CENTUM VPバッチによる既設システムのリプレースと生産効率の向上

Lucite International Group Ltd. logo

概要

Lucite International, Lancashire, UK
Lucite International, Lancashire, UK

ルーサイト・インターナショナル社(Lucite International Group Limited, 以下ルーサイト)は、世界有数のアクリルモノマー生産会社です。

イギリスのダーウィンにある工場では、主にバスルームやキッチンで使用する高品質アクリルを生成しています。これまでルーサイトでは、Windows NT4サーバ上で動作するHoneywell社のPlantScapeによるバッチ制御を行っていましたが、このシステムを維持するのが困難になったためリプレースすることにしました。リプレースにあたっては、プラントの安全性、社員の健康、環境保護、およびコストパフォーマンスについて、継続的な改善をすることを目的としました。

ルーサイトは、いくつもの制御システムベンダーのシステムについて信頼性、ライフタイム・サポート、およびエンジニアリング能力を評価し、最終的に『CENTUM VP』を採用することに決定しました。短期間での切り替えが求められる案件でしたが、横河イギリスは期間内にこの新しいシステムへの切り替えを実現しました。

Lucite System Configuration

ルーサイトのシステム構成図

お客様の課題とソリューション

1. DCSのリプレース

既設システムは導入から長い時間が経ってしまっているため、プロジェクトチームは、既存システムの構成や詳細仕様に関する適切なドキュメントを見つけることができませんでした。しかし、横河とルーサイトのエンジニアが 一致団結して作業を進めることによって、必要な情報をすべて見つけ出し、『CENTUM VP』に移植することができました。この取り組みを通じ、両社のプロジェクトチームは素晴らしい関係を築き、横河電機はルーサイトからソリューションプロバイダとしての実力に対する信頼を得ることができました。プロジェクトチームによる綿密な計画と準備により、わずか14日間のプラント停止期間で、既存システムの撤去、 『CENTUM VP』システムの設置、スタートアップ、試運転まで完了することができました。

2. 効率的なバッチ運転
横河のエンジニアリングチームの総合的な能力は、特にバッチアプリケーションの分野で、高く評価されました。『CENTUM VP』のバッチパッケージは、処方管理からバッチ報、ユニット管理にいたるまで幅広い機能をもっています。今回導入した新しいシステムはルーサイトエンジニアにとっても、はるかに使い勝手がよくなっており、誤操作やエラーのないバッチ運転が実現できました。このパッケージでは、運転中のプロシージャ、現在のステップやフェーズなどの状態監視ができるため、非常に高い生産効率と操業の安全性が確保されています。
また、 『CENTUM VP』のHIS(Human Machine Interface)は人間工学に基づいたデザインとなっており、操作効率も改善されています。システムを立ち上げた2008年秋以降、一度も重大なシステム障害にあうことなく、ルーサイトは『CENTUM VP』システムの高い信頼性、稼働性、および柔軟性に非常に満足しています。

3. 計量システムとの統合
バッチ制御による操業では、制御システムと計量システムの統合は、非常に重要です。
計量データは、バッチの運転確認や原材料管理のために必要不可欠です。本システムでは、計量システムからのデータをPROFIBUSインターフェース経由で『CENTUM VP』に取り込んでいます。オペレータは、バッチ運転を開始する前に、グラフィック上でデータを監視し、状態を確認することができます。すべての運転データを可視化することは品質の向上にもつながっています。

Before (Honeywell system) / After (CENTUM VP HMI)

お客様の声

横河電機の『CENTUM VP』は非常に柔軟なシステムで使いやすいです。制御方針の変更、新製品用の処方の作成、およびその他の設定変更はエンジニアリング部署にある端末から簡単に行う事ができます。
私達は、より安全な操業と持続可能な生産のために、既存の安全システムをアッ​​プグレードし、工場のすべてのシステムを統合する計画をしています。 横河と5年間のエンジニアリングサービス契約を結び、緊密な協力関係の上で作業を進めています。

Ray Jones, Technology Manager
Lucite International Group Ltd.

関連製品&ソリューション

CENTUM VP

CENTUM VP(センタム・ブイピー)は、プラントの設計から、エンジニアリング、システム・機器の据え付け、生産立ち上げ、さらには稼働後の改修や変更を経て運転を終了するまで、プラントのライフサイクルにわたり最適な操作・エンジニアリング環境をお客様に提供する、CENTUMシリーズ最新の統合生産制御システムです。

既設システムの更新

現在お使いいただいているCENTUMシステムを含めた生産制御システムを、最小の投資で最新型の生産制御システムに更新するご提案をしています。自社システムだけでなく、他社の生産制御システムの更新についても対応をしています。

統合生産制御システム(DCS)

横河電機は、独自のデジタル制御技術と経験、ノウハウの粋を集めた世界最初の分散型制御システム(DCS)である「CENTUM(センタム)」を1975年に発売開始しました。発売以来、世界100カ国以上、累計27,000システムが採用されています。

トップ