DX1000/DX2000を高速モードに設定すると、入力チャネル数が減りますか?

高速モードに設定しても、入力チャネル数は通常モードと同じです。
ご注意:高速モードではA/D変換器の積分時間が600Hzに固定され、電源周波数ノイズの除去性能が通常モードに比べて落ちます。 電源周波数ノイズの影響を受ける環境で測定する場合は、通常モードでの測定を行うか、GX/GPのデュアルインターバル測定機能で対応してください。

関連製品&ソリューション

ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000

FDA 21CFR Part 11対応 拡張セキュリティ機能(オプション)を搭載したモデルです。

ペーパーレスレコーダ 内器引き出しモデル DX1000N

メンテナンス時に便利な内器引き出しモデルです。機能、外見、およびパネルカット寸法は、標準のDX1000とほぼ同等です。

トップ