警報の待機動作とはどのような機能ですか?

待機動作とは、警報が発生する状態であっても無視し、一度警報発生状態から抜けるまで警報をオフにする機能です。
一度警報が発生しない領域に入ると、待機動作は解除されます。待機動作は、以下の場合に働きます。
・電源投入時
・SP 変更時
・SP 番号変更時(リモート時は除く)(SP 値が変更されること)
・警報種類変更時
・通信による強制待機
例えば、炉の立ち上げ時に、PV下限警報を発生させたくない場合などに使います。

関連製品&ソリューション

ディジタル指示調節計(温調計) UT55A/UT52A

ディジタル指示調節計 UT55A/UT52A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

ディジタル指示警報計 UM33A

ディジタル指示警報計 UM33A は、見やすい14セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた警報計です。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、CC-Link 通信にも対応します。

プログラム調節計 UP35A/UP32A

プログラム調節計 UP35A/UP32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

プログラム調節計 UP55A

プログラム調節計 UP55A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT32A-D

2ループ制御対応で、コンパクトなサイズ(48x96mm)のディジタル指示調節計です。 ラダーシーケンス機能も搭載し、DINレール取付にも対応しています。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT35A/UT32A

ディジタル指示調節計 UT35A/UT32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

高機能形ディジタル指示調節計(温調計) UT75A

ディジタル指示調節計 UT75Aは、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ