原油蒸留プラントでの製品性状安定化実現

高度制御の事例

製品性状の安定化の達成

プラント概要

日本海石油株式会社殿は富山市にある新日本石油のグループ会社です。一日あたり6万バレルの原油精製処理能力があり、北陸地区における各種石油製品(プロパン、ブタン、ガソリン、ナフサ、灯油、軽油、重油等)の重要な供給基地となっています。多変数モデル予測制御パッケージのExasmocと性状推定パッケージExarqeが常圧蒸留塔とデプロパナイザーに導入され、製品性状の安定化に寄与しています。多変数モデル予測制御パッケージのExasmocと性状推定パッケージExarqeは、日本国内をはじめ世界中の製油所や石油化学プラントに導入され、大きな利益をもたらしています。

日本海石油殿写真
日本海に面した日本海石油富山製油所殿の全景

Exasmoc、Exarqe導入効果

Exasmoc、Exarqe導入理由 Exasmoc
Exarqe
導入により
→
Exasmoc、Exarqe導入による効果
1)常圧蒸留塔における製品性状を上下限内に制御したい
例:蒸留点・・・灯油5%、灯油95%
*製品性状の安定化
→特に灯油95%蒸留点の標準偏差が
約半分に減少し、灯油の増産が可能になった。
2)デプロパナイザーの製品プロパン性状を規格下限値ぎりぎりに保って、リボイラスチーム量を削減したい *スチーム使用量の削減
→デプロパナイザーではリボイラスチーム使用量が約10%低減

主なアプリケーション構成

日本海石油殿アプリケーション構成図

デプロパナイザー

システム構成

ExasmocとExarqeはOPC通信経由で横河電機のDCSシステムCENTUMと接続されています。横河電機のプラント情報管理システムExaquantumも導入されています。

業種

関連製品&ソリューション

Platform for Advanced Control and Estimation(高度制御ソリューション)

高度制御ソリューションは、エネルギー消費を抑え製品収率を改善することで、運転利益を生み出します。 
Advanced Regulatory Controlモジュール、多変数モデル予測制御、ソフトセンサーやAdvanced Monitoring & Diagnosisツールをコンサルティング・エンジニアリングサービスと併せて提供し、高度制御導入期間を劇的に短縮すると共に、ロバスト性に優れた制御性能を維持し保守を容易にします。

トップ