測温抵抗体一体形耐フッ酸pH検出器 PH4FT

特殊な感応膜の採用により、フッ化水素を含む溶液や排水のpH測定が可能な測温抵抗体一体形耐フッ酸pH検出器です。内部液がポリマーで液絡部は1.0mm~1.5mmと大きく2箇所にあるため、目詰まりが起こりにくくメンテナンス工数削減に貢献します。

特長

  • フッ化水素を含む溶液や排水のpH測定が可能
  • 目詰まりが起りにくくメンテナンス工数削減に貢献
  • 測温抵抗体と一体で安定測定
  • TIIS防爆対応

 

アプリケーション

  • 製糖、染料、産業廃水、製紙
  • 化学、石油化学等の厳しい環境での使用が可能
  • フッ化水素酸を含む溶液、排水

標準仕様

測定範囲 pH2~11 pH
HF濃度の上限 pH2:最大500 ppm
pH3:最大1000 ppm
pH4:最大10000 ppm
pH5以上:上限なし
測定温度 0~80°C
測定圧力 大気圧~1.6 MPa(液温25°Cの場合)
大気圧~600 kPa(液温100°Cの場合)
測温抵抗体 Pt1000
概要:

概要

半導体や光ファイバーケーブル等の製造工場をはじめとしてステンレス鋼二次加工工場やフッ酸製造工場(排ガス洗浄施設)など、フッ酸を含む廃水の処理施設は数多く存在します。これらの廃液処理施設における pH 測定には、フッ酸に侵されるため短寿命のガラス電極に代わってアンチモン電極が用いられています。しかし、アンチモン電極は安定性に問題があり、耐フッ酸性のあるガラス電極が待たれていました。
PH4FT 耐フッ酸 pH 検出器は、フッ酸の含まれる溶液での長寿命化を図った検出器です。当社製の一般検出器や他社のフッ酸用検出器に比べ、際立った耐フッ酸性(長寿命・長期安定性)を示します。PH4FTの採用で、良好な測定を維持するための保守工数が大幅に削減でき、寿命の点でも満足できる結果が得られています。

 

お客様の期待

  • フッ酸を含む廃液の pHを連続で長期間測定したい
  • ランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

半導体工場のフッ酸廃液には、濃廃液(間欠的に排出)と希薄廃液(常時排出)とがあります。廃液処理に当たっては、一旦、濃廃液と希薄廃液をそれぞれ貯槽に貯えます。
貯槽の濃廃液と希薄廃液は、それぞれ一定量が原廃水貯槽に送られます。ここで、均一に混合するためのエアバブリング攪拌を行なってから反応槽に送ります。反応槽では、消石灰を注入して十分に反応させ、CaF2 を生成させます。次の凝集槽では凝集剤を入れてフロック化し、沈殿池で懸濁物を沈殿除去します。処理水(pH 値:9 以上)は中和槽に送り、塩酸を加えて pH6 ~ pH8 に中和したうえで放流します。

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

  • pH 検出器
    • 耐フッ酸 pH 検出器
      PH4FT-120-□□G(PH450Gの場合)
      PH4FT-120-□□E、または-□□F(FLXA202/FLXA21の場合)
  • 検出器用アダプタ
    • 付加仕様:/S3(ステンレス鋼)、/PP(ポリプロピレン)から選択
  • ホルダ
    • 潜漬形ホルダ PH8HS-PP- □□ -T-NN-NN * A
  • 中継端子箱(必要に応じて使用)
    • WTB10-PH1、WTB10-PH5(FLXA202/FLXA21の場合)
    • WTB10-PH3(PH450G の場合)
  • pH 変換器 /pH 伝送器
    • 4 線式 pH/ORP 変換器(4 線式 pH 計システム構築の場合)
      PH450G-A-J
    • 2 線式 pH 伝送器(2 線式 pH 計システム構築の場合)
      FLXA202、またはFLXA21
  • ディストリビュータ(2 線式 pH 計システムの場合)
    • 分析計専用ディストリビュータ PH201G-A □* B

ユーティリティ

  • 電源
    • 4 線式 pH/ORP 変換器:(PH450G 電源)
      90 ~ 264 V AC,50/60 Hz
      消費電力:約 15 VA
    • 2 線式システムの場合:(FLXA202/FLXA21 電源)
      16 ~ 40 V DC(負荷抵抗により異なります。)

留意点

  • PH4FT耐フッ酸検出器を使用する場合、超音波洗浄および
    ブラシ洗浄を行なうことはできません。(ジェット洗浄は可能です。)
  • PH4FTのケーブル接続部は、防水構造でありません。
    設置に際しては、雨水などが接続部内部に侵入することがないよう、配慮してください。

 

業種:
耐フッ酸pH検出器について
(an-ph-detector-15-fluoric-acid-resistant)
耐フッ酸pH検出器(PH4F, PH4FT)は、特殊な感応膜の採用により、フッ化水素を含む溶液や排水のpH 測定が可能な検出器です。測定できるフッ酸濃度の上限は、測定液のpHによって異なりま...
これらの電極はガラス膜の交換や内部液の補充はできません。 使い捨てとなり、電極交換となります。
pH検出器のケーブルの長さについて
(an-ph-detector-10-cable-length)
一般用pH検出器(PH8EFP, PH8ERP, PH8EHP)のケーブルは、検出器ボディと一体になっており、分離することはできません。 ケーブルの長さは、3m、5m、7m、10m、15mおよび20mが用意されて...
Oリングは、一般用pH検出器(PH8EFP, PH8ERP, PH8EHP)では、ガラス電極、ジャンクション(液絡部)および接地極の取り付け部のシール用に使われています。 特殊アプリケーション用pH検出...
pH検出器の洗浄方式と選定基準について
(an-ph-detector-13-cleaning-selection)
pH検出器の汚れを取り除く方法は、下記のように種々用意されています。 選択に当たっては、測定液の状況や汚れの種類などを勘案して、比較検討することが重要です。 超音波方式: ...
pH検出器のケーブルは高絶縁を保つため特殊なケーブルを使用し、端末も特殊な加工をしてあります。 ケーブル長を延長したいときには、弊社が供給している中継端子箱を使用するか、...
一般用pH検出器には、接地極が組み込まれています。 接地極は、測定液中に存在するノイズがガラス電極および比較電極に侵入しないように、測定液と大地(アース)間のインピーダン...
pH検出器の保存方法と保管期間について
(an-ph-detector-03-preservation-storage)
pH検出器を保存する際は、ガラス電極のガラス膜が乾燥によって性能が劣化するのを防ぐため、KCl溶液入りのキャップを被せて保護します。 保管期間は約1年ですが、これは保証するもの...
pH検出器のKCl拡散形とKCl補給形の違いについて
(an-ph-detector-02-kcl-diffusion-supply-type)
横河電機のpH検出器は、ガラス電極とジャンクション(液絡部)が一体となっている、いわゆる複合形の検出器です。測定中は、ジャンクション(液絡部)から常時KCl溶液が流出してい...
pH検出器のガラス電極の種類と使い分け
(an-ph-detector-04-glass-electrode)
一般用pH検出器に組み込む「ガラス電極」は、用途により下表から選択して用います。 種類 部品番号 ガラス膜 Oリングの材質 一般用 K9142TN 一般用 フッ素ゴ...
一般用pH検出器に組み込む「ジャンクション」は、用途により下表から選択して用います。 液絡部材質テフロンのジャンクションは、し尿処理施設や下水処理施設などの汚れの多い用途...
それぞれの端子に適合するpH変換器(pH伝送器)は、下記のとおりです。 ピン端子:FLXA21, PH202G, PH202SJ 丸形端子:PH400G, PH450G, PH202G-E-□/TB, PH202SJ-1-□/TB フォーク端子:PH100, PH400G, PH202...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ