磁気式酸素濃度計 MG8G

MG8G非防爆形磁気式酸素濃度計は、酸素が磁石に引き寄せられる性質を利用して混合ガス中の酸素濃度を測定するものです。
ジルコニア式酸素濃度計では測定できない可燃性ガスを含む混合ガスも測定できます。適切なサンプリング装置と組合せて使うことで、高温、高圧のプロセスガスも測定できます。
センサは長年の経験と実績に基づいた全く新しい構造の磁気流量比方式検出器です。変換器は操作性、信頼性に優れています。

特長

測定ガス性状に関係なくセンサは長寿命

検出部のセンサには常に清浄な補助ガス(N2)が流れ、プロセスガスは流れませんので、プロセスガス中の汚れや腐食性ガスの影響を全く受けず長期にわたり安定な出力が得られます。

90%応答は3秒以内

高感度・高速応答のサーミスタが直接補助ガスの変化を検出するため、瞬時に応答します。

可動部のない構造

可動部がなく耐振性、耐衝撃性に優れています。

干渉ガス補償機能

ガス密度の違いを利用して、1種類(または混合比の変わらない多成分ガス)の干渉ガスについて補償機能を持っています。

大型で見やすいディスプレイ

大型LEDで酸素濃度、検出器の恒温槽温度、セル出力等も表示できます。

便利なワンタッチ校正/省力化の自動校正

酸素濃度値をエントリした校正ガス(ゼロ、スパンガス)を流し、校正ボタンスイッチを押すだけで校正できます。

多彩な自己診断機能

センサ部エラー、アナログ部エラー、恒温部温度エラーなどの5種類のエラー内容が具体的に表示されるので、対策が敏速にとれます。

標準仕様

測定対象 混合ガス中の酸素濃度
測定方式 磁気流量比式(磁気式)
測定範囲 0-5 ~ 0-25 vol%O2
レンジ内では3レンジまで、1 vol%O2単位で設定可能

 

特性

繰返し性 スパンの±1%以下
直線性 スパンの±1%以下
応答速度 90%応答3秒以内
ゼロドリフト スパンの±1.5%以下/WEEK
スパンドリフト スパンの±2%以下/WEEK
温度ドリフト スパンの±1.5%以下/10 °C

 

測定原理

測定原理

サンプルガス中にO2分子が含まれていない場合は、補助ガスの左右の流量は等しく、QR=QLとなります。O2分子が含まれていると、磁界の発生側の流量QLは、磁界がサンプルガス中のO2分子を引き付けることにより生じる補助ガス流通路両端の圧力変化により減少し、QR>QLとなります。その流量差△Q=QR‐QLは、サンプルガス中のO2濃度に比例するので、各々の流量をサ-ミスタで測定して差をとりO2濃度信号に換算します。
 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ