横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

サンプリング周期1msの多チャネル同期測定

燃焼器の試験における温度と圧力の監視

 

概要

ロケットのエンジンなどの研究開発の試験では、温度や圧力などの測定を行います。
そのエンジンの性能評価において、多数のセンサを高速にデータ収集し、試験を行います。
アナログセンシングユニット VZ20X は、様々なセンサを1台で測定ができます。さらに多チャンネルのデータを時刻同期して、収集可能です。

R&D for Rocket
ロケットの研究開発

お客様のメリット

  • VZ20XおよびデータロギングソフトウェアGA10※により、サンプリング周期1ms/40 チャネルの同期測定をエンジニアリング費を抑え安価に実現できます
    ※1ms同期測定を行うには/DMオプションが必要です。

問題点/要求事項

  • サンプリング周期 1msでの測定が必要
  • 1回のテスト時間は5~10秒程度で、40チャネルの同期測定が必要
  • あまり予算がない

ソリューション

  • GA10※で、デイジーチェーン接続された複数のVZ20Xから収集した同期の取れた高速測定データを1つのデータファイルにまとめます
  • 5台のVZ20XをデイジーチェーンでGA10※に接続することにより、サンプリング周期 1ms/40チャネルのデータ収集が可能です
    ※/DMオプションが必要です。

特長

  • GA10とVZ20Xの組み合わせで比較的安価にシステム構築が可能

Monitoring for equipment

推奨製品

  • マルチセンシングリモートI/O アナログセンシングユニット VZ20X
    システム構築のためのサンプルプログラムをご紹介しています。
  • データロギングソフトウエア GA10
    60日間無償トライアルバージョンでお試しいただけます。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

関連製品&ソリューション


トップ