ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

横河ソリューションサービス株式会社

ASTPLANNER

Solution Trends

ソリューション動向

生産計画をスケジューラで立案することで、表計算ソフトや基幹業務システムでは行き届かない製造現場の制約への対応や、生産の見える化を促進できます。


さらに昨今では、スケジューラによる計画情報を、さまざまな切り口で分析し、その特性や傾向から、将来のあるべき生産スタイルをデザインしようとする取り組みも始まっています。

スケジューラの高度な活用

スケジューラは、通常、基幹業務システムと連携して、生産リソースに対する有限能力展開(山崩し)を行って、正確な日程計画を立案します。


多品種少量、かつ製品のライフサイクルも短命化した昨今、スケジューラを利用して、短いタクトで生産計画をローリングし、ムダ、ムリを排除した日程計画を素早く立案することは、高効率な生産を維持、遂行するうえで、不可欠な業務といって過言ではないでしょう。

そのようなルーチン利用の側面に加え、最近では長期シミュレーションや、生産スタイルを改善するためるための解析ツールとしての利用も着目されています。

YOKOGAWAの取り組み

ASTPLANNERでは、新たにAnalyzer(アナライザ)と呼ぶオプション機能を追加しました。


Analyzerは立案済みのすべての生産計画情報に対し、さまざまな切り口で集計し、グラフ化もできる機能です。 KPI指標はタグに自由に定義付けでき、かつ集計対象には内蔵マクロを柔軟に設定できるので、グラフ化する情報に制限はありません。

新機能 Analyzer

様々な視点で生産の最適化を支援

日常業務で使用できる精度の高さは、必ずしも実行とリンクする必要はありません。予測される変化、「~したら」「~すれば」に対し、裏付けのあるシミュレーションを行うことができます。


また、ガントチャート全体を俯瞰することで、ボトルネック、ブルウィップ効果の解消や、ロットサイズの適正化等、全体最適に向けた考察が可能です。さらには、膨大な生産計画結果を、いわゆるビッグデータとして統計解析することで、需要やPSIバランス(製造・販売・在庫バランス)に対して予測することも可能です。

様々な視点で生産の最適化を支援
ブルウィップ効果
消費者の需要変化が生産者に伝わったときに、その変動幅が拡大され、過剰な在庫や欠品をもたらす現象。もともとは「鞭」の意味で、手元では少しの振りでも先端にいくと大きな振りとなることが語源。

ページのトップへ


TOP