食品など製造プロセスにおけるタンクのレベル制御とモニタリング

プロセスの自動化が進むにつれて、レベルの測定・制御の必要性も増大しております。
下図は、比重が一定の液体は下面にかかる圧力が液面の高さに比例することから、差圧伝送器を用いて圧力を測定して液位検出し、ディジタル指示調節計UT75Aに取り込み、タンクレベルを制御する例です。

また、信号変換器VJA7、VJU7、VJETを活用し、パソコン上のデータ収集ソフトウェアDAQWORXで、UT75Aの制御状態や、温度信号、流量のモニタリングも可能です。

タンクのレベル制御とモニタリング

業種

関連製品&ソリューション

DAQWORX

DAQWORXは、当社のほとんどのレコーダ、データロガー、温度調節計、計測器類に使用できるデータロギングソフトウェアです。

Ethernet/RS485通信変換器 VJET

VJETは、Ethernet通信が可能な上位機器とModbus/TCP プロトコルで接続し,RS-485通信可能な計器とModbus/RTUプロトコルで接続する小形プラグインタイプの通信変換器です

JUXTA VJシリーズ信号変換器

VJシリーズは小形でありながらプラグイン形で多様なアプリケーションに対応することができ、また高機能形はマイコン搭載の高性能を誇ります。第2出力に、アナログ出力、上限/下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することができます。入力範囲などの各種パラメータや演算プログラムは、(パラメータ設定ツールVJ77をインストールした)パソコンまたはハンディターミナル(JHT200)から設定・修正することができます。

高機能形ディジタル指示調節計(温調計) UT75A

ディジタル指示調節計 UT75Aは、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ