2線式pH計/ORP計 FLXA21

FLXA21 pH/ORP計は、校正標準テーブルを内蔵し、温度補償機能、安定性チェック機能を備え、高精度なpH測定を実現しています。pH測定の他にも、温度や酸化還元電位(ORP)の測定もできます。
検出器の診断機能として、インピーダンス、不斉電位、スロープ等を常時測定し、電極の汚れ・破損、断線、測定液面低下など検出器の状態を連続的に診断、また、最新の5つの校正結果を保存し、将来のメンテナンスや校正時期を予測します。

特長

2本の検出器による高信頼性およびデジタル通信によるメンテナンス・計装工事費の削減

  • pH/ORP計 同種の2本の検出器を接続可能
  • 2本の検出器でのバックアップシステムで、より高い信頼性測定が可能
  • 異なる2点測定で設置コストの削減、省スペースを実現
  • 2本の検出器で保守中も中断することなく連続測定が可能
  • HART 通信によるメンテナンス・計装工事費の削減

モジュール構造による拡張性の向上

  • モジュール構造による豊富なシステム構築が可能

進化した各種機能を搭載

  • 検出器の自己診断機能
    検出器のインピーダンス、不斉電位、スロープ等を常時測定し、電極の汚れ・破損、断線、
    測定液面低下などの状態を連続的に診断
  • 健康度およびメンテナンス時期予測
    最新の5つの校正結果を保存し、将来のメンテナンスや校正時期を予測
  • クイックセットアップ機能内蔵
    画面指示(ガイド)により、最小限のセットアップを容易に実現

タッチスクリーンによる操作性の向上、充実の操作画面

  • 画面と対話しながら確実にやさしいオペレーション
  • 各種表示モードを豊富に準備、自由度高く選定可
  • エラー発生時、エラーの内容および対処を表示
  • 日常の操作で取扱説明書が不要

幅広いアプリケーションに対応した検出器群

  • さまざまなタイプのpH/ORP検出器と接続可能

12カ国語対応

日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、チェコ語、ポーランド語の12カ国語から選択可能

KOSHA、ATEX他 各種防爆に対応

標準仕様

入力仕様 入力インピーダンス(1012 Ω以上)
測定範囲 pH  : -2~16 pH
ORP:  -1500~1500 mV
rH : 0~100 rH(注)
(注)rHとは、pHの影響を考慮した液体の酸化還元力の程度を表す指標です。pHとORPの値から近似計算して表しています。
温度: Pt1000、Pt100、PTC500、6.8k、PTC10k、3k Balco; -30~140°C
              NTC 8k55 ;-10~120°C
性能
(変換器単体の模擬入力での性能)
pH  直線性 :±0.01 pH、繰返し性:±0.01 pH、精度:±0.01 pH
ORP 直線性:±1 mV、繰返し性:±1 mV、精度:±1 mV
温度(Pt1000、PTC500、6.8k、PTC10k、NTC 8k55、3k Balco)
 直線性:±0.3°C、繰返し性:±0.1°C、精度:±0.3°C
温度(Pt100)
 直線性:±0.4°C、繰返し性:±0.1°C、精度:±0.4°C
性能
(pH検出器と組み合わせた場合)
繰返し性: ±0.05 pH
応答性    :  10秒(90% 応答時間、20°Cに温度平衡したpH 検出器および標準液を使用し、十分に攪拌した場合)
精度        :  ±0.1 pH(PH8EFP、PH8EHPを使用した場合)
                       ±0.15 pH(上記以外の弊社製標準検出器を使用した場合)
概要:

電解プラントでは、pH 計・ORP 計・導電率計・密度計などのプロセス分析計が使用されます。これらは、各工程における溶液の濃度管理などで重要な役割を担いますので、長期間安定に動作することが要求されます。しかしながら、電解プラントでの測定液は、腐食性が強い、液温が高い、検出器を汚すといった分析計にとって非常に厳しい性状を持ちますので、機種の選択には慎重さが必要です。
横河電機の分析計(検出器)には、電解プラントでの実績を積み重ねてきたものがあります。例えば、pH 測定のための“DPA405、DPA406 化学プロセス用検出器“、塩酸・硫酸・苛性ソーダの濃度管理に使用する “ISC40GJ 電磁導電率検出器” などです。

業種:
アプリケーションノート

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ