拡張セキュリティ機能オプションとマルチバッチ機能オプションを組合わせて使用する場合、マルチバッチの1グループが記録中に、記録していないグループのレンジとアラームの変更はできますか?

マルチバッチ機能オプション(仕様コード: /BT2)を使用する場合、他のオプション機能にかかわらず、1グループでも記録していればレンジ変更はできません。アラームの設定は記録中でも可能です。

関連製品&ソリューション

ペーパレスレコーダ DX1000/DX2000

FDA 21CFR Part 11対応 拡張セキュリティ機能(オプション)を搭載したモデルです。

ペーパーレスレコーダ 内器引き出しモデル DX1000N

メンテナンス時に便利な内器引き出しモデルです。機能、外見、およびパネルカット寸法は、標準のDX1000とほぼ同等です。

トップ