HART通信対応の信号変換器を使用したフィールド機器と上位機器間の接続

HART通信*1の信号は、従来から一般的にある 4~20mA DC のアナログ信号にディジタル信号を重畳して多数の信号を伝送する一方式です。

下図は、HART通信対応の信号変換器 VJA1/H をフィールド機器と上位DCS機器間に接続した事例です。

HART通信対応の信号変換器を用いると、フィールド機器から上位DCS側に対しては、制御用アナログ信号およびTAG等の計器情報を出力し、同時に記録計等の監視用機器へアナログ信号を出力することが可能です。
また、上位DCS側からフィールド側の出力機器(HART通信付調節弁など)に対しては、ゼロ点・スパンの調整、各種のパラメータ設定を行うことが可能です。(ただし、フィールド側機器およびDCS側がHART信号を送受信できる機能を有している必要があり、各種パラメータ等の設定内容は、HART通信を行う機器の仕様に依ります。)

HART通信対応の信号変換器を使用したフィールド機器と上位機器間の接続

※上記構成はネスト型変換器 Dシリーズ(DA7,DC7)でも可能です。

(*1)  HART(Highway Addressable Remote Transducer)通信
        HARTは米国のフィッシャー・ローズマウント社が提唱し、計装業界の制御用フィールドネットワークのオープン規格であり、現在では、HCF(HART Communication Foundation)が組織されています。
        信号形態はアナログ信号にデジタル信号を重ねて送る通信方式で世界で幅広く用いられています。

関連製品&ソリューション

JUXTA Dシリーズ信号変換器

Dシリーズは、DCS対応の信号変換器で、モジュラー形の信号変換器、豊富なI/O、および収納ネストからなります。JIS/EIA規格の収納ネストには、現場配線用の端子ブロック、DCS接続用のコネクタ、および通信用コネクタが設けられています。

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

トップ