分離型ジルコニア式酸素濃度計 ZR402G,ZR22G

横河電機のジルコニア式酸素濃度計は、鉄鋼、電力、石油・石油化学、窯業、紙・パルプ、食品、繊維などのエネルギー消費の大きな産業界を始めとし、ゴミ焼却炉や中・小ボイラなど各種の燃焼設備で、燃焼管理・制御用として広範囲に使用されており、省エネルギーの面で大きな成果をあげています。また、酸素濃度管理・制御により完全燃焼を行いCO2 の削減、SOx、NOxの低減を図り地球温暖化防止・大気汚染防止など地球環境保全にも貢献しています。

分離型ジルコニア式酸素濃度計ZR402G、ZR22Gは、LCDタッチパネルを装備し、各種設定画面、校正画面、酸素濃度トレンド表示など操作性に優れた酸素濃度計です。検出器は、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、現場でヒータアセンブリを一式交換できます。
鉄鋼、電力、石油・石油化学などのエネルギー消費の大きな産業界を始めとし、ゴミ焼却炉や中・小ボイラなど各種の燃焼設備で、燃焼管理・制御用として広範囲に使用されています。

特長

ZR402G 変換器

  • 液晶タッチパネルで操作が簡単です。
  • 一機種で酸素濃度計あるいは高温湿度計のいずれかが選択可能です。
  • 対話型のため画面の指示に従い確実にやさしく操作できます。
  • 設定画面、酸素濃度トレンド画面、校正操作表示など豊富な各種表示モードでどなたでも自由に設定できます。
  • エラーNo.だけでなく内容が表示されるため、取扱説明書がなくてもエラーの状況が確認できます。
  • HART通信によるリモートメンテナンスが可能で、メンテナンスコストの削減になります。

 

ZR22G 検出器

  • プローブには、長寿命で信頼性の高いジルコニア検出器を使用しています。
  • 最大2.5 bar、700°Cまでの加圧ダクトで使用できます。
  • 現場でセンサとヒータ・アセンブリ一式の交換が可能で保守費用を削減できます。
     

標準仕様

測定対象 燃焼排ガスおよび混合ガス中(可燃性ガスを除く)の酸素濃度
測定方式 ジルコニア式
測定範囲 表示:0.01~100 vol%O2
測定ガス圧力 -5~+250 kPa
試料ガス温度 一般用: 0~700°C 
高温用: 0~1400°C
検出器挿入長 一般用: 0.4 m、0.7 m、1.0 m、1.5 m、2.0 m、2.5 m、3.0 m 
高温用: 0.15 m

 

特性

繰返し性 フルスケールの±0.5%
直線性 フルスケールの±1%
ドリフト ゼロ、スパンともフルスケールの±2%/月
90%応答時間 5秒以内

 

測定原理

ジルコニアのような固体電解質は、高温状態のとき、酸素イオンに対して導電性を示します。したがって、両面に白金系電極を付けた板状ジルコニア素子を加熱しておき、それぞれの面に酸素分圧の異なるガスを接触させると、酸素濃淡電池の作用を示します。つまり、酸素分圧の高いガスが接している方の電極を陰極、酸素分圧の低いガスが接している方の電極を陽極とすると、陰極側に接触しているガス中の酸素分子は電子を得てイオンとなり、ジルコニア素子内を移動して反対側の陽極に到達します。そして、ここで電子を放出して酸素分子にもどります。この反応によって生じる、二つの電極間の起電力E(mV )は、次のネルンスト(Nernst)の式から導くことができ、これにより酸素濃度を測定します。

式式
 

カタログ
取扱説明書
一般仕様書
技術情報
外形図

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ