磁気式酸素濃度計 MG8G形とMG8E形の使い分けについて

磁気式酸素濃度計は、一般用のMG8G形と耐圧防爆構造(Exd Ⅱ BT4X)のMG8E形があります。主に、防爆が必要かどうかで使い分けますが、非防爆の場合でも測定レンジが0~5vol%O2未満が必要なアプリケーションではMG8E形を使用します。
MG8G形とMG8E形の使い分けは、下表を参照してください。

MG8□形 磁気式酸素濃度計適用基準(接地場所雰囲気・測定ガス)
MG8□形 磁気式酸素濃度計適用基準(接地場所雰囲気・測定ガス)

関連製品&ソリューション

磁気式酸素濃度計 MG8E(防爆形)

耐圧防爆構造対応の磁気式酸素濃度計MG8Eは、可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。
測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定を実現します。ゼロ付近の指示安定で、安全管理用など低濃度測定に最適です。

磁気式酸素濃度計 MG8G

長年の経験と実績に基づいた磁気式酸素濃度計です。可燃性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を高感度に測定します。測定ガスに非接触のため、腐食性ガスや汚れの影響を受けず長期に安定した測定が可能です。耐震性・耐衝撃性に優れた構造となっています。

トップ