2線式導電率/抵抗率計 FLXA21

FLXA21導電率計は、温度補償機能、校正標準テーブルを内蔵、セルの汚れ具合をモニタリングし、より高い精度の導電率測定ができます。汎用性が高く、セル定数は0.005~50 cm-1、2電極式および4電極式検出器のどちらも使用できます。また、5種類の温度検出器に対応しており、正確な温度補償を行います。
FLXA21は、脱塩水や蒸気、凝縮液、ボイラ水の分析における純水補償を行います。製薬工業における純水のモニタリングでは、USP(米国薬局方)項目<645>(USP23条の項目645参照)指針(アメリカ合衆国薬局方指針)の水質基準に従ってプロセス液の水質をモニタリングすることができます。

特長

2本の検出器による高信頼性およびデジタル通信によるメンテナンス・計装工事費の削減

  • 導電率計の同種2本の検出器を接続可能
  • 2本の検出器でのバックアップシステムで、より高い信頼性測定が可能
  • 異なる2点測定で設置コストの削減、省スペースを実現
  • 2本の検出器で保守中も中断することなく連続測定が可能
  • HART通信によるメンテナンス・計装工事費の削減

モジュール構造による拡張性の向上

  • モジュール構造による豊富なシステム構築が可能

進化した各種機能を搭載

  • 検出器の自己診断機能
    分極チェックによる電極の汚れ
  • 健康度およびメンテナンス時期予測
    最新の5つの校正結果を保存し、将来のメンテナンスや校正時期を予測
  • クイックセットアップ機能内蔵
    画面指示(ガイド)により、最小限のセットアップを容易に実現

タッチスクリーンによる操作性の向上、充実の操作画面

  • 画面と対話しながら確実にやさしいオペレーション
  • 各種表示モードを豊富に準備、自由度高く選定可
  • エラー発生時、エラーの内容および対処を表示
  • 日常の操作で取扱説明書が不要

幅広いアプリケーションに対応した検出器群

  • さまざまなタイプの導電率検出器と接続可能

12カ国語対応

日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、チェコ語、ポーランド語の12カ国語から選択可能

KOSHA、ATEX 他各主防爆に対応

標準仕様

入力仕様 2電極式または4電極式測定、矩形波励磁、セル定数範囲0.005~50.0 cm-1
当社製検出器の場合SC4AJ、SC210G、SC8SGがあります。
測定範囲 導電率: 最小; 0 μS/cm、最大; 200 mS/cm ×セル定数(上限2000 mS/cm)
抵抗率: 最小; 0.005 kΩ/セル定数、最大; 1000 MΩ・cm
温度: Pt1000; -20~250°C、Pt100、Ni100; -20~200°C、NTC 8k55:-10~120°C、Pb36: -20~120°C
性能
(変換器単体の模擬入力での性能)

導電率(2 μS × K cm-1 ~200 mS × K cm-1 の場合):
  直線性:±0.5%F.S.、繰返し性:±0.5%F.S.
導電率(1 μS × K cm-1~2 μS × K cm-1 の場合):
  直線性:±1%F.S.、繰返し性:±1%F.S.
抵抗率(0.005 kΩ/K cm-1 ~0.5 MΩ/K cm-1の場合:
  直線性:±0.5%F.S.、繰返し性:±0.5%F.S.
抵抗率(0.5 MΩ/K cm-1~1 MΩ/K cm-1 の場合):
  直線性:±1%F.S.、繰返し性:±1%F.S.
温度(Pt1000, PB36 NTC, Ni100):
  直線性;±0.3°C、繰返し性;±0.1°C、精度;±0.3°C
温度(Pt100, 8.55kΩ NTC):
  直線性;±0.4°C、繰返し性;±0.1°C、精度;±0.4°C

(注) F.S.とは設定レンジの最大値を示します。Kはセル定数であり、弊社ではK=0.01~10 cm-1の検出器を用意しています。

温度補償:NaCl;±1%、マトリクス;±3%
ステップ応答:7秒以内(90%応答時間、測定値が2桁変動の場合)
アプリケーションノート
概要:

FLEXA シリーズ

横河の液分析計 FLEXA シリーズは、それぞれの検出器に応じた自己診断機能を持っています。診断結果は本体のディスプレイで確認できます。

FLEXA シリーズ

 

2線式 pH/ORP 計 FLXA202

FLEXA シリーズの FLXA202 pH/ORP 計は、検出器のインピーダンス、不⻫電位、スロープ等を常時測定し、電極の汚れ・破損、断線、測定液面低下など検出器の状態を連続的に診断できます。

検出器のインピーダンス連続監視によって、検出器の洗浄周期の最適化や、ガラス電極・比較電極の的確交換を実現できます。

比較電極の状態の例

比較電極の状態の例

 

FieldMate

さらに、FLEXA シリーズと FieldMate と組み合わせることで、現場に出かけることなく、詳細な検出器診断の情報を確認することができます。

FieldMate

FieldMate は機器の設定・調整・管理ツールであり、機器の持つフィールドデジタル通信機能を利⽤することで、中継端子盤や水質監視盤など、作業のしやすい環境で、機器の情報を取得することができます。

FieldMate は FLEXA シリーズの持つ測定・診断情報をリアルタイムに取得・監視することができます。また、それらの値をトレンドとして記録し保存することも可能です。

FieldMate DeviceViewer より

FieldMate DeviceViewer より

 

FLEXA シリーズと FieldMate の組み合わせ

FLEXA シリーズと FieldMate の組み合わせ

横河技報
1.1 MB

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ