横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

分離型ジルコニア式酸素濃度計ZR22G, ZR802G

Opex削減に貢献、サンプリング装置不要で酸素濃度を連続測定します。

当社のジルコニア式酸素濃度計は、エネルギー消費の大きな産業:鉄鋼/電力/石油/石油化学/窯業/紙・パルプ/食品/繊維から、ゴミ焼却炉や中小ボイラなど、各種燃焼設備の燃焼管理/制御用として、多くの実績があります。

本ジルコニア式酸素濃度計は、直接挿入形のZR22G検出器とZR802G変換器で構成され、サンプリング装置を使うことなく酸素濃度を連続測定します。

検出器ZR22Gは、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、700℃までの測定ガスに対してダイレクトに測定することができます。
また、変換器ZR802Gは、各種設定画面、測定値のトレンド表示、校正画面などの表示機能を備えており、対話型のLCDタッチパネルで操作できます。自動校正ユニットZR40Hを使用することで、校正を完全自動化することも可能です。

酸素濃度管理・制御によりCO2の削減、SOx、NOxの低減を図り、地球温暖化防止・大気汚染防止など地球環境保全に貢献し省エネルギー、OPEX削減を進めます。

ジルコニア式酸素濃度計の導入メリット

サンプリング装置が不要

ダクトに直接設置して測定することができるため、リアルタイムの測定が可能で、設置スペースを削減できます

現場で簡単メンテナンス

検出器のセンサアセンブリを現場で一式交換可能で、保守工数が削減できます

センサの劣化診断でダウンタイムを回避

センサの劣化を診断できる機能を搭載していますので、センサ交換タイミングを把握でき、高稼働率を維持できます

データログ機能で確実にデータを保存

エラー、アラーム、校正、簡易セル抵抗値などの履歴保存することができるため、トラブル時の迅速な診断および早期復帰に貢献できます

各種通信機能により拡張性アップ

HART7および Modbus TCP、Modbus RTU のデジタル通信機能を搭載しており、用途に合った設置やメンテナンス方法が選択できます

 

アプリケーション例

  • 大型および中小型ボイラ(電力用ボイラ他:重油、ガス、石炭等)
  • 各種工業炉(石油・製鉄用加熱炉、石炭キルン等)

 

産業用IOT(IIOT)で新たな価値創造

自己診断、詳細アラーム情報などを、通信機能を用いて最小限の人員でプラント管理できます。

産業用IOT(IIOT)で新たな価値創造

詳細

標準仕様

測定対象 燃焼排ガスおよび混合ガス中の酸素濃度
測定方式(検出器部) ジルコニア式(検出器ZR22G)
測定範囲 0.01~100 vol% O2
測定ガス温度 0~700℃、700~1400℃(ZO21P:高温用プローブアダプタ使用時)
測定ガス圧力 -5~+250kPa
検出器挿入長 0.15、0.4、0.7、1.0、1.5、2.0、2.5、3.0 m
デジタル通信 HART7 通信(AO1、負荷抵抗250−550Ω)
Ethernet(Modbus TCP)
RS-485(Modbus RTU)

 

特性

繰り返し性 ± 0.5% F.S.(0–5 vol%O2 以上、0–25 vol%O2 未満のレンジ)
± 1% F.S.(0–25 vol%O2 以上、0–100 vol%O2 までのレンジ)
直線性 ± 1% F.S.(0−5 vol%O2 以上、0–25 vol%O2 未満のレンジ)
± 3% F.S.(0–25 vol%O2 以上、0–50 vol%O2 未満のレンジ)
± 5% F.S(0–50 vol%O2 以上、0–100 vol%O2 のレンジ)
ドリフト ゼロ、スパン共 ± 2% F.S. / 月
応答時間 5 秒以内 90% 応答

構成例

基本システム構成例

関連情報

ドキュメント&ダウンロード

ニュース

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ