JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

  • 省スペース対応設計でコンパクト
    外形寸法は、高76×幅29.5×奥行124.5 mmです。
  • ユニバーサル入力(VJU7)
    温度変換器VJU7は、入力として熱電対、測温抵抗体、またはmV信号を設定することができます。
  • 絶縁2出力
    オプションとして、第2絶縁電流または電圧(パルス)を出力することができます。
  • 通信機能(VJU7、VJH7、VJA7、VJP8、VJQ7、VJQ8、VJS7)
    オプションのRS-485 MODBUS通信は、アナログ出力信号と平行して利用することができます。
  • 警報出力(VJU7、VJH7、VJA7、VJQ7、VJQ8、VJS7)
    オプションの上限/下限警報リレー出力は、アナログ(パルス)出力信号と平行して出力することができます。
  • HART通信信号中継機能(VJA1/H)
    HART通信機能を持ったフィールド機器とDCS間で、HART通信を行うことができます。(入出力間は絶縁されています)
  • 現場設定
    (パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたは当社のハンディターミナル(JHT200)があれば、マイコン搭載形VJを現場で設定することができます。
  • 電源電圧は、交流 100~240Vまたは直流15~30Vです。
  • 耐電圧2000V標準
    入力-出力-電源-接地 相互間
  • 3年保証
  • 海外の安全規格(CE、UL、CSA)に対応 ※一部機種のみ

【即納対応: 即日出荷サービス Quick JUXTA】

当日の午前11時までにご注文頂くと、当日出荷(Quick JUXTA One Day)または3日目に出荷(Quick JUXTA Three Days)するサービスです。出荷可能台数や対応機種コード等の詳細については、弊社営業もくしく最寄りの弊社代理店までお問い合わせください。

機種一覧

名称 形名 出力 規格 即納
対応
絶縁2出力 RS-485 警報
(リレー)
アイソレータ 標準形 VJH1        
高機能形 VJH7      
超高速応答形 VJHF              
リバース出力形 VJHR          
電源不要形 VJC1 *1              
ディストリビュータ 標準形 VJA1        
HART通信対応形 VJA1/H          
高機能形 VJA7      
開平演算形 VJA5          
非絶縁形 VJA4 *1     *2 *2      
測温抵抗体温度
変換器
標準形 VJR6          
熱電対温度
変換器
標準形 VJT6          
ユニバーサル温度
変換器
高機能形 VJU7      
CT信号変換器 VJB1              
PT信号変換器 VJG1                
交流信号変換器 VJB3              
タコジェネ変換器 VJD1              
ポテンショメータ
変換器
高機能形 VJS7      
パルスレート
変換器
標準形 VJP4              
高機能形 VJP8 *2 *2      
パルス信号リピータ VJP1            
パルス/アナログ
変換器
高機能形 VJQ8 *2 *2      
アナログ/パルス
変換器
標準形 VJQ0              
高機能形 VJQ7 *2 *2      
ハイ・ローセレクタ VJSS              
空/電変換器   VJF1                
Ethernet/RS-485変換器 VJET       *2 *2      

*1:2ch形を指定した時
*2:供給電源 15-30 V DCの時、適合します。

VJ取付用ベース

形名
仕様コード
内容
入力 第1出力 第2出力
VJCE-011 ねじ端子 コネクタ ねじ端子
VJCE-012 コネクタ ねじ端子 ねじ端子
VJCE-013 ねじ端子 ねじ端子 ねじ端子
VJCE-014 ねじ端子 ねじ端子 コネクタ
VJCE-01A ねじ端子 ねじ端子 RS-485
通信端子

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

信号変換器 JUXTAシリーズのご紹介

信号変換器とは、計測・制御におけるフィールドの各種センサ(熱電対、測温抵抗体、伝送器、流量計、ロードセル、ポテンショメータなど)や空気式計器など計装設備のアナログ信号(4-20mADC、1-5VDCなど)、および、RS-232C、RS-485、接点などのデジタル信号を、上位システムが取り込み可能な信号に変換する機器です。
信号変換器JUXTAでは、制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

信号変換器:分類から探す

制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

概要:

既に設置されているセンサを活用して、信号変換器VJシリーズや指示警報計UM33Aなどを追加するだけで簡単にパソコンでのモニタリング・システムを構築することが可能です。

水質監視システムでのEthernet通信の利用

  • 従来の設備に、RS485/EthernetコンバータVJET、信号変換器VJシリーズや指示警報計UM33Aなどを付加することで、低コストでネットワークを利用したモニタリング・システムを構築することができます。
  • データ収集システム統合ソフトウェアDAQWORXを使用すれば、トレンド画面などを簡単にパソコンに表示したり、データを保存しておくことができます。
概要:

ディジタル指示調節計UT55Aに搭載しているバックアップ機能付き制御モードを活用することで、2台の制御出力を必要に応じて切り替えて、共通の操作端で制御をおこなうことができます。

アプリケーションノート
概要:

太陽熱や太陽光利用施設の計測・監視にご使用いただけます。

MW100によるエコ監視

データロガー MW100 の特長

  • 対環境性
    -20~60℃までの環境下で使用でき、停電対策もされています。
    タイマ機能が搭載されていますので、日射時間のみ記録することも可能です。
  • 演算機能
    演算機能により、集熱量等の演算も可能です。
  • 遠隔でデータ監視できます。
  • Webエディタで専用モニタ製作できます。

電力モニタ UPM100 の特長

  • 通信でデータロガーと接続
概要:

工場内各所で使用される薬液使用量やガス使用量、電力使用量などを、総務部門で一括収集・監視します。使用量データは、VisualBasicやExcelマクロなどの自作プログラムを介して日報形式で可視化され、工場全体の効率的な運用に役立てます。

図1:機器系統図

図2:データ処理の流れ

DAQWORXによって、JUXTAからの瞬時流量データやPOWERCERTの瞬時電力データを、最速1秒周期*で監視・記録します。トレンドグラフ、バーグラフ、ディジタルメータなどが予め用意されており、ノンプログラミングでスピーディなシステム構築が可能です。

*接続台数やチャネル数により、最速収集周期は遅くなる場合があります(DAQWORX DAQLOGGERの最大収集点数は、1600チャネルです)。

また、JUXTAからの瞬時流量データはDAQWORX上で積算し、POWERCERTからは累計積算電力量データを直接収集します。これらの積算データを毎正時にTEXT(またはEXCEL)形式のレポートファイルとして保存することで、日報作成*に非常に役立ちます。

*VisualBasicまたはExcelマクロによってお客様が自作された帳票プログラムにより、DAQWORXが作成した8:00、9:00、・・・、翌7:00、翌8:00の計25個のレポートファイルを開き、1時間毎の使用量を24時間分算出します。その使用量データを任意形式で並べ、日報として印刷します。

業種:
概要:

プロセスの自動化が進むにつれて、レベルの測定・制御の必要性も増大しております。
下図は、比重が一定の液体は下面にかかる圧力が液面の高さに比例することから、差圧伝送器を用いて圧力を測定して液位検出し、ディジタル指示調節計UT75Aに取り込み、タンクレベルを制御する例です。

また、信号変換器VJA7、VJU7、VJETを活用し、パソコン上のデータ収集ソフトウェアDAQWORXで、UT75Aの制御状態や、温度信号、流量のモニタリングも可能です。

タンクのレベル制御とモニタリング

業種:
概要:

HART通信*1の信号は、従来から一般的にある 4~20mA DC のアナログ信号にディジタル信号を重畳して多数の信号を伝送する一方式です。

下図は、HART通信対応の信号変換器 VJA1/H をフィールド機器と上位DCS機器間に接続した事例です。

HART通信対応の信号変換器を用いると、フィールド機器から上位DCS側に対しては、制御用アナログ信号およびTAG等の計器情報を出力し、同時に記録計等の監視用機器へアナログ信号を出力することが可能です。
また、上位DCS側からフィールド側の出力機器(HART通信付調節弁など)に対しては、ゼロ点・スパンの調整、各種のパラメータ設定を行うことが可能です。(ただし、フィールド側機器およびDCS側がHART信号を送受信できる機能を有している必要があり、各種パラメータ等の設定内容は、HART通信を行う機器の仕様に依ります。)

HART通信対応の信号変換器を使用したフィールド機器と上位機器間の接続

※上記構成はネスト型変換器 Dシリーズ(DA7,DC7)でも可能です。

(*1)  HART(Highway Addressable Remote Transducer)通信
        HARTは米国のフィッシャー・ローズマウント社が提唱し、計装業界の制御用フィールドネットワークのオープン規格であり、現在では、HCF(HART Communication Foundation)が組織されています。
        信号形態はアナログ信号にデジタル信号を重ねて送る通信方式で世界で幅広く用いられています。

概要:

近年の省エネルギーへの取り組みの中で、オフィスや工場では電力などのエネルギー監視が盛んに行われています。
オフィスや工場の建物の消費電力が多いと感じたことはありませんか?
もし、「消費電力が多い」とお感じの場合に、お使いの電源の電圧や電流に異常があったり、建物の中に待機電力が大きかったり、過負荷状態になっている機器があるかもしれません。
そのような問題を検証する場合は、定期的な電圧と電流のトレンドを把握する必要があります。
今回は、交流電源の「電流や電圧の測定」及び「簡易的な監視」をするための、交流変換器の活用についてご紹介します。

 

交流電流変換器(CT変換器)

交流電流変換器(CT変換器)は、AC1AまたはAC5Aの入力のものを準備しております。
一般的な電源ラインでは、数十アンペアや数百アンペアが流れている場合がほとんどです。
その場合の大電流は、CT(Current Transformer)で1Aまたは5Aに変換すると、交流電流変換器(CT変換器)で計測することができます。

 

交流電圧変換器(PT変換器)

交流電圧変換器(PT変換器)は、AC110Vまたは、AC150V(オプションでAC300Vまで対応可)の入力のものを準備しております。
一般的なAC100V系、AC200V系の電源であれば、直接入力を取り込むことが可能ですが、400V系電源や高圧の3000V系、6000V系の電源については、そのまま入力することが出来ません。
その場合、PT(Potential Transformer)を使用して110Vまたは150Vにステップダウンすると、交流電圧変換器(PT変換器)で計測することができます。

 

交流信号計測例

以下に、一般的な交流計測例をご紹介します。

一般的な交流計測例

 

概要:

流体の混合など二つの流量計の出力加算計測に演算器MXT(XJJM.507)のフリープログラムを使用した接点入力乗加算演算器をご紹介いたします。 下図は各種フィールド機器と上位システムの接続例です。

概要:

概要

近年多様化する小規模計装システムにおいて、当社のネットワークベース生産システムSTARDOMはオープンなネットワーク環境で安定稼働し、お客様の操業に貢献することで高い評価を得ています。
このSTARDOMの自律型コントローラFCNと信号変換器JUXTAを接続することで、さらに多様なニーズに応える小規模計装システムの構築が可能になります。

下図は、STARDOM 自律型コントローラFCNと信号変換器JUXTA VJシリーズ/Dシリーズの接続例です。
信号変換器と接続することにより、通常コントローラの入出力モジュールでは扱えない交流信号や空気圧信号(1-5V、4-20mAの統一信号以外)なども入力可能になり、1枚のI/Oモジュールで多種の信号に対応できます。コントローラと信号変換器は、KSケーブルで一括配線できるので、配線も容易です。さらに、信号変換器によりチャネルごとの個別絶縁ができ、システムの信頼性/メンテナンス性が向上します。

信号変換器と自律型コントローラ接続事例

 

接続機器

STARDOM 自律型コントローラFCN KSケーブル 信号変換器JUXTA
I/Oモジュール アダプタ (*1) VJシリーズ
(取付ベース)
Dシリーズ
(適用ネスト)
NFAV141 アナログ入力モジュール
(1-5V 差動入力:16点)
ATK4A KS2 VJCE-011 DCE,DCE2,DCE3など
NFAV542 アナログ出力モジュール
(-10~+10V 出力:16点)
ATK4A KS2 VJCE-012 DCE,DCE2,DCE3など
NFAB841 アナログ入出力モジュール
(1-5V 差動入力:8点,
4-20mA 出力:8点)
ATV4A(*2) KS2 DCE,DCE2,DCE3など
ATM4A KS1 DME,DME2,DME3など

*1: KSケーブルのインタフェースアダプタの色はグレーです。FCNの色(STARDOMグリーン)と異なります。
*2: I/Oモジュール NFAB841の4-20mA 出力をアダプタが1-5Vに変換して出力します。

 

信号変換器JUXTA VJシリーズ/Dシリーズ

信号変換器
JUXTA
特長 備考
VJシリーズ 単体で設置し、チャネルごとに信号変換を行えるとともに、専用の取付ベースを使用すれば、省配線でJIS/EIA規格のラックへ簡単に取付可能です。 VJシリーズは、単独の実装も可能です。
供給電源は100-240V AC/DC または 12-36V DCが可能です。
Dシリーズ カード方式を採用し、JIS/EIA規格ラック取付用の収納ネストに実装して使用します。 I/Oモジュール NFAB841との組み合わせも可能です。
供給電源は24V DCのみです。
概要:

信号変換器JUXTAシリーズのディストリビュータを使用した各種フィールド機器と上位システム機器間の接続例をご紹介しています。

概要:

近年多様化する小規模計装システムでも、広域に点在する機器を監視することが多くなってきました。
信号変換器JUXTA VJシリーズの通信機能を利用し、当社のネットワークベース生産システムSTARDOMと接続する例をご紹介します。

前面についている黒いつまみが本体固定ねじとなっていますので、反時計回りに回して緩めてから抜いてください。
特に注意が必要なのは、定常入力と0%付近の入力が繰り返されるような直流入力をパルス変換し、積算カウンタ用に使用する場合は、Mシリーズ演算器MXD-Q(積算パルス出力)をご利用く...
可能です。 添付されていた抵抗を使用しないでそのまま配線を行ってください。
パルスリピータがございます。 例:VJP1、VJP8等
工場初期値で出荷されます。 警報種類や設定値はお客様にてハンディーターミナルやVJ77パラメータ設定ツールを使用して設定を行ってください。
弊社製避雷器は防爆対応品ではありませんので、ご質問の機器構成ではご利用いただけません。
一次遅れ演算器か移動平均演算器を使用するとノイズ対策効果があります。 本機能は信号変換器プラグイン形(Mシリーズ)、小形プラグイン形(VJシリーズ)または前面端子形(F/Wシリーズ)の...
リミッタ機能または、折れ線機能を使用すれば可能です。 リミッタ機能や折れ線機能は信号変換器(プラグイン形 (Mシリーズ)、小形プラグイン形 (VJシリーズ)、前面端子形 (F/Wシリーズ)...
放熱の関係で取り付け方向は決まっています。 横方向の取り付けはできません。
JUXTAはCCC規格に対応していますか?
(ns-faq-juxta-11038-other-ja)
JUXTAはCCC規格対象製品ではありませんが、中国でご使用いただけます。
250Ω程度(定格電力0.25W以上)の抵抗でショートさせておいてください。 抵抗が無い場合には単純なショートで構いません。
250Ω程度(定格電力0.25W以上)の抵抗でショートさせておいてください。 抵抗が無い場合には単純なショートで構いません。
端子台形の電流入力仕様のアイソレータには外付けの抵抗が付いてきます。入力端子に取り付けて使用してください。
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力配線の極性を確認してください。相手側機器のパルス仕様を確認してくださ...
ございます。仕様性能を満足するには10~15 分の通電を必要とします。
PCBは1975年に製造および輸入が禁止されました。JUXTAについては販売開始が1987年からとなりますので使用していないと判断しております。
バーンアウトOFF時は、検出電流を流しておりません。
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力配線の極性(+)、(-)を確認してください。テスタで入力端子電圧を測定してく...
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力配線の極性を確認してください。相手側機器のパルス仕様を確認してくださ...
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力の配線の極性(+)、(-)を確認してください。テスターで入力端子電圧を測定し...
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力の配線の極性PS(+)、(-)を確認してください。入力端子(-)とCOM間の電圧を測定...
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。入力端子に付属のRJCセンサが接続されていることを確認してください。入力端子...
供給電源の配線を確認してください。供給電源の電源電圧が仕様通りに来ているかを確認してください。Pt100入力仕様の場合は、入力端子のA-B間に100Ωの抵抗を接続し、入力端子のB-B...
VJシリーズでディストリビュータ(VJA1/H)、Dシリーズでディストリビュータ(DA7)とアイソレータ(DC7)をご用意しています。
プラグインタイプの変換器の場合には添付されます。また、別途ご購入も可能です。
電流パルス入力時に指定します。指定いただく抵抗値は、伝送器の仕様(主にオープンコレクタの定格電流)により決まります。 内部負荷抵抗は200Ω、500Ω、1kΩで伝送器供給電源仕様によ...
250Ω(4~20mADC)となります。ただし、一部演算器では100Ω入力もあります。
例えば、出力側のオープンコレクターの仕様が30V/30mAの場合には内部負荷抵抗は1kΩ(伝送器電源24V)を使用します。これにより0/24mAの電流パルスとなります。
IPTS-68: 1968年の国際規格でR100/R0=1.3850でJISでは1989年から1997年まで使用されましたが、現在この規格は使用されていません。 ITS90: 1990年の国際規格でR100/R0=1.3851でJIS97~現在の規格です。 JPt...
一般的な電圧入力タイプの機器の場合、入力インピーダンスは1MΩです。それに対して電圧出力の許容負荷インピーダンスは2kΩ以上となりますので接続台数は500台となります。
以下の長所があります。 ソケットと分離できるためパネル工事が変換器がなくても進められる本体だけの抜き差しで交換ができるためメンテがやりやすい配線を触らなくてよい...
設定変更の方法を教えてください。
(ns-faq-juxta-11006-setting-ja)
以下の設定ツールを使用して、変換器付属の取扱説明書記載の設定項目を変更可能です。 ハンディターミナル JHT-100、JHT-200ブレンインターミナル BT200 (別途ケーブルの用意が必要です)パ...
FシリーズとWシリーズは3ピンの専用ケーブル Dシリーズは5ピンの専用ケーブル VJシリーズとJシリーズとMシリーズの演算器は5ピンケーブル+モジュラー変換(E9786WH 別売り)となります。...
レンジ変更可能な機種であれば、JHT200と同様に可能です。ただし、標準添付のケーブル構成が異なりますので別途ケーブルの購入が必要となります。 3ピンケーブル:形番F9182ED 5ピンケ...
MQ0のレンジ変更はできますか?
(ns-faq-juxta-11004-spec-ja)
ご購入後のレンジ変更はできません。変更可能な機種としては、より小型なVJQ7があります。ただし、変更時には別売りの設定ツールが必要です。
VJT6のレンジ変更はできますか?
(ns-faq-juxta-11005-spec-ja)
ご購入後のレンジ変更はできません。変更可能な機種としてはVJU7があります。ただし、変更時には別売りの設定ツールが必要です。
一般的な電流入力タイプの機器の場合、入力インピーダンスは250Ωです。それに対して電流出力の許容負荷インピーダンスは750Ω以下となりますので接続台数は3台までとなります。
入力の断線が起きたときに上限か下限に振り切れますが、どちらに振り切れるかが不定です。
どのくらいの演算が組めますか?
(ns-faq-juxta-11027-spec-ja)
Fシリーズは30ステップ。 Wシリーズは40ステップです。 M/VJシリーズは59ステップです。
演算周期を教えてください。
(ns-faq-juxta-11028-spec-ja)
Mシリーズは50/100/200msからの選択です。 F/W/VJシリーズは100/200msからの選択です。(VJXSについては50ms対応可能です。)
形番:T9093FLです。なお、VJ用のソケットは脱落防止用のねじ穴加工がしてありますので、オムロン社製のソケットは使用できません。
バーンアウト時の出力はUP時は出力レンジの106%以上、DOWN時は-6%以下です。
全抵抗値≥ゼロ側抵抗値+スパン抵抗値の関係にあります。
オープンコレクタなので電源を乗せる必要があります。最大許容負荷の範囲内で乗せてください。 ...
10→90%のステップ入力を加えた時に出力が63%に達するまでの時間です。
63%応答時の時間に2.3倍したものが90%応答の時間に相当します。
時定数とは変換器の場合、応答速度を示しますが、伝達関数にするとOUT=IN×(1-e EXP(-t/T)) で表されます。 OUT:出力、IN:入力、e:自然対数、T:時定数、t:経過時間 経過時間が時定数の時...
バーンアウトの変更はできますか?
(ns-faq-juxta-11001-spec-ja)
マイコン搭載型の変換器であれば可能です。変更にはハンディーターミナルが必要です。(VJR6,VJT6,VJS2,MR6,MT6,MS2などは変更できません。)
カタログ
取扱説明書
一般仕様書
技術情報
外形図

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ