横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

4線式溶存酸素計 DO402G
お知らせ: 本製品は、2019年9月30日に販売終了しております。 下記の推奨代替製品をご参照ください。:

DO402G溶存酸素計は、高機能、高信頼性、およびメンテナンス軽減を実現した計器です。現代の産業環境において溶存酸素を測定するという厳しい要求条件を満たす設計がされています。
DO402G溶存酸素計は、IP65適合の頑丈なケースを採用し、2つのmA出力、4つの接点出力を備えた溶存酸素計です。

DO402Gは、ガルバニ電池式、ポーラログラフィック式センサはもちろんのこと、DO70G 蛍光式溶存酸素検出器も組み合わせ使用が可能です。

特長

  • 測定範囲は0~50 mg/lで、出力レンジは測定範囲内の最小スパン1 mg/l任意設定可能
  • 単位はmg/l、ppm、%飽和の中から選択可能
  • 塩分補償、大気圧補償機能を内蔵し高精度測定を実現
  • 洗浄タイマ機能内蔵の小型インテリジェント変換器
  • 空気または飽和溶液によるワンタッチキャリブレーション
  • DOセンサ等各種自己診断機能の充実(測定値異常、温度異常、膜破れ検知等)
  • 豊富な接点出力機能内蔵

 

アプリケーション

  • 下水、工業排水などの処理プラントにおけるばっ気槽内の溶存酸素濃度測定に対応
  • 純酸素の吹き込みによるばっ気も対応

関連情報

接続可能です。 ただし、電源箱 DOX10が必要です。
変換器 DO402G の配線端子はピン端子、電源箱の配線端子はM4丸端子になっています。 検出器 DO70G 本体は、コネクタ(VP6.0)となっています。
電源箱 DOX10にのみAC電源が必要です。 DO402GはDOX10から電源を受け取ります。
メニューで接続検出器に応じた設定をするだけです。 (取扱説明書 IM12J05D04-01 をご参照ください。)
DO402Gの出力信号について
(an-do402g-02-output-signal)
アナログ出力は、4~20mA DCまたは0~20mA DC(選択可)2点です。出力レンジは、測定範囲内で任意に設定可能です。 出力できる項目は下記の通りです。 溶存酸素濃度:最小0~1mg/L(またはppm)、最大0~50mg/L(またはppm) 溶存酸素の飽和度:最小0~10%、最大0~300% 測定液温度:最低0~25℃、最高0~50℃ さらに、下記の出力機能を使用することができます。 保守中、校正中および洗浄中に、出力を直前の測定値または予め設定した値にホールドする機能...
DO402Gのレンジ切替え機能について
(an-do402g-03-range-switch)
レンジ切替えは、2レンジ切替えまでできます。 また、切替えの方法は、下記から選択して設定することができます。 マニュアルレンジ切替え リモートレンジ切替え リモート切替えは、リモートレンジ切替え用接点入力を使用します。 ...
DO402Gの接点出力について
(an-do402g-04-contact-output)
上下限警報や異常を知らせる接点出力が4点用意されています。 接点出力S1, S2:上下限警報、ホールド 接点出力S3:洗浄、ホールド、または上下限警報 接点出力S4:FAIL(異常または上下限警報) ...
DO402Gの「膜切れ検知」機能について
(an-do402g-05-film-detection)
検出器をPB350G傾斜形フロートホルダおよびPB360G垂直形フロートホルダに組み込んだ場合は、検出器の隔膜の破れを検知して、FAIL接点およびバーンアウト信号を出力することができます。 検出器をフロートホルダ以外のホルダに組み込んだ場合は、この機能は働きません。なお、「膜切れ検知」機能を使わないときは、端子16への検出器ケーブルの接続は行わないでください。 ...
DO402G 溶存酸素計の設置環境について
(an-do402g-01-installation-env)
DO402G溶存酸素計変換器は、下記のような場所に設置してください。 設置場所:屋内および屋外(ハウジングの構造:IP65/NEMA 4X/CSA Type3S) 周囲温度:-5~55℃ 周囲湿度:10~90%RH(ただし、結露しないこと) ...

ドキュメント&ダウンロード

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ