VJシリーズの警報設定器で警報種類や警報値を予め設定して出荷してもらえますか?

工場初期値で出荷されます。
警報種類や設定値はお客様にてハンディーターミナルやVJ77パラメータ設定ツールを使用して設定を行ってください。

関連製品&ソリューション

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

JUXTA VJシリーズ演算器

VJシリーズの演算器には、ユーザ指定プログラムをサポートしたモデルや、移動平均、むだ時間、一次遅れ/進み、等速応答、リミッタ、およびその他の各種アプリケーションをサポートしたモデルがあり、ワールドワイドに対応できる電源電圧や現場設定機能、またオプションとして第2出力を備えています。またVJX7は、オプションとして警報出力またはRS-485通信機能を備えることができます。

JUXTA VJシリーズ警報設定器

VJシリーズの警報設定器は、使いやすい機能を備えた6つのモデル(VJUK, VJHK, VJAK, VJTK, VJRK, VJMK)があります。

パラメータ設定ツール VJ77

パラメータ設定ツール VJ77は、マイコン搭載形JUXTAシリーズ信号変換器や演算器の各種パラメータやプログラムをパソコンから設定するためのソフトウェアパッケージです。

トップ