ZR22G/ZR402G 分離型ジルコニア式酸素濃度計の測定ガスの条件について

  • 測定ガス温度:
    0~1400℃(700℃を超える場合は、高温用プローブアダプタが必要です。)
  • 測定ガス圧力:
    -5~250kPa(高温用の場合は0.5~5kPa)
    5kPa以上の場合は、圧力補正が必要です。

関連製品&ソリューション

分離型ジルコニア式酸素濃度計 ZR402G,ZR22G

LCDタッチパネルを装備し、各種設定画面、校正画面、酸素濃度トレンド表示など操作性に優れています。
検出器は、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、現場でヒータアセンブリを一式交換できます。
 

トップ