ZR22G/ZR402G 分離型ジルコニア式酸素濃度計の検出器の設置場所と取り付け時の注意事項について

検出器を設置する場所が適切でないと、正しい測定ができなかったり、短時間でヒータ断線やセンサを破損させたりすることがありますので注意が必要です。
検出器は、下記のような場所を選んで設置してください。

  • 点検や保守のしやすい所
  • 周囲温度が150℃以下で、端子箱部分に輻射熱を受けない所
  • 腐食性ガスがなく、清浄な雰囲気を保っている所
  • 振動のない所

下図に不適切な設置例および適切な設置例を示します。
検出器の設置に際しては、これらを参考にしてください。

設置例

関連製品&ソリューション

分離型ジルコニア式酸素濃度計 ZR402G,ZR22G

LCDタッチパネルを装備し、各種設定画面、校正画面、酸素濃度トレンド表示など操作性に優れています。
検出器は、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、現場でヒータアセンブリを一式交換できます。
 

トップ