ハイコンテントアナリシス

高速にマイクロプレートやスライドガラス内の細胞を生きた状態(ライブセル)でカメラで撮像し、得られた画像より細胞内におけるターゲット分子の増減、局在の変化や細胞の運動性や形態情報などを3Dで数値化する事ができるハンコンテントアナリシスシステムです。薬物候補化合物の化合物最適化、パスウェイ解析、細胞ベースの毒性テスト、及び細胞ベースの大規模スクリーニング、細胞の品質管理等の実施が可能です。最先端の生物学研究のニーズに応え、常に進化を続けています。

  • ハイスループット細胞機能探索システムCellVoyager CV8000は、長時間のライブセルアナリシスを可能にするために、細胞培養スペースの密閉性を強化し、ラベルフリー解析・3次元解析・機械学習が可能な、ハイコンテント画像解析ソフトウエア「CellPathfinder」をラインアップに追加。医薬品市場における新薬開発のスピードアップやiPS細胞やES細胞など最先端の生物学・医学の基礎研究の効率向上に貢献します。

  • 簡単な操作で細胞を高精細に3D画像取得し、数値解析できるイメージサイトメーターです。タイムラプス測定機能とインキュベーターの追加により、4D測定が可能になりました。

  • 画像から特徴量データを抽出し、グラフ表示や数値データの出力を行います。
    解析新薬開発における薬効・毒性評価や細胞の機能評価、基礎研究分野における生理メカニズムの解明に大いに力を発揮します。

共焦点ならではの正確な解析と最先端の画像解析ソフトウェア

横河のハイコンテントアナリスシステムは基礎研究から前臨床まで広範囲のアプリケーションをに対して、最適なソリューションを提供します。

ハイコンテントアナリシス

細胞画像データを利用した研究手法の一つで、対象の細胞を個別にかつ複数のパラメータについて経時的かつ詳細に調べることを目的とする手法。
より複雑な細胞イベントや表現型の研究が可能なため、次世代の新薬開発や創薬研究のためツールとして、導入されています。

 

従来方式 ハイコンテントアナリシス
ハイスループットスクリーニング (HTS) フローサイトメータ 顕微鏡システム

メリット:

  • 大量のサンプルを高速に処理

デメリット:

  • ウェル内の平均データのみ
    で、細胞個々のデータはわからない

メリット:

  • 細胞個々の数値データが得られる

デメリット:

  • 接着細胞は細胞をはがす必要がある

メリット:

  • 細胞内現象を詳細に観察

デメリット:

  • 観察に時間がかかる

メリット:

  • 大量のサンプルを高速処理
  • 細胞個々の数値データが得られる
  • 細胞内減少を詳細に観察
  • 接着細胞をそのまま観察
  • ライブセルの時系列変化を追跡・解析
  • 撮影から解析までを短時間に自動処理

製品概要

    製品概要
    概要:

    The CV8000 features a cell incubator with an improved airtight design that facilitates the observation of cell behavior over long periods of time. In addition, the CV8000 comes with CellPathfinder, a new program that can analyze images of unlabeled cells and 3D images of samples. With these features, the CV8000 improves the efficiency of drug discovery research and biomedical research on leading-edge subjects such as iPS and ES cells.

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ