいただいております。

電源開発株式会社 若松総合事業所は、九州最北端にある北九州市の響灘(ひびきなだ)沿いに位置し、石炭火力発電所であった地点特性を活かし、石炭利用技術の開発・エネルギー・環境技術の開発および火力発電所の中央制御室を模擬したシミュレータ設備での運転実務研修なども行っています。

今回、取材を受けていただいた濱脇様・大谷様は、シミュレータ設備の構築および運転実務研修の講師(インストラクター)を担当されています。シミュレータ設備には多数のDXAdvancedシリーズ ペーパレスレコーダを採用いただいています。

「ここでは、実際の火力発電所の操作盤を精度よく模擬しています。実際に、臨場感がないとオペレーターが戸惑うので、盤構成、計器の位置なども極力火力発電所に合わせ、研修を行っています。」(大谷氏)
DXAdvancedシリーズ ペーパレスレコーダは、シミュレータ設備において、各種信号の記録計や表示器として活用されています。

「以前の設備では、チャートレコーダを使用していましたが、リニューアルにあたりチャートレスレコーダを探していたところ、装置メーカさんのほうからDXAdvancedシリーズを紹介されました。LANでネットワーク接続ができることが大きな決め手になり、採用にいたりました。」(濱脇氏)
DXAdvancedシリーズは、標準でEthernet機能を搭載しており、ネットワーク接続により、パソコンでのデータ収集および解析が容易にできます。

火力発電所シミュレータ イメージ1

「この設備では、複数の火力発電所向けの研修を行っています。発電所によりシステム構成は違うので、以前は研修ごとに目盛り板やチャート紙を変更する必要がありました。すべてを変更するのに2~3時間はかかっていたのですが、ペーパレスになり、ソフト(パソコン操作)で値やレンジが一斉に切り替え可能になりました。短時間での変更作業が可能になり、非常に便利です。また、いままで紙やインクの補充に年間で相当な費用がかかっていたのですが、これがなくなったこともペーパレスに切り替えた大きなメリットだと思います。」(濱脇氏)
DXAdvancedシリーズでは、通信による各種設定変更が可能なので、さまざまな使用条件に合わせた運用が柔軟に行えます。また、標準ソフトウエアDAQSTANDARDにより、パソコン上でDXAdvancedシリーズの設定を編集することも可能で、作成した設定ファイルを外部記憶メディア(CFカードやUSBメモリ)や通信経由でDXAdvancedにロードすることができます。

火力発電所シミュレータ イメージ2

「パソコンでデータを収集して、簡単にデータ比較ができるのも便利です。事故を想定した研修時には、以前のデータと比較して挙動の違いを確認するなど、過去のデータを呼び出し、簡単に比較できるのもいいですね。また、パソコン上でデータ解析を行うことで、事故の原因究明にも活用できます。」(濱脇氏)
パソコンや外部記録メディアなどに保存したDXAdvancedのデータファイルは、標準ソフトDAQSTANDARDで再生表示やプリントアウトが可能です。特に検証したい部分を拡大表示したり、波形にカーソルを当てることによりデジタル値でのデータ確認を行うことができますので、パソコン上で詳細なデータ解析を簡単に行うことができます。 

「画面の美しさ、見易さも気に入っています。タグに漢字が使えたり、バーグラフ表示ではデータが一目で確認できたりと、研修生にも非常に好評です。また、英語の表示への切り替えも簡単で、パソコンから一括操作できます。」(濱脇氏)
DXAdvancedの表示形式は、トレンド(波形)、バーグラフ、デジタル、ヒストリカルトレインドなどさまざまなバリエーションがあります。また、表示画面を4分割し、それぞれのエリアに任意の形式で表示することも可能です(DX2000のみ)。

全国7箇所にある火力発電所の安全運転および運転員の技術向上のため、火力研修センターでは、お正月やお盆などを除くと、ほぼ毎週のように運転実務研修を行っています。この研修が電力の安定供給の一端を担っています。

 

お客様紹介

電源開発株式会社
http://www.jpower.co.jp/

電源開発株式会社 設備企画部 若松総合事業所 火力研修センター 課長代理 濱脇様

設備企画部 若松総合事業所 火力研修センター
課長代理 濱脇様

電源開発株式会社 設備企画部 若松総合事業所 火力研修センター 業務推進役 大谷様

設備企画部 若松総合事業所 火力研修センター
業務推進役 大谷様

 

※ここに掲載している内容は、2007年4月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

気中パーティクルカウンタは、半導体/医薬品製造(クリーンルーム)空調監視に使われます。
DXAdvancedは、パーティクルカウンタで測定された清浄度データを通信で取込むことにより、精度を劣化させずに表示/記録させることができます。

気中パーティクルカウンタ

上図は、Modbusスレーブに対応したパーティクルカウンタをRS-485で接続し、Modbus/RTU通信により、2粒径(0.5μm/5.0μm)清浄度、サンプル流量、CAL(測定状態) などのデータをDXAdvancedに表示/記録させています。

  • DXAdvancedとパーティクルカウンタをModbus/RTU(RS-485)で接続
    (/C3:RS-422A/485通信インタフェースオプション)
  • 演算CHで数値表示/記録
    (/M1:演算機能オプシュン)
  • 清浄度異常に警報リレー出力
    (/A1:アラーム出力リレーオプション)

DXAdvancedのマスタコマンドは、最大16個まで設定可能です。
(接続可能台数は、カウンタから取込むデータ個数/レジスタ構成により異なります。) 

アプリケーションノート
概要:

カスタムディスプレイ機能で、各種装置に装備された記録計、表示器およびスイッチ類を統合

概要:

クリーンルームの温度、湿度、気圧、ドア開閉などを記録し、クリーンルームの監視システムとしてご利用いただけます。
ディレイアラーム機能により、ドア開閉の度にアラームが発生することを防ぐことが可能です。

クリーンルーム監視システム

  • 無塵服に着替えて記録紙やインクを交換する必要がありません。
  • 記録紙を使わないので、紙から出る塵の心配がありません。
  • リモコンを使って、クリーンルームの外から画面変更などの操作が可能です。
業種:
アプリケーションノート
概要:

マルチバッチ機能で、複数の装置のデータを1台のDXAdvancedで効率よく記録

概要:

ペーパレスレコーダ DXAdvancedシリーズ(以下DXAdvanced)では、スケール板(目盛板)表示、アラームマーカ表示、トレンドスパン余白表示などの機能を使用することにより、チャートレコーダと同等な感覚でご使用いただくことができます。

 

スケール板表示

DXAdvacnedのスケール板の画像を読み込み、画面にチャートレコーダのようなスケール板を表示させることができます。スケール板の画像のサンプルテンプレートを、弊社ホームページ に掲載しております。
DX1000シリーズ用に18種類、DX2000シリーズ用に19種類用意しておりますので、ダウンロードしてご使用ください。

図1. スケール板サンプルテンプレートおよび使用例

図1. スケール板サンプルテンプレートおよび使用例

 

アラームマーカー/グリーンバンド表示

チャートレコーダの目盛板では、アラームの設定ポイントやセーフティゾーンをマーキングして使うことがありました。DXAdvacedでも同様に各チャネルのアラームマークやグリーンバンドの表示が可能です。

図2. アラームマーカー/グリーンバンド表示例

図2. アラームマーカー/グリーンバンド表示例

 

トレンドスパン両端余白表示

通常、波形はスパン幅でカットされてしまいスパン幅を超えた部分が表示されなくなってしまいますが、スパン両端余白設定をONにすると、両端の余白が設けられ、スパン幅を超えた部分についても、チャートレコーダのように表示することができます。

図3. トレンドスパン両端余白表示例

図3. トレンドスパン両端余白表示例

アプリケーションノート
概要:

充填工程前の加熱殺菌温度を現場または事務所で監視します。その温度データを外部媒体に記録します。

業種:
アプリケーションノート
概要:

ペーパレスレコーダ DXAdvancedで、積算流量(総流量や超過流量)の計測・監視を行うことができます。
また、演算機能で流量積算と超過使用量算出を行い、レポート機能で報告データの作成が可能です。Excelテンプレート機能では、要求された報告様式に従ったテンプレートを作成し、報告書の自動作成することができます。

ペーパレスレコーダ DXAdvanced

  • 量水器の入力に対応
    水道メータ・流量計からの直流電圧やパルス(オプション)の入力が可能です。
  • 見易い監視画面
    アラーム検索で使用量超過がすぐわかる、すぐみつかる。データは日付検索ができます。
  • 高レベルのセキュリティ対応
    測定データファイル改ざん防止機能やログイン機能・キーロック機能などを有しています。
    データは高信頼の不揮発性フラッシュメモリ(内部)および外部メディアへのデータ冗長化による2重保存で安心です。
  • レポート作成にも対応
    演算機能(オプション)により、積算、集計のための時報や日報のファイルを自動作成することが可能です。
  • イーサネット通信機能を標準装備
    将来、LAN接続にて、WWWブラウザ上で遠隔監視やFTPサーバ等への測定ファイル自動転送等が可能です。
業種:
概要:

アルミ鋳造の品質管理に重要なデータをDX1000/DX2000で監視・記録をします。
保温炉の各種データをバッチ単位で記録したり、アラーム発生時のデータを別記録します。

金属加工 -アルミ鋳造ラインの保温炉監視記録-

  • バッチ毎にデータを記録することが可能なのでデータ管理が簡単
  • 鋳造ラインデータをWeb上でリモート監視が可能
  • 異常発生時データの解析が可能
概要:

概要

工場に運ばれた生乳は、殺菌・検査などの飲用加工を通常4~6時間以内で行わなければなりません。生乳処理の各工程においては、温度管理が非常に重要です。そのため、各工程では厳しく温度をモニタリングし、確実に殺菌処理が行われています。殺菌工程などでは、重要管理点(CCP: Critical Control Point)が定められ、監視・記録が行われています。

ペーパレスレコーダによる生乳処理温度モニタリング

カスタム画面例

貯乳タンクの温度監視画面

カスタム画面例1

カスタム画面例1

カスタム画面例2

カスタム画面例2

  • アラーム機能
    4~7℃に設定された温度の継続監視。
  • カレンダー検索機能
    メモリ内の全データを1件1件検索することなく、カレンダー表示からデータを簡単検索。
  • 大容量内部メモリ/FIFO機能
    長期間記録、多チャンネル記録をサポート。
  • ペーパレス
    紙を節約し、電子媒体でのデータ保存が可能。
  • カスタムディスプレイ機能
    ビットマップを配置することで実際の工程を直感的に表示。

 

業種:
アプリケーションノート
概要:

動物実験棟の室温湿度監視

  • アラーム接点出力(オプション)を非常通報装置に接続。
    →管理担当者に輪番で電話通報が可能。
  • SNTP*機能を用いて,DXAdvanced の時刻同期が可能
    *SNTP: Simple Network Time Protocol
業種:
概要:

各プラント設備の遠隔監視(温度/圧力/流量)において、現場側にデータアクイジションユニットMW100、オフィス側にペーパレスレコーダDXAdvancedを導入し、現場データの監視をスケーラブルかつPCレスで行えます。

DXAdvancedのプラント多点遠隔監視

  • 低コストでの多点プラントデータシステムの構築が可能
  • スケーラブルなシステム構築が可能
  • 収集データの一元管理が可能
業種:
アプリケーションノート
概要:

ボイラの温度監視等、多点の測定を行い、データを記録・管理する場合、ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000と、データアクイジション MW100をModbus通信で接続することにより、最大348点の記録が可能になります。

多点のボイラ温度監視

  • MW100とMODBUS通信で接続可能。DX本体の入力と合わせて最大348点の記録が可能となります。
  • 最大348点入力を一台のDXで集中監視していますので、データの一元管理が容易となり、管理・監視の手間を軽減できます。
概要:

4つのリモート入力と8個の内部スイッチの組み合わせで 8種類のメッセージ書き込みが可能です

業種:
アプリケーションノート
概要:

概要

チューブレスタイヤの空気漏れをモニターする圧力測定は、タイヤ製造ラインにおける重要な性能試験の 1つです。各種試験のためにタイヤをラック間で移動させたり、試験条件を変えるため試験装置を頻繁に移動させたりする必要があるため、取り扱いやすいようケーブルを使わない方法が求められます。

 

利点

  • 保守作業の削減:信号ケーブルや電源ケーブルを使用しないため、ケーブル損傷の恐れもありません。
  • 性能の向上:圧力をオンラインで連続測定し、データを自動記録します。
  • OPEXを削減:圧力伝送器の消費電力が小さいため、バッテリー寿命は18カ月を超えます。バッテリーは市販のものが使えます。
  • 柔軟な運用:ワイヤレス機能を備えた高精度測定センサを用いるので、ケーブルを使わない運用が実現されます。

 

要件

さまざまな条件のもとでの試験のため装置を移動できるよう、圧力測定には一般にオフラインゲージが用いられます。しかし、オフラインゲージでの測定精度が充分ではないため、有線伝送器が用いられました。ただし、すべての試験エリアをカバーできるよう十分な配線が必要となります。試験中の測定データは手動で記録し、トラッキング(追跡)できるよう維持されています。製造されたタイヤの品質と性能を維持するのに重要な課題は、試験装置を自由に移動できるようケーブルを必要としない運用方法を確立すること、空気漏れをモニターする高精度の測定が行えること、記録を集中管理することでした。

 

ソリューション

高精度センシングを誇る当社独自のデジタル検知技術DPharpと産業界で実績がある高信頼無線通信のためのIEC62734 ISA100.11a無線プロトコルとを組み合わせることによって、エンドツーエンドの無線ディジタルセンシングを実現させることができます。ワイヤレス圧力伝送器を用いれば、さまざまな条件のもとでの試験のために装置を簡単に移動することができ、やっかいな配線作業は必要ありません。バッテリーで駆動するため電源用の配線も不要です。管理ステーションとアクセスポイントがゲートウェイインフラを構成し、ここから出力されたデータが当社のペーパレス記録計に接続されます。データの記録設備を集約するとともに、データの記録も自動的に行うことができます。

  • 高信頼:継続的な信号可用性
  • 高精度:高信頼の測定用デジタルセンサ
  • 使いやすさ:試験装置の移動が自由

 

機器リスト

EJX530L× 8

DX1000× 1

YFGW510× 1

YFGW410× 1

システム構成イメージ

 

まとめ

  • 当社のワイヤレス圧力伝送器によって、ケーブルを必要としない高精度測定が可能になり、アプリケーション要件の重要な課題を克服することができました。
  • Modbus入力を備えたペーパレス記録計によって、データ記録が向上しました。作業員の手を煩わせることなく、データは自動的・連続的に記録されます。
  • ISA100対応のゲートウェイインフラはスケーラブルであり、ネットワークを拡張することができます。無線伝送器を最大500台まで収容可能です。

当社は、一世紀にわたり高信頼でスケーラブルなオープン技術を提供してきました。ISA100 Wirelessソリューションは、お客様の所有費用を削減し投資収益率を最大限にすることで、インダストリアルオートメーション産業の課題解決に対応しています。

業種:
概要:

記録計をベースにデータ収集・監視・異常検出
省エネや定期点検時の巡回作業軽減のため電力データや変圧器の温度データなどの収集・監視や、電力オーバーで遮断に至る前の予備警報、温度異常などの警報も可能です。

電力モニタとDaqstationによる電力総合監視

電気室やキュービクルなどの配電盤に

  • 収集した電力データを省エネ対策に利用
  • 設備の巡回点検工数を削減
  • 電力データだけでなく変圧器の温度なども同時記録
  • 電気設備の異常をいち早く検出
  • 異常時前後の記録により原因究明、対策に利用
業種:
概要:

省エネルギー化のための、電力設備監視が容易に実現可能

業種:
アプリケーションノート
概要:

温度、圧力データを記録

滅菌装置・純水装置他のデータ記録

  • バッチ名+ロット番号により、過去の測定データを呼出す際にバッチ名でのデータ参照が可能。
  • バーコードプロトコル(オプション)に対応。バッチ情報・バッチコメント・メッセージなどの入力にバーコードを利用できます。

 

シリアル通信(オプション)によるPLC接続

シリアル通信(オプション)によるPLC接続

  • 専用通信コマンドにより、PLCからシリアル通信でDXAdvancedの制御が可能。
  • 主な制御コマンド
    • PS (メモリスタート/ストップ)
    • BT (バッチ番号,ロット番号の設定)
    • MS (メッセージの書き込み)
    • BJ (フリーメッセージの書き込み)
    • LL (ログイン)
業種:
概要:

医薬環境データ記録監視システム PERMS は、日常の記録管理に手間のかかる環境データを、Part11対応のペーパレスレコーダにより記録・保存されたデータを一元管理するシステム提案です。

業種:
アプリケーションノート
概要:

フリーザ・恒温湿槽の温湿度記録

  • ユニバーサル入力で熱電対・測温抵抗体・電圧入力など様々な入力信号に対応。
  • 最大48点入力までラインアップ。多点を1台で監視記録可能。
  • ネットワークを活用した管理を容易に実現。(ファイル転送、Web監視、アラームMail)
業種:
アプリケーションノート
概要:

原薬製造工程や製剤工程などの医薬品製造時に、さまざまなアプリケーションで記録計が使われています。

原薬製造工程

原薬製造工程

製剤工程

製剤工程

業種:
概要:

ボイラー設備リモート監視システム

  • 納入済みのボイラー設備のメンテナンスサービスにおいて、事前にリモートで現場の状況を把握でき、サービス向上に役立ちます。
  • ペーパレスレコーダ DXAdvancedは、E-mail、Web機能またはFTP機能などを標準装備しているので、容易に現場データを得ることができます。
アプリケーションノート
概要:

カスタムディスプレイ機能で2種類トレンド表示も可能

アプリケーションノート
概要:

現場に設置されている調節計の測定値/目標設定値/制御出力値をイーサネット通信を利用して高速に(10台分を1秒以内)PLCへデータ収集するシステムをご紹介します。

業種:
概要:

概要

ペーパレスレコーダ DXAdvancedで、化学会社所有の港における積荷の積載/荷下ろしのため風向および風速を遠隔監視します。

課題とお客様のご要望

ペーパレスレコーダ DXAdvanced使用イメージ

  • 既設の風向計およびチャートレコーダのリプレース
  • コスト削減およびデータの電子化
  • 現状の記録紙(180mm幅)同様の表示
  • 港の現場に記録紙を収集しに行く手間の削減

 ソリューションとお客様へのベネフィット

ソリューションとお客様へのベネフィット

  • DX2000のカスタムディスプレイ機能により,記録紙とデジタル表示の機能を一体化
  • チャートレコーダのシステムに比べ10%のコスト削減を実現
  • LANを利用した遠隔モニタリング機能を実現
  • チャートレコーダを模した表示によりスムースな運用切替を実現
カタログ
取扱説明書
一般仕様書
ソフトウェア
技術情報
外形図

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ