SENCOMスマートアダプタ SA11

測定現場改革 検出器のIoTを実現

豊富な機能・拡張性により、お客様のニーズや問題解決に柔軟に対応します。

SA11 SENCOM スマートアダプタは、多くの実績を誇る当社のアナログ液検出器に装着することで、デジタル対応検出器としての測定機能を提供する画期的なアダプタです。

SENCOM4.0をプラットフォームとしており、豊富な機能により、メンテナンスコストを削減します。 また、変換器の機能を集約した再利用可能なアダプタで、電極のみの交換が可能でコストと廃棄物の削減を実現した、人にも環境にもやさしい製品です。

小規模から大規模まで、将来の拡張性を含めたプロセス構成の変更に柔軟に対応でき、設備コストを低減できます。

組み合わせ可能な検出器 は、以下にある「詳細」タブをご参照ください。

画期的なアダプタ方式

画期的なアダプタ方式

多彩な拡張性により、現場に合わせたシステム構築が可能です

Variopinコネクタ付きアナログ検出器に装着するだけで、デジタル対応検出器へ
FLXA402 1台に最大5本の検出器を接続し、異なる液種を測定(BA11ジャンクションボックス使用)
測定対象は、pH/ORP、導電率、電磁導電率、溶存酸素

設置や配線コストを削減します

SDカードやBluetooth通信で設置コストを削減、各種通信機能(Ethernet、RS-485)で配線コストを削減、
Bluetooth通信によるモバイルでの設定調整も可能

豊富な機能でメンテナンス性が向上します

検出器をSA11に接続するだけで校正データなど検出器情報をアップロード、現場での校正は不要
機器健康診断機能による予防通知とメンテナンス時期予測で予防保全が可能

必要最小限の交換対応で環境にやさしい製品です

検出器、CPUメモリ、ケーブルは脱着が可能
交換は消耗部品の電極部分のみ

検出器、CPUメモリ、ケーブルは脱着が可能

革新的で人に優しい操作性です

検出器の種類を自動認識し、適切に設定
Wi-Fi付きタブレット(Field Mate)を使っての簡単なスタートアップや設定が可能


 

優れた拡張性

最大5本の検出器で同時測定

FLXA402のモジュール 2個、BA11 ジャンクションボックス 1個の使用で、最大で5本の検出器まで同時測定できます。

→ FLXA402 4線式液分析計の詳細はこちら

最大5本の検出器で同時測定

Bluetooth通信でモバイル対応

Bluetooth経由のモバイル機器で、状況確認・設定が可能です。
 

現場表示計との組み合わせでシンプルな構成にも対応

UM33A-S SENCOM用指示計との接続で、センサ測定値の表示と校正を行うことができます。
→ UM33A-Sの詳細はこちら

Bluetoothでモバイル対応

クラウドを使用した遠隔システムへの拡張性

拡張性は構内にとどまりません。クラウド使用で遠隔地での確認・操作も可能になります。

クラウドを使用した遠隔システムへの拡張性

組み合わせ検出器

SA11にVariopinコネクタ付きアナログ検出器を装着するだけで、デジタル対応検出器として使用できます。


一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8EFP/PH8ERP

長年に渡り多くの現場でご利用いただいている、高性能で信頼性の高い汎用検出器です。

→ PH8EFP/PH8ERPの詳細はこちら

一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8EFP

純水用pH検出器 PH8EHP

純水のpH測定の際に測定誤差となる影響を考慮して設計されている、信頼性の高いpH測定が可能な検出器です。

→ PH8EHPの詳細はこちら

純水用pH検出器 PH8EHP

pH/ORP検出器 FU20

主に農業集落排水、し尿処理施設向けのpH測定に実績のある検出器です。
衝撃と汚れに強い構造になっています。

→ FU20の詳細はこちら

pH/ORP検出器 FU20

導電率検出器 SC8SG

ボイラ灌水測定や水耕栽培での薬液測定、半導体・食品・医薬品・電力の純水の抵抗率測定などに使用されています。 測定可能範囲:0~0.5 μS/cmから0~1 S/cm

→ SC8SGの詳細はこちら

導電率検出器 SC8SG

導電率検出器 SC4AJ

半導体・食品・医薬品・電力の純水の抵抗率測定など、各種産業で幅広く使用されています。 測定可能範囲:0~0.5 μS/cmから0~5 mS/cm

→ SC4AJの詳細はこちら

導電率検出器 SC4AJ

関連製品


FLXA402 4線式液分析計

SA11に対応した4線式液分析計です。pH/ORP、導電率、電磁導電率、溶存酸素を計ることができます。

→ FLXA402 の詳細はこちら

FLXA402 4線式液分析計

WU11 SENCOMケーブル/WE10 SENCOM延長ケーブル

WU11:SA11をジャンクションボックスや上位機種に接続します。

WE10:周囲温度が高く直接SA11 SENCOMアダプタを接続できない場合やSA11と検出器が離れている場合に使用します。

詳細は → SA11と周辺機器の仕様書をご確認ください。

WU11 デジタル検出器と上位機種をつなぐSENCOM用ケーブル

SENCOM用指示計 UM33A-S

SA11 SENCOM スマートアダプタに接続する指示計です。
センサの測定値の表示と校正を行うことができます。

→ UM33A-Sの詳細はこちらをご確認ください。

SENCOM用指示計 UM33A-S

FieldMate 設定調整ツール

設定・調整用のPCやモバイルで使用するソフトウエアです。
Bluetooth通信により、SA11とインタフェースボックスBA11やFLXA402を介して検出器の設定・調整を行います。

詳細は→ FieldMateの仕様書をご確認ください。

FieldMate 設定調整ツール

IB100 インタフェースボックス

SA11 SENCOMスマートアダプタと接続します。Bluetooth通信でモバイルソフトFieldMateを使って設定調整ができます。

詳細は → SA11と周辺機器の仕様書をご確認ください。

IB100 インタフェースボックス
旧SENCOMとSA11付きアナログ検出器は、通信仕様が異なるため、1対1で置き換えることはできません。
はい、30分必要です。
はい、FieldMateの検出器設定で、SA11にタグを割り当てることができます。
使用できません。EMC認証に適応しているのは、WU11-Vタイプのみとなります。
SA11には横河製のIDチップ付きの検出器のみが接続できます。
いいえ、必要ありません。検出器は電源を切らずに接続できます。
電子機器とセンサが一体化した一般的なデジタルセンサと異なり、SA11は検出器と分離できますので、再利用可能です。
校正頻度は、通常のアナログセンサと変わりません。 25°Cおよび1 barの適度な環境のアプリケーションでは、通常、pH検出器は月に1回以上の校正は不要です。 また、これは、検出器を保管する場合も同じです。 最後の校正から4週間以内であれば、再校正は不要です。 ...
UM33A-Sの端子配置は下図をご覧ください。 FG端子(#306) はシールドと機器内部で接続されています。EMC およびコモンモードノイズを低減するため、FG は低い接地抵抗で接地してください。 WU11-Vタイプのケーブルではなく、WU11-Sタイプのケーブルを使用してください。 WU11ケーブルはUM33A端子に直接接続できます。 ...
SENCOM 4.0と通信するには、最新のFieldMate(3.04)バージョンへのソフトウェア更新を行う必要があります。
一度に最大4つの検出器となります。ただし、各検出器はSA11およびIB100インターフェイスボックスに接続する必要があります。 IB100とSA11検出器は、1体1で接続します。 ...
BA11には、FLXA402の背面に取り付け可能な取り付けブラケットが付属しています。 パイプと壁への取り付けも可能です。 FLXA402の背面に取り付ける場合は、1mのWU11ケーブルを使用することをお勧めします。 ...
SA11内に設定され、限界値を超えると、SA11はエラーを発生し、UM33A-Sが表示します。限界値は、FieldMateまたはFLXA402を使用して設定できます。
SA11を用いて、最大5つの検出器を分析計に接続することができます。1つのSENCOMモジュールには、BA11ジャンクションボックスを使用して、全部で4つのSA11+アナログ検出器を接続することができます。組み合わせについては、以下を参照してください。   Slot 3 アナログPH 検出器モジュール アナログSC 検出器モジュール アナログ電磁導電率検出器モジュール アナログドゥ検出器モジュール SENCOM SA ...
SPS24PCソフトウェアは、第1世代のSENCOM専用のソフトウエアで、SENCOM 4.0プラットフォームおよびスマートSENCOMアダプターでは動作しません。 SENCOM4.0で利用可能なソフトウェアは、FieldMateおよび無料校正ツールソフトウェアのみです。無料ツールは、横河のウェブサイトのSENCOM製品ページから入手できます。 ...
BA11ジャンクションボックスを使用しない場合、最長距離は100mになります。 BA11を使用すると、さらに100m延長することができ、最長200mになります。 ...
WU11は、SA11をFLXA402, UM33A-S, SMARTDAC+、またはその他のホストシステムに接続します。 WU11-…-Vは、FU20F, FU24F, SC25F と IB100を、 WU11-…-Sは、SA11, BA11, IB100 と –VS 付き検出器を接続します。 ...

製品概要

    概要:

    多くのお客様が製品のライフサイクル全体にわたり日々直面している課題 - 計画外の停止や装置の保守にかかる時間とコストなど - 横河電機のSENCOMスマートセンサ4.0プラットフォームはこれらの課題を解決し、コスト削減・効率を改善するように設計されています。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ