ジルコニア式酸素濃度計アベレージングコンバータ AV550G

ジルコニア式酸素濃度計は、鉄鋼、電力、石油、石油化学などのエネルギー消費の大きな産業を始めとし、ごみ焼却炉や中・小ボイラなど各種の燃焼設備で、煙道排ガス中の酸素濃度を測定し、この酸素濃度を最適化する、いわゆる“排ガスO2燃焼制御”用として使用されており、燃料コストの削減、省エネルギーの面で大きな成果をあげています。
しかしながら、バーナ個々の燃焼特性や燃焼状態の差異等によってはボイラ各負荷域ごとにエコノマイザ出口ダクト内での酸素濃度分布の偏りや濃度差が生じます。このため炉内複数点の排ガス中の酸素濃度を測定し、この酸素濃度を最適化することにより、燃焼効率の向上が期待できます。

AV550G形アベレージングコバータは、最大8点までの酸素濃度検出器が接続でき、イニシャルコスト、メンテナンスコストの削減ができます。また、複数個の酸素濃度信号の2グループ算術平均値、その2グループの平均値(計3平均値)および最大8ポイントの個別出力値を出力できますので、最適燃焼管理・制御が可能です。
電力・産業用大型ボイラまたは各種工業炉での燃焼管理・制御用として最適のアベレージングコンバータです。

特長

  • 最大8台のZR22G検出器を接続することができ、設置コスト・メンテナンスコストの削減ができます。
  • チャネル毎データ8出力と平均値データ3出力の合計11データを同時トレンド表示します。
  • タッチパネル付5.7インチ大型カラーLCDにより操作性に優れています。
  • チャネルカードの拡張が容易です。
  • 測定ポイントの2グループ算術平均値出力、2グループ平均値出力および各測定点毎の個別出力が可能です。
  • 電源ON状態での検出器の点検、保守(ホットスワップ)ができます。
  • ジルコニアセルの交換時期および校正時期の予測による高信頼性。
  • 校正時の配管内ドレインによるセル破損を防止するパージ機能を装備しています。
  • 信頼性が高く、各種海外規格(CE、CSA、UL)を取得しています。

標準仕様

測定対象 燃焼排ガスおよび混合ガス中(可燃性ガスを除く)中の酸素濃度
検 出 器 ZR22G、ZO21D、ZO21DW
検出器数 1~8台

 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ