ZR22G/ZR402G 分離型ジルコニア式酸素濃度計のシステム構成について

分離型ジルコニア式酸素濃度計のシステム構成は、大別して一般用検出器(測定ガス温度700℃以下)を用いたタイプと高温用検出器(測定ガス温度1,400℃以下)を用いたタイプとに分けられます。 さらに、それぞれ校正方法により3種類、合計6種類に分けられます。

システム構成の種類
システム構成の種類

比較ガスの取り入れ方には、検出器付近の空気を自然対流で取り入れる方法と、計装空気を使う方法とがあります。検出器付近の空気を使う方法は手軽ですが、下記に示すような問題がありますので、計装空気が用意できる場合は、計装空気を使うことを推奨します。

自然対流方式の場合:
取り入れる空気の湿度や気圧変動の影響を受けます。
湿度や気圧が大きく変動すると、測定誤差を生じますので注意が必要です。

計装空気を使う場合:
露点温度-20℃以下で除湿し、オイルミストおよびダスト類を除去した空気を使用してください。

(1)タイプ:L1 (検出器:一般形、校正方法:簡易形)
最もシンプルな機器構成で、パッケージボイラなどで使用されます。
比較ガスは、設置場所付近の空気を取り入れます。
校正は手動で、ゼロガスおよびスパンガス(空気)は、スタンダードガスユニット経由で検出器に導入します。

タイプL1の場合のシステム構成図

タイプL1の場合のシステム構成図

(2)タイプ:L2 (検出器:一般形、校正方法:手動校正)
制御目的および高精度測定用として、大型ボイラや加熱炉などで使用されます。
比較ガスは、計装空気を使用します。
校正は手動で、ゼロガス(ボンベ)およびスパンガス(計装空気)は、流量設定器経由で供給します。

タイプL2の場合のシステム構成図

タイプL2の場合のシステム構成図

(3)タイプ:L3 (検出器:一般形、校正方法:自動校正)
制御目的および高精度測定用として、大型ボイラや加熱炉などで使用されます。
比較ガスは計装空気を使用します。
校正は変換器からの指令に基づき、自動校正ユニットを作動させて実施します。

タイプL3の場合のシステム構成図

タイプL3の場合のシステム構成図

(4)タイプ:H1 (検出器:高温形、校正方法:簡易形)
高温形で最もシンプルな機器構成です。パッケージボイラなどで使用されます。
比較ガスは、設置場所付近の空気を取り入れます。
校正は手動で、ゼロガスおよびスパンガス(空気)は、スタンダードガスユニット経由で検出器に導入します。

タイプH1の場合のシステム構成図

タイプH1の場合のシステム構成図

(5)タイプ:H2 (検出器:高温形、校正方法:手動校正)
制御目的および高精度測定用として、大型ボイラや加熱炉などで使用されます。
比較ガスは、計装空気を使用します。
校正は手動で、ゼロガス(ボンベ)およびスパンガス(計装空気)は、流量設定器経由で供給します。

タイプH2の場合のシステム構成図

タイプH2の場合のシステム構成図

(6)タイプ:H3 (検出器:高温形、校正方法:自動校正)
制御目的および高精度測定用として、大型ボイラや加熱炉などで使用されます。
比較ガスは、計装空気を使用します。
校正は変換器からの指令に基づき、自動校正ユニットを作動させて実施します。

タイプH3の場合のシステム構成図

タイプH3の場合のシステム構成図

関連製品&ソリューション

分離型ジルコニア式酸素濃度計 ZR402G,ZR22G

LCDタッチパネルを装備し、各種設定画面、校正画面、酸素濃度トレンド表示など操作性に優れています。
検出器は、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、現場でヒータアセンブリを一式交換できます。
 

トップ