フィルム製造装置のデータ収集・監視

プラスチックフィルム製造装置内部の各部温度制御とデータ収集を行います。
Ethernet対応機器とパッケージソフトウェアDAQWORXの活用で、手軽かつコストパフォーマンスの高いデータ収集・監視システムを実現します。

フィルム製造装置のデータ収集・監視

  • Ethernet対応のディジタル指示調節計(UT35A)やデータアクイジションユニット(MX100)を使用することで、制御データや計測データを手軽にパソコンへ転送できます。
  • UT35AのEthernetゲートウエイ機能により、周囲のEthernet非対応調節計(UT32AのデータもEthernetアクセスを可能にします(機器同士はRS-422/485通信で接続します)。
  • データ収集・監視ソフトウェアDAQWORXにより、異機種(ディジタル指示調節計UT35A/UT32A、データアクイジションユニットMX100)に対するデータ収集・監視システムを、ノンプログラミングで実現します。独自ソフトウェアを開発する場合に比べ、導入費用・導入期間の両面で、圧倒的なコストメリットがあります。

業種

関連製品&ソリューション

DAQMASTER™シリーズ MX100

モジュール構成による柔軟な機能拡張性、イーサネットによる高速通信(100Base-TX)と 省配線、配線距離に制約されない設計自由度で、測定環境に最適なデータロギングシステムを構築できます。

DAQWORX

DAQWORXは、当社のほとんどのレコーダ、データロガー、温度調節計、計測器類に使用できるデータロギングソフトウェアです。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT35A/UT32A

ディジタル指示調節計 UT35A/UT32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ