MG8G/MG8Eの干渉ガス中の酸素濃度測定について

A11 MG8G/MG8E 磁気式酸素濃度計は、酸素ガスの強常磁性を利用して酸素濃度を測定しています。
一方、酸素ガス以外のガスも酸素にガスに比べれば非常に小さいですが、多少の常磁性を持っています。したがって、実際の測定にあたっては各種のプロセスガスの磁化率の違いによる干渉誤差が発生します。この誤差は、0-1%のような低濃度レンジでは、問題になることがあります。
MG8G/MG8E 磁気式酸素濃度計では、これらプロセスガスの持つ常磁性による干渉誤差を、測定ガスと比較ガスとの密度の違いを利用して打ち消すことができるようになっています。
MG8G/MG8E 磁気式酸素濃度計は、あらかじめお客様の測定ガスの磁気特性と密度により、最終調整時にセルの角度(姿勢)を調製して出荷します。このセル角度(姿勢)は内蔵している水準器(ガラス管に気泡が入ったもの)で記憶させます。
お客様の現場に設置した時、この水準器の目盛りがちょうど中央になるように回転ノブを回して調整し、工場出荷前に調整した状態にします。
干渉ガス中の酸素濃度測定の可否については、下表を参照してください。

干渉ガス中の酸素濃度測定の可否

関連製品&ソリューション

磁気式酸素濃度計 MG8E(防爆形)

耐圧防爆構造対応の磁気式酸素濃度計MG8Eは、可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。
測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定を実現します。ゼロ付近の指示安定で、安全管理用など低濃度測定に最適です。

磁気式酸素濃度計 MG8G

長年の経験と実績に基づいた磁気式酸素濃度計です。可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定が可能です。耐震性・耐衝撃性に優れた構造となっています。

トップ