pH検出器/ORP検出器

当社のライトンpH検出器(PH8EFP、PH8ERP)およびライトンORP検出器(OR8EFG、OR8ERG)は、各種製造工程での品質管理や中規模排水処理装置および一般のpH/ORP 制御システムの管理用等、幅広いアプリケーションで使用されている高信頼性・高機能の検出器です。さらに、特殊pH/ORP検出器のラインナップも充実させ、ライトン検出器が使用できないアプリケーションにも対応できるようにしています。

>> 【 アプリケーション対応表 】(上部詳細タブ) で適切な検出器選択してください。

  • 耐食性・耐熱性・機械的強度に優れ、中規模の排水処理プラントの水質管理などや幅広いアプリケーションに対応するpH検出器です。TIIS防爆対応。SA11 SENCOM スマートアダプタを付けることで、デジタル通信も可能です。

  • 本検出器のみで pH・ORP・温度の同時測定ができ、衝撃や汚れに強いpH/ORP検出器です。SA11 SENCOMアダプタを付けることで、デジタル通信に対応します。

  • FLXA202/FLXA21液分析計、FN310、SENCOM PCソフトウエア専用の一体形デジタル検出器です。検出器内部に校正データを保存しているため、初期校正不要で使用開始できます。TIIS本質安全防爆対応。

  • 各種ボイラや半導体プロセスで使用される純水測定に信頼性の高いpH検出器です。SA11 SENCOMスマート アダプタを装着することで、デジタル通信に対応します。

  • 測定の再現性が高く、長期間にわたり安定測定が可能なポリマー電解質pH検出器です。

  • 一体形の測温抵抗体により、安定的に測定可能な測温抵抗体一体形ポリマー電解質pH検出器です。TIIS防爆。

  • 測定の再現性が高く、長期間にわたり安定測定する耐フッ酸pH検出器です。

  • 一体形の測温抵抗体により安定的に測定する、測温抵抗体一体形耐フッ酸pH検出器です。TIIS防爆対応。

  • 測定の再現性が高く、長期間にわたり安定測定が可能な化学プロセス用pH検出器です。

  • 一体形の測温抵抗体により、安定的に測定可能な測温抵抗体一体形化学プロセス用pH検出器です。TIIS防爆対応。

  • 電解液の補充が可能で、厳しい環境下でも高精度・長寿命な発酵用pH検出器です。

  • 拡散電位がごくわずかで、安定して測定するポリマー電解質ORP検出器です。

  • 拡散電位がごくわずかで、安定して測定する化学プロセス用ORP検出器です。

  • 小型で使いやすく、かつ防水(防滴)構造のため、フィールドでの使用に最適です。ワンタッチ校正と温度補償に対応しています。

  • 製造工程での品質管理や排水処理管理の分析計用として、洗浄装置を付加可能なホルダです。アプリケーションに適したホルダとクリーナーの選択により、信頼性や保守性に優れた測定システム構築が可能となります。

  • アナログ検出器に装着することでデジタル機能を持たせる、SENCOM4.0をプラットフォームとした画期的なアダプタです。変換・伝送・校正・診断機能を持ち、拡張性が高く、現場に合わせたプロセス構築に柔軟に対応します。4線式液分析計FLXA402、FieldMateなどと組み合わせて使用できます。

→ pH検出器 | → ORP検出器

←「概要」へ戻る

pH検出器アプリケーション対応表

測定液から検出器を簡易選択できます。

アプリケーション
pH検出器
一般用 Model FU20F PH8EFP PH8ERP FU20
fu20f PH8EFP PH8ERP FU20
pH測定範囲 2~12 0~14 2~12 2~12
測定液温度 -10~105°C -5~105°C -5~80°C -10~105°C
測定液圧力 0~1 MPa 大気圧~10 kPa 大気圧~50 kPa 0~1 MPa
備考 pH/ORP検出器
デジタル通信
(FLXA202/FLXA21)
TIIS防爆対応
KCl補給形
pH10以上の高アルカリ、
工業排水、下水
デジタル通信(FLXA402)、
TIIS防爆対応
KCl拡散形
放流水
デジタル通信(FLXA402)、
TIIS防爆対応

デジタル通信(FLXA402)、
工業排水、し尿処理、
放流水

純水 Model PH8EHP
PH8EHP
pH測定範囲 2~12
測定液温度 0~50°C
測定液圧力 大気圧
備考 ホルダPH8HHを使用、デジタル通信(FLXA402)
汚れの多い溶液
硫化物イオンを含む溶液
Model PH4P PH4PT
PH4P PH4PT
pH測定範囲 2~14 2~14
測定液温度 0~110°C 0~110°C
測定液圧力 大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
備考 排煙脱硫装置 測温抵抗体一体形
排煙脱硫装置
電解ソーダ溶液 Model PH4C PH4CT
PH4C PH4CT
pH測定範囲 0~14 0~14
測定液温度 0~100°C 0~100°C
測定液圧力 大気圧~250 kPa 大気圧~250 kPa
備考 pH10以上の高アルカリ、メッキプロセス 測温抵抗体一体形
pH10以上の高アルカリ、メッキプロセス
有機溶剤を含む液 Model PH4C PH4CT PH4FE
PH4C PH4CT PH4FE
pH測定範囲 0~14 0~14 0~12
測定液温度 0~100°C 0~100°C 0~105°C(滅菌温度:最大130°C)
測定液圧力 大気圧~250 kPa 大気圧~250 kPa 大気圧~600 kPa
備考 化学プロセス用 測温抵抗体一体形 液絡部:セラミック3箇所
フッ酸を含む溶液・排水 Model PH4F PH4FT
PH4F PH4FT
pH測定範囲 2~11 2~11
測定液温度 0~80°C 0~80°C
測定液圧力 大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
備考 測温抵抗体なし 測温抵抗体一体形
発酵槽(滅菌工程) Model PH4FE
PH4FE
pH測定範囲 0~12
測定液温度 0~105°C(滅菌温度:最大130°C)
測定液圧力 大気圧~600 kPa
備考 鉱業、製紙、発酵用
小型培養槽用 Model PH4B
備考 (お問い合わせください)

 

ORP検出器アプリケーション対応表

測定液から検出器を簡易選択できます。

アプリケーション
ORP検出器
一般用 Model FU20F OR8EFG OR8ERG FU20
FU20F OR8EFG OR8ERG FU20
測定範囲 -1500~1500mV -1500~1500mV -1500~1500mV -1500~1500mV
測定液温度 -10~105°C -5~105°C -5~80°C -10~105°C
測定液圧力 0~1 MPa 大気圧~10kPa 大気圧~50 kPa 0~1 MPa
備考 pH/ORP検出器
デジタル通信
TIIS防爆
KCl補給形
TIIS防爆
KCl拡散形
TIIS防爆
工業排水、し尿処理、
放流水
排水処理 シアン処理 Model OR8EFG OR8ERG
OR8EFG OR8ERG
pH測定範囲 -1500~1500mV -1500~1500mV
測定液温度 -5~105°C -5~80°C
測定液圧力 大気圧~10kPa 大気圧~ 50kPa
備考 KCl補給形
TIIS防爆
KCl補給形
TIIS防爆
クロム処理 Model OR8EFG OR8ERG
OR8EFG OR8ERG
pH測定範囲 -1500~1500mV -1500~1500mV
測定液温度 -5~105°C -5~80°C
測定液圧力 大気圧~10kPa 大気圧~ 50kPa
備考 KCl補給形
TIIS防爆
KCl補給形
TIIS防爆
汚れの多い溶液
硫化物イオンを含む溶液
Model OR4P
OR4P
pH測定範囲 0~1500mV
測定液温度 0~110°C
測定液圧力 大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
備考 ポリマー電解質
電解ソーダ溶液 Model OR4C
OR4C
pH測定範囲 -1500~1500mV
測定液温度 0~100°C
測定液圧力 大気圧~250 kPa
備考 化学プロセス用
概要:

電解プラントでは、pH 計・ORP 計・導電率計・密度計などのプロセス分析計が使用されます。これらは、各工程における溶液の濃度管理などで重要な役割を担いますので、長期間安定に動作することが要求されます。しかしながら、電解プラントでの測定液は、腐食性が強い、液温が高い、検出器を汚すといった分析計にとって非常に厳しい性状を持ちますので、機種の選択には慎重さが必要です。
横河電機の分析計(検出器)には、電解プラントでの実績を積み重ねてきたものがあります。例えば、pH 測定のための“DPA405、DPA406 化学プロセス用検出器“、塩酸・硫酸・苛性ソーダの濃度管理に使用する “ISC40GJ 電磁導電率検出器” などです。

業種:
業種:
概要:

紙パルプ工場では多量の水が使用されます。したがって、廃水の処理は、環境保全のうえからも大変重要になっています。
廃水処理において、廃液中の SS 分は凝集沈降槽で凝集剤によって沈澱分離させますが、このとき適正な pH 値を維持する必要があります。この pH のコントロールに使用する pH 計は、電極に廃液中の繊維分やコーティング剤が付着するため頻繁に保守しなければなりませんでした。
「超音波+エアジェット」洗浄器付き潜漬形ホルダ(特注品)による連続洗浄を採用したところ、これまでは1日1回行なっていた人手による保守が、1~2か月に1回に軽減されています。

業種:
概要:

亜鉛製錬においては、高品位の製品が得られることや原料に混入している有価金属を回収できることなどの特長を持つ湿式製錬が、最も多く採用されています。湿式製錬には、原料の亜鉛精鉱を焙焼し、その後、硫酸に溶解して不純物を取り除くプロセス(「浸出」という)があり、ここで浸出液の pH 管理が行なわれます。
浸出液には石膏などが含まれており、電極に付着するスケールが安定な pH 測定を妨げます。したがって、1週間に1回以上の洗浄作業が必要でしたが、空気ジェット洗浄付き pH 計を採用、連続洗浄を行なうことによって、1~2か月に1回まで人手による洗浄作業を減らすことが可能になりました。

概要:

水酸化マグネシウム法の排煙脱硫装置では、脱硫剤[Mg(OH)2]の消費量管理をオンラインpH計を使用して行なっています。このとき問題になるのが、水酸化マグネシウム(スラリー)によってpH電極が著しく汚れることです。一定レベル以上の測定精度を維持するには酸を用いた電極洗浄を頻繁に実施する必要があり、大きな保守工数がかかっていました。
酸洗浄を自動化した[EXA AUTO CLEAN 薬液洗浄装置]の採用によって、大幅に省力化が図れたばかりでなく、pH測定精度を維持した状態での長期運転が可能となりました。

概要:

石灰石膏法の排煙脱硫装置では、脱硫剤(石灰)の消費量管理をオンライン pH 計を使用して行なっています。このとき問題になるのが、石灰によって pH 電極が著しく汚れることです。一定レベル以上の測定精度を維持するには酸を用いた電極洗浄を頻繁に実施する必要があり、大きな保守工数がかかってしまいます。
酸洗浄を自動化した 「EXA AUTO CLEAN 薬液洗浄装置」の採用によって、大幅に省力化が図れたばかりでなく、pH 測定精度を維持した状態での長期運転が可能となり
ました。

横河技報
1.1 MB
カタログ
取扱説明書
一般仕様書
技術情報
SDS(安全データシート)

導入事例(動画)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ