薬液洗浄形pH測定システム PH8SM3, PH8HS3

プロセス用pH計は、化学・食品・薬品・金属・紙パルプ等幅広い分野で原材料の測定・管理・製造工程における反応条件の制御・監視、生成物の品質測定等において重要な位置をしめています。また、工場排水処理におけるpH管理、河川のモニター等幅広く使用されています。
一般に、pH検出器は汚れや劣化等による経時変化があり、性能維持のためには定期的な洗浄が必要です。一方、近年分析計の高精度化、高信頼性、メンテナンスフリーの要望とともに省力化・省人化、危険なプロセス液・現場からのオペレータの解放といったニーズがますます高まってきています。
薬液洗浄形pH測定システムは、これに応えるべく検出器の各種診断機能をより充実させたpH変換器を組み込み、pH検出器の薬液による自動洗浄を可能にしたpH測定システムです。

特長

  • 検出器をプロセス液から取り出して薬液槽内で薬液(HClなど)に浸し、エアバブリングしながら薬液を攪拌することで、手洗浄と同じ確実な洗浄が得られ、スケール(CaCO3など)付着に対して極めて効果的な洗浄が可能
  • pH変換器による電極の劣化診断
  • 検出器ホルダの引き上げ方式なので駆動部は接液せず、長期にわたり確実な稼動が可能
  • 洗浄中、出力信号はホールド

 

アプリケーション

  • 排煙脱硫工程など、結晶性付着物が問題となるプロセスでのpH測定・管理に

標準仕様

測定範囲 pH2~14
機 能 連続測定
エアシリンダによるpH検出器昇降機能および一定周期薬液洗浄
洗浄方式 エアバブル式薬液自動洗浄
洗浄周期 0.1~36時間の間で設定可能
洗浄時間 0.1~10分の間で設定可能
緩和時間 0.1~10分の間で設定可能
使用薬液 酸性液、アルカリ性液
概要:

石灰石膏法の排煙脱硫装置では、脱硫剤(石灰)の消費量管理をオンライン pH 計を使用して行なっています。このとき問題になるのが、石灰によって pH 電極が著しく汚れることです。一定レベル以上の測定精度を維持するには酸を用いた電極洗浄を頻繁に実施する必要があり、大きな保守工数がかかってしまいます。
酸洗浄を自動化した 「EXA AUTO CLEAN 薬液洗浄装置」の採用によって、大幅に省力化が図れたばかりでなく、pH 測定精度を維持した状態での長期運転が可能となり
ました。

概要:

水酸化マグネシウム法の排煙脱硫装置では、脱硫剤[Mg(OH)2]の消費量管理をオンラインpH計を使用して行なっています。このとき問題になるのが、水酸化マグネシウム(スラリー)によってpH電極が著しく汚れることです。一定レベル以上の測定精度を維持するには酸を用いた電極洗浄を頻繁に実施する必要があり、大きな保守工数がかかっていました。
酸洗浄を自動化した[EXA AUTO CLEAN 薬液洗浄装置]の採用によって、大幅に省力化が図れたばかりでなく、pH測定精度を維持した状態での長期運転が可能となりました。

2線式伝送器とは、電源ラインと出力信号ラインとで同一のケーブルを使用する伝送器です。 一般的に大規模計装で使用され、DCSとの接続に使われます。使用できる電力が限られているため、機能が限定されます。 4線式変換器とは、電源ラインと出力ラインとで別々のケーブルを使用する変換器です。 通常の場合こちらを使用し、AC電源もしくはDC24V(機種限定)電源を供給します。 2つの出力信号が取れる、接点出力があるなど機能が充実しています。 ...
中継端子箱の役割は?
(an-ph-orp-22-relay-terminal-box)
中継端子箱は変換器と検出器の距離があり、途中のケーブル配線が難しいときに使用します。 ただし、中継端子箱を使用した場合でも、ケーブルの長さはトータルで20mが最長です。 ...
pH計の測定液の条件について
(an-ph-orp-13-conditions)
測定液温度の範囲および測定液圧力の範囲は、pH検出器の種類、ホルダ形式およびホルダ材質で異なります。 下記資料を参照してください。 一般仕様書:pH検出器およびORP検出器 [GS 12B07B02] 技術資料:pH計/ORP計 セレクションガイド [TI 12B07A03-03] ...
計量法について
(an-ph-orp-14-measurement-method)
取引や証明に使用する政令で定められた計量器は、計量法に基づく検定を受けて合格したものでなければなりません。ガラス電極式pH計は、計量法施行令第2条で検定の対象となる特定計量器に指定されています。 pH計は、取引用にはあまり使われませんが、証明行為には広く用いられています。計量法上の証明行為とは「公に、または業務上他人に、一定の事実が真実であることを表明する行為」と定義されています。例えば、行政機関が河川水のpHを測定してその値を公表したり、ある工場が排水のpHを測定して行政機関に報告したり、環...
pH標準液の保存方法と保存期間
(an-ph-orp-12-preservation)
調製pH標準液は、上質の硬質ガラスまたはポリエチレン製のびん中に密閉して保存します。調製pH標準液は、長期間の保存によってpH値が変化する(注)ことがありますので、調製後長期にわたるものは新しく調製した標準液と比較して、pHの値が同一であることを確認した上で使用しなければなりません。 また、一度大気中に開放放置されたpH標準液は使用してはいけません。 (注)例えば、ほう酸塩pH標準液および炭酸塩pH標準液は、二酸化炭素などを吸収してpH値が低下します。 ...
pH計の校正証明書は、下記製品について発行できます。 PH71 パーソナルpHメータ、PH72パーソナルpH/ORPメータ:   指示部(本体)のみ。検出部は対応できません。 プロセス用pH計:PH100, PH201G, PH202G, PH202SJ, PH400G, PH450G  変換器(または伝送器)およびデイストリビュータ 校正証明書の種類としては、下記の4種類が用意できます。 国家標準との関係を自己宣言したもの 社内トレーサビリテイの仕組みを示すもの 納入...
現場でのpH計のチェック方法
(an-ph-orp-18-operation-check)
プロセス用pH計が正しく測定しているかどうかのチェックには、弊社の「PH71 パーソナルpHメータ、PH72 パーソナルpH/ORPメータ」が便利で最適です。あらかじめ標準液校正した「PH71 パーソナルpHメータ、PH72 パーソナルpH/ORPメータ」をプロセス用pH計が設置されている現場に持ち込み、同じ測定場所を同時に測定し、合っているかどうかを確認します。 測定液を実験室などに持ち帰って、ラボ用pH計で確認する方法は、現場の測定液と温度などの条件が異なり正しい結果を出すことができません。...
この標準液はJIS Z8802に従って調製した標準液です。ただ、これには証明書が添付できません。証明書付きの標準液が必要な場合は試薬メーカから直接ご購入ください。
調製済みの標準液の有効期限は未開封で購入後1年です。 開封後は1週間程度で使い切るようにしてください。 また、標準液用粉末の有効期限は購入後3年です。
他社製のpH検出器と接続したい場合に問題になるのは、pH検出器の温度センサの仕様です。 組み合わせできるpH検出器の温度センサは下記です。 FLXA21/FLXA202 : Pt1000Ω, Pt100Ω, 500ΩPTC, 6.8kΩPTC, 10kΩPTC, 8.55kΩNTC, 3kΩBalco PH450G : Pt1000Ω, Pt100Ω, 350ΩPTC, 3k...
pH標準液の種類と組成について
(an-ph-orp-11-type-composition)
pH標準液の種類と各温度におけるpH値はJIS Z 8802(1984年改正)に規定されています。JIS Z 8802(1984年改正)では、改正時に国際的な状況に対応して新たに定めた標準液(規格pH標準液と呼ぶ)と改正前の旧規格に定められている標準液(調製pH標準液と呼ぶ)の両者が使用できるようになっています。一般には、長い歴史があり、実用上も問題がなく、使用者が調製できる「調製pH標準液」が使用されています。 調製pH標準液は、次の5種類が規定されています。 標準液の名称と組成(JIS Z...
SDSとは?
(an-ph-orp-16-sds)
SDS(Safety Data Sheet)制度とは、「特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善に関する法律」(PRTR法)に基づき、対象化学物質または当該化学物質を含有する製品を事業者間で取引する際、その性状および取扱いに関する情報(SDS)の提供を義務づける制度です。 SDS制度により、SDSの提供を受ける事業者は、PRTR制度に基づく届出でに必要な情報を得ることができます。また、事業所における適切な化学物質の管理を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することが可能になります。 S...
ガラス電極の内部にはpH7の溶液が満たされています。いま、電極をpH7の液に浸した場合、電極膜の内側も外側もpH7ですので電位差は0になるはずですが、実際にはガラス加工時のひずみ、形状およびガラスの組成などにより電位差が発生します。これを不斉電位といいます。 不斉電位はガラス電極だけでなく、比較電極の内部液の汚れやジャンクション(液絡部)の乾燥や目詰まりなどによっても発生します。この不斉電位を取り除くために、pH7標準液(中性リン酸塩pH標準液)を用いてゼロ校正を行います。 ...
ガラス電極によるpH測定の原理について
(an-ph-orp-03-measurement-principle)
ガラス電極によるpH測定法は、ガラス電極と比較電極の2本の電極を用い、この2本の電極の間に生じた電位差を測定することで、測定液のpHを知る方法です。 特殊なガラスの薄膜の両側にpHの異なった溶液があると、ガラスの薄膜部分に両方の溶液のpHの差に比例した起電力が発生します。 実際の形としては、下図のように薄いガラス膜で作られた容器Gの中にpHのわかっている溶液Bを入れ、これを測定液Aの中に浸すと、ガラス膜の両側に起電力が生じます。従って、2つの溶液AおよびBに適当な電極E1およびE2を浸して、その...
pHの測定方法は、その発展の過程で各種の方法がありますが、現在では「ガラス電極法」がいろいろの分野で最も多く用いられています。 指示薬による方法 リトマス試験紙やメチルオレンジ溶液およびフェノールフタレイン溶液などの試薬を用いる測定法です。歴史が古く、簡便ですが、種々の誤差があり、精度は期待できません 水素電極を用いる方法 水素電極とは水素ガスを十分に吸着させた白金電極で、これを測定液に浸すと、液の水素イオン濃度(正確には水素イオン活量)に対応した電位を発生します。 水素電極法は、...
pHとは何ですか?
(an-ph-orp-01)
pHとは、水溶液の性質(酸性、アルカリ性)の程度をあらわす単位です。水溶液の酸性、アルカリ性は、水溶液中の水素イオン(H+)の濃度で決まります。 水はH2Oという分子式で表されますが、実際にもそのほとんどがH2Oという安定した分子状態で存在しています。ところが、ごく一部が水素イオン(H+)と水酸イオン(OH-)というイオンの形で存在していて、水素イオンが多い場合は酸性、水酸イオンが多い場合はアルカリ性になります。 温度が一定であれば、どのような水溶液でも水素イオン(H+)と水酸イオン(OH-)...
pH計の温度補償について
(an-ph-orp-04-temp)
pH検出器の発生起電力は、測定液の温度によって変化します。これは、pH検出器のガラス膜の発生電位が、ネルンストの式で示されるように、絶対温度Tに比例するためです。 温度補償とは、この温度による起電力の変化をpH変換器(またはpH伝送器)で温度に無関係になるように補償することです。ここで、誤解しないように注意しなければならないことは、温度による測定液のpH値の変化とは全く無関係だということです。 横河電機のpH計は、pH検出器に組み込まれている測温体で温度を測定し、自動的にpH検出器の発生起電力...
一般のpH測定においては、温度による測定液のpH値の変化を補正することは行いません。しかし、純水測定の場合には、pH検出器の温度補償とは別に測定液自身の温度補正を行うことがあります。 純水用pH計では、pH検出器に組み込まれている測温体で温度を測定し、検出器の発生起電力の温度補償と測定液の温度補正を同時に行うことができます。 ...
pH計の標準液校正について
(an-ph-orp-08-calibration)
pH測定を行う場合は、必ず標準液によるpH計の校正を行わなければなりません。校正の方法としては、2種類のpH標準液を用いて行う「2点校正」が一般的ですが、簡易的な方法として、1種類のpH標準液だけで行う「1点校正」もあります。 pH標準液は緩衝溶液(buffer solution)とも呼ばれるように、外から酸や塩基を加えても溶液自体のpHが変わりにくいという性質(緩衝作用)をもっています。pH標準液の種類と各温度におけるpH値はJIS Z 8802「pH測定方法」に定められています。 ...
pH計/ORP計の酸誤差について
(an-ph-orp-07-acid-error)
pH3以下の領域で生じる酸誤差も、ガラス膜の組成や酸の種類によって大きさが異なります。また、いったん酸誤差を生じたガラス電極は、中性溶液に浸しても元の状態に戻るにはかなり時間を要します。しかし、酸誤差はその大きさがアルカリ誤差に比べて小さく、実用上ほとんど問題になりません。 ...
pH計のアルカリ誤差について
(an-ph-orp-06-alkaline-error)
pH10以上のアルカリ領域では、ガラス電極の起電力が直線からの偏りを生じてきます。これをアルカリ誤差と呼びます。 アルカリ誤差は、ガラス膜の組成によって大きさが異なりますので、アルカリ領域で使用する場合は「高アルカリ用ガラス電極」を使用することを推奨します。 ただし、アルカリ誤差がなくなることを保証するものではありません。 例えば「高アルカリ用ガラス電極」として「PH8EFP..../HA」があります。 ...
実際のガラス電極では、各種のばらつきや経年変化などの影響で、単位pHあたりの起電力の値が理論値と一致しません。このため、pH4標準液(フタル酸塩pH標準液)またはpH9標準液(ホウ酸塩pH標準液)を用いて理論電位勾配との相違を補正します。これをスパン校正といいます。 ...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ