信号変換器と自律型コントローラ接続事例(リモートI/O)

概要

近年多様化する小規模計装システムでも、広域に点在する機器を監視することが多くなってきました。
信号変換器JUXTA VJシリーズの通信機能を利用し、当社のネットワークベース生産システムSTARDOMと接続する例をご紹介します。

下図は、信号変換器JUXTAとSTARDOMの自律型コントローラFCNの接続例です。【図1参照】

信号変換器JUXTA相互間はRS-485で通信を行い、JUXTAとFCN(上位機器)はRS-485/RS-232-C/Ethernetで接続します。
リモートI/O機能を利用すると広域にあるフィールド信号を簡単にFCNに集約することができます。

信号変換器と自律型コントローラ接続事例(リモートI/O)
図1. 信号変換器と自律型コントローラ接続事例(リモートI/O)

さらに、VJ取付用ベース(通信用) VJCE-01A を用いると、JUXTA(VJシリーズ)相互間の接続は不要になり、RS-485やEthernetで簡単にFCNに接続できます。【図2と図3参照】

VJ取付用ベース(通信用)を用いたリモートI/O(RS-485接続)
図2. VJ取付用ベース(通信用)を用いたリモートI/O(RS-485接続)

VJ取付用ベース(通信用)を用いたリモートI/O(Ethernet接続)
図3. VJ取付用ベース(通信用)を用いたリモートI/O(Ethernet接続)

接続機器

STARDOM 自律型コントローラFCN 通信 通信変換器 通信

信号変換器
JUXTA

NFCP501
NFCP502
CPUモジュール(Ethernet) Ethernet VJET
(Ethernet/RS-485 変換器)
RS-485 VJシリーズ
CPUモジュール(RS-232-C)*1 RS-232-C ML2
(RS-232-C/RS-485変換器)
NFLR111 RS-232-C 通信モジュール*1 RS-232-C ML2
(RS-232-C/RS-485変換器)
NFLR121 RS-422/RS-485 通信モジュール RS-485

*1: RS-232-C 通信モジュール(NFLR111)を用いると、FCNのCPUモジュールを二重化できます。
      CPUモジュール上のRS-232-Cポートを使用すると、FCNのCPUモジュールを二重化することはできません。

信号変換器JUXTA VJシリーズ(通信機能付き)

製品名称 形名 参照GS
アイソレータ(高機能形) VJH7 GS 77J01H07-01
ディストリビュータ(高機能形) VJA7 GS 77J01A07-01
ユニバーサル温度変換器(高機能形) VJU7 GS 77J01U07-01
ポテンショメータ変換器(高機能形) VJS7 GS 77J01S07-01
パルスレート変換器(高機能形) VJP8 GS 77J01P08-01
アナログ/パルス変換器(高機能形) VJQ7 GS 77J01Q17-01
ユニバーサル演算器(高機能形) VJX7 GS 77J01X07-01

関連製品&ソリューション

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

自律型コントローラ FCN-500

「高信頼」「機器統合」「ネットワーク」「エンジニアリング」「運用・保守」の5つのコアコンピタンスを引き継ぎ、さらに「より速く、より強く、よりスマートに」をコンセプトに進化した二重化システムを実現した最新コントローラです。

トップ