MG8G/MG8Eの校正の概要について

MG8G/MG8E磁気式酸素濃度計の校正は、酸素濃度が0%のゼロ校正ガス(窒素ガス)と酸素濃度値が明確なスパン校正ガスを使用し、2点で合わせこみを行います。
下図において、校正時に得られるセンサ起電力p1、p2より、センサ起電力と酸素濃度の比が求められます。

センサ起電力と酸素濃度の比を求める式

測定ガスを流した時のセンサ起電力をpsとすると、測定ガスの酸素濃度csは、下式で求めることができます。

測定ガスの酸素濃度csを求める式

校正とは、kを求めることをいいます。

<センサ起電力と酸素濃度の関係>

センサ起電力と酸素濃度の関係

なお、ゼロ校正のみを行った場合は、ゼロ点の合わせこみが行われるだけで、センサ起電力と酸素濃度の比 k は前回の値が使われます。

関連製品&ソリューション

磁気式酸素濃度計 MG8E(防爆形)

耐圧防爆構造対応の磁気式酸素濃度計MG8Eは、可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。
測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定を実現します。ゼロ付近の指示安定で、安全管理用など低濃度測定に最適です。

磁気式酸素濃度計 MG8G

長年の経験と実績に基づいた磁気式酸素濃度計です。可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定が可能です。耐震性・耐衝撃性に優れた構造となっています。

トップ