横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

食品および薬品の滅菌工程におけるF値演算

概要

食品および薬品の滅菌工程で、加熱殺菌を行う場合、温度と時間により菌の致死値が決まります。一定温度で一定数の殺菌を死滅させるのに要する時間を、F値と呼んでいます。すなわち、加熱殺菌による菌の致死値で、単位時間あたりの致死率(Li)の積分値となっており、Liは温度(Ti°C)の関数です。
チャートレコーダ μR10000/μR20000の演算オプション(付加仕様コード: /M1)では、滅菌処理における菌の致死値(F値)を演算し、その結果をアナログ記録することが可能になります。

食品および薬品の滅菌工程におけるF値演算
F値(殺菌の致死値)の算出式
F値(殺菌の致死値)の算出式

µR10000/µR20000の設定例

μR10000/μR20000の設定例
この変換式をμR10000/μR20000の演算機能で実行します。
定数設定は以下の通り。
K01とK02=10, K03=121.1, K04=測定周期/60秒(打点のとき), K05=100
*条件によってK01~K05の定数は異なります。
μR10000/μR20000の設定例
殺菌炉は、温度が単調に増加することを前提に100℃以下になると積算値をリセットします。

メリット

  • 滅菌温度に応じたF値を自動算出して生産データとして記録を残します。
  • 滅菌時間の目安のF値から加熱工程時間最適化が可能です。
  • 外部接点入力(リモート制御オプション)を使えば記録の自動開始・停止を実行できます。

尚、上記アプリケーションは、ペーパレスレコーダ GX10/GX20 や DX1000/DX2000(演算オプション付)でも実現可能です。

業種

  • 医薬品

    変化の激しい現代では、今迄以上に経営判断には、スピードと正確性が求められています。
    医薬品業界においても、ICT技術を活用したパラダイムシフト(QbD、連続生産)が起き、そうした潮流の中で如何に情報をキャッチアップしていくかが企業の課題です。
    YOKOGAWAは、原薬・製剤・バイオ領域への1000を超えるシステムの導入実績を礎に、これからも医薬品産業の更なる発展に貢献して行きます。

    さらに見る
  • 食品

    食品製造業では、「食の安心・安全の確保」と「コストダウン」の両立といった従来の課題に加え、感染症や省力化への対応などに取り組まれていることと思います。
    YOKOGAWAは、お客様が抱える課題に寄り添い、お客様の運用に適した工場のあるべき姿をご提案していくことで、働きやすい現場づくりを支援いたします。

    さらに見る

関連製品&ソリューション

  • μR10000/μR20000

    高信頼・高品質・優れた操作性を最新技術で実現。さらにネットワーク機能などの多機能を装備した横幅100、180mmの記録紙を用いる記録計です。
    オプションにより、SDカードスロット搭載モデルを用意しています。チャート紙への測定データの記録と同時にSD メモリカードへの保存ができます。

    さらに見る
  • ペーパレスレコーダ GX10/GX20

    SMARTDAC+ GX10/GX20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、パネル取付タイプのペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。AIを標準搭載したレコーダ(記録計)です。熱処理や医薬規制 データインテグリティなどの厳しい規格にも対応した機器です。

    さらに見る

トップ