プラグイン変換器の長所を教えてください。

以下の長所があります。

  • ソケットと分離できるためパネル工事が変換器がなくても進められる
  • 本体だけの抜き差しで交換ができるためメンテがやりやすい
  • 配線を触らなくてよい

関連製品&ソリューション

JUXTA Mシリーズディジタル警報設定器MVHK/MVRK/MVTK

プラグイン形Mシリーズの警報設定器は、見やすい大型のLEDアクティブディスプレイを備え、警報動作の信頼性に優れています。

JUXTA Mシリーズ信号変換器

Mシリーズの信号変換器は豊富な入出力を備え、多様なアプリケーションに対応しています。プラグイン形のため計装計画がしやすく、現場での配線や保全が容易です。

JUXTA Mシリーズ演算器

Mシリーズの演算器には、ユーザ指定のプログラムをサポートするモデルと、アナログメモリ、ピーク/ボトムホルダ、移動平均、むだ時間、温圧補正などの各種アプリケーションをサポートするモデルがあります。

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

JUXTA VJシリーズ演算器

VJシリーズの演算器には、ユーザ指定プログラムをサポートしたモデルや、移動平均、むだ時間、一次遅れ/進み、等速応答、リミッタ、およびその他の各種アプリケーションをサポートしたモデルがあり、ワールドワイドに対応できる電源電圧や現場設定機能、またオプションとして第2出力を備えています。またVJX7は、オプションとして警報出力またはRS-485通信機能を備えることができます。

JUXTA VJシリーズ警報設定器

VJシリーズの警報設定器は、使いやすい機能を備えた6つのモデル(VJUK, VJHK, VJAK, VJTK, VJRK, VJMK)があります。

JUXTAシリーズ用アクセサリ

現場メンテナンス用のハンディターミナルなどJUXTAシリーズ用のアクセサリをご紹介しています。

統一信号用JUXTA Mシリーズ

Mシリーズの統一信号変換器は、共通計装信号用のプラグイン形信号変換器です。入出力信号レンジは、1 〜 5V DC または 4 〜 20mA DCです。

トップ