ダイト株式会社 PMS・MESソリューション

法規制を準拠し、委託元メーカーの品質管理要求に対応。少量多品種生産を支援します。

生産管理から販売管理、原価管理までの一気通貫を実現しました。YOKOGAWAは品質管理や自動倉庫管理など、他システムとの連携にも期待されています。


ダイト株式会社

ダイト株式会社

1942年6月設立。
ダイト株式会社は大小さまざまな医薬品メーカーの製品を製造受託しています。あらゆるスケールの生産ラインを用意し少量多品種の生産に対応しています。

INDEX


導入の背景と選定理由

 導入の背景

医薬業界は法規制が厳しく、医薬業界向けのシステムはバリデーションの実施記録をドキュメントとして揃えることが必須であり、法規制に準拠した仕組みを独自に構築するのは作業的にもコスト的にも困難でした。
製造受託する医薬品メーカーの査察にも迅速・柔軟に対応でき、かつ製剤300品目、原薬80品目という少量多品種生産への対応が必要でした。

   医薬業界での実績を評価して CIMVisionPMS (mcframe))を採用

管理本部情報管理部部長 森本功様
管理本部 情報管理部
 部長 森本功氏

基幹システムリニューアルのタイミングを図っていましたが、CSV (Computerized System Validation) に係わる新ガイドライン(2010年10月発出)を先取りして、それに沿った新システムに入れ替えることが決まり販売管理も含めて基幹システムもリニューアルすることを決めました。

CIMVisionPMS (mcframe)の採用を決めた最大の理由は医薬品業界での実績でした。またYOKOGAWAには以前より秤量管理システムを提案してもらっていましたが、秤量管理システムだけを新しくしても効果が少ないので、生産管理や販売管理、原価管理とあわせて入れ替えたいと思っていました。

 

   厚生労働省のガイドラインに対応できるかがポイント

パッケージの機能としては、厚生労働省から発表された新ガイドラインに対応できるかどうかが最大の評価ポイントでした。

評価した時点では完全にガイドラインに対応できているパッケージはありませんでしたが、将来性も含めて検討した結果、mcframe & CIMVisionとYOKOGAWAの組み合わせが最適と判断しました。また、将来的にも安心な CIMVisionPMS(mcframe)の無期限サポートも高く評価しました。

さらに他社の提案は複数のパッケージ製品を組み合わせたものが多かったのに比べ、CIMVisionPMS (mcframe)の販売管理、生産管理、原価管理を中核に、秤量管理、品質管理、倉庫管理まで、一つのシステムとして提案されたことも理由の一つです。特に医薬業界におけるYOKOGAWAの実績は高く評価しました。

       信頼性保証部品質保証室 室長 上川浩様
       信頼性保証部 品質保証室
       室長 上川浩氏 

 

導入時のポイント

  • “少量多品種”が生産ライン最大の特長
  • 300品目以上の原材料や中間製品のマスターを用意
  • ツールで旧システムからマスターデータを移行

マスター登録に関してはこれまでのシステムの入れ替えではデータを手作業で登録していたので、旧システムからツールを使ってデータを移行できたのは便利でした。また今回、秤量工程を生産管理から離せたので、秤量工程でも生産工程でも原料管理や材料管理ができるようになり、作業料が軽減されたことは現場で高く評価されています。

       生産本部生産管理部生産管理課 課長代理 竹内美千代様
       生産本部 生産管理部 生産管理課
       課長代理 竹内美千代氏 

 

導入効果

 法規制への対応で受託先の査察も安心

CIMVisionPMS (mcframe) の導入により法規制に完全に準拠できた。受託先医薬品メーカーなどのユーザー査察でも「ガイドラインに準拠しています」と自身を持って言えるのは大きなメリットです。(上川様)

 データの変更履歴のトレースで急な査察にも対応

生産本部生産管理部生産管理課 課長代理 赤井聡様
 生産本部 生産管理部 生産管理課
課長代理 赤井聡氏
 

必要なデータをExcelに出力して自由に加工できるので便利です。また、誰が、いつ、何を変えたかをトレースできるようになったので、監査にも容易に対応できます。

さらにこれまでの原価管理では複数のシステムからデータを抽出して計算しなければなりませんでしたが、CIMVisionPMS (mcframe)では必要なデータが統合されているので、今後、原価管理やデータ分析に活用したいです。

 データの統合により試験の進捗管理が容易に

生産管理システムを使って原薬生産のための原料の手配や試験の進捗確認などを行っています。

CIMVisionPMS (mcframe) では、生産部門のデータと品質部門のデータを一つのシステムで確認できるので、試験の進捗確認が容易になりました。

       生産本部原薬製造部 栗山敬宣様
       生産本部 原薬製造部
       栗山敬宣氏

 

システム概要図

 

これからの構想

 生産統合管理システム構築に向けて -品質管理システム・自動倉庫管理システム導入-

製薬業界を取り巻く環境は刻々と変化しており、この変化にタイムリーに対応するためには業務管理レベルをさらに向上させていく必要があります。

  • 品質管理システム「CIMVisionLIMS」導入による試験記録の完全性を保証する仕組みの構築。
  • 自動倉庫統合管理システム「MaterialStream」の導入により、入出庫オペレーションを統一。原材料の個装管理に対応。

これらのシステムは CIMVisionPMS (mcframe) と連携、データの一元化を実現し、情報の精度向上、処理の迅速化をさらに加速させます。

 

お客様プロフィール

社名 ダイト株式会社
本社所在地 富山県富山市
事業内容 原薬、ジェネリック医薬品、OTC 医薬品、配置薬や健康食品の生産・販売、医薬品の受託製造、海外への輸出など
URL http://www.daitonet.co.jp/

業種

関連製品&ソリューション

CIMVisionPMS(mcframe)

CIMVisionPMS(mcframe)は、変化に強く柔軟なカスタマイズ指向の生産・販売・原価統合ソリューションです。内部統制機能を強化しユーザID管理や画面ごとに操作権限の設定など、IT全般統制、業務統制に対応します。

MESソリューション

リアルタイムに発生する製造データ、製造オペレーションを管理することで効率的生産活動に貢献します。

PMSソリューション

経営視点での生産・原価管理に強いERPと生産スケジューラなど、業種にフォーカスした基幹業務ソリューションを提供します。

情報ソリューション

YOKOGAWAの情報ソリューションは「現場-経営 直結ソリューション」をコンセプトに、制御機器からMES・ERPまで製造業務のトータルソリューションを提供します。

生産管理システム

経営視点での生産・原価管理に強いERPと生産スケジューラなど、業種にフォーカスした基幹業務システムを提供します。

製造実行管理システム

リアルタイムに発生する製造データを可視化・共有化することできめ細かい生産を支援する製造管理システムを提供します。

トップ