横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

pH検出器における内部液(KCl溶液)の濃度と消費量について

一般用pH検出器には、内部液としてKCl溶液が使われています。KClとは塩化カリウムのことで、食塩に似て水によく溶けます。内部液(KCl溶液)の濃度は、検出器の種類により異なります。

検出器の種類 KClの濃度
KCl補給形pH検出器(PH8EFP)
純水用pH検出器(PH8EHP)
3.3mol/L (0℃飽和濃度)
KCl拡散形pH検出器(PH8ERP)  約 4mol/L (20℃飽和濃度) 

KClは、温度によって水に溶ける割合(溶解度)が大きく変わります。
例えば、KCl補給形pH検出器のKCl溶液の濃度は3.3mol/Lですが、これは0℃での飽和濃度です。0℃以下では、結晶が析出しシャーベット状になります。また,-11℃以下では凍結しますので、寒冷地での使用には注意が必要です。
KCl溶液は、測定中に測定液の中に流出して消耗します。KCl補給形pH検出器の場合の流出量は、0.5~3mL/day(常温、10kPaのとき)です。
標準のKClリザーブタンクの容量は250mLですので、70日以上補給なしで測定可能です。

関連製品&ソリューション

一般用 pH検出器/ORP検出器 PH8ERP, PH8EFP, OR8ERG, OR8EFG

耐食性・耐熱性・機械的強度に優れ、中規模の排水処理プラントの水質管理などや幅広いアプリケーションに対応するpH検出器です。TIIS防爆対応。SA11 SENCOM スマートアダプタを付けることで、デジタル通信も可能です。

純水用pH検出器 PH8EHP

各種ボイラや半導体プロセスで使用される純水測定に信頼性の高いpH検出器です。SA11 SENCOMスマート アダプタを装着することで、デジタル通信に対応します。

トップ