横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

SLMP通信を用いて、SMARTDAC+GX/GP/GMの入出力チャネルデータをSLMPサーバ機器に書き込む場合、入出力チャネルの先頭チャネル,最終チャネルは、どのように設定したらよいですか?

SLMP通信を用いて入出力チャネルデータを書き込む場合、SLMP通信コマンドの先頭チャネル、最終チャネルは、同一モジュール内のチャネルを指定してください。
複数のモジュールのデータを書き込む場合は、モジュール毎にコマンド番号を分けてください。

例: CH0001~CH0210の30ch分を書き込む場合
   コマンド場号1: CH0001~CH0010
   コマンド番号2: CH0101~CH0110
   コマンド番号3: CH0201~CH0210

関連製品&ソリューション

  • データアクイジション システム GM

    SMARTDAC+ データアクイジションシステム GM は、簡単に必要なモジュールを自由に組み合わせられるYOKOGAWA独自のブロック構造を採用した、汎用性と拡張性に優れたデータロガーです。設置後もすべてのモジュールが独立して着脱できるため、メンテナンス性にも優れています。

    さらに見る
  • ペーパレスレコーダ GP10/GP20

    SMARTDAC+ GP10/GP20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、ポータブルタイプ、のペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。AIを標準搭載したレコーダです。

    さらに見る
  • ペーパレスレコーダ GX10/GX20

    SMARTDAC+ GX10/GX20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、パネル取付タイプのペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。AIを標準搭載したレコーダ(記録計)です。熱処理や医薬規制 データインテグリティなどの厳しい規格にも対応した機器です。

    さらに見る

トップ