A/MキーでMANにならない時、何を確認したらよいですか?

  1. セットアップパラメータDI.SLメニュー内A/Mの設定と接点入力端子の状態: パラメータA/MにX_DI1(5025)が設定されていて接点入力1がON:閉のとき、AUTOになり、キー操作や通信でMANにできません。接点入力1がOFF:開にするとMANになりますが、その後キー操作や通信でAUTO/MAN切り替え可能です。このときと、セットアップパラメータDI.SLメニュー内A/Mに接点入力を割り付けていないとき、キー操作と通信は後勝ちです。
  2. セットアップパラメータKLOCメニュー内のA/Mキーロック設定: A/MキーロックがON設定だとA/Mキーが無効です。
  3. 通信経由で常にA.Mに書き込みしていないか
  4. ラダープログラムでA.Mに書込みしていないか
をご確認下さい。

関連製品&ソリューション

ディジタル指示調節計(温調計) UT55A/UT52A

ディジタル指示調節計 UT55A/UT52A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT32A-D

2ループ制御対応で、コンパクトなサイズ(48x96mm)のディジタル指示調節計です。 ラダーシーケンス機能も搭載し、DINレール取付にも対応しています。

汎用形ディジタル指示調節計(温調計) UT35A/UT32A

ディジタル指示調節計 UT35A/UT32A は、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet 通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

高機能形ディジタル指示調節計(温調計) UT75A

ディジタル指示調節計 UT75Aは、見やすい 14 セグメントカラー大型 LCD 表示とナビゲーションキー採用により、監視・操作性を大幅に向上させた調節計です。標準でラダーシーケンス機能を搭載しています。コンパクトな奥行きサイズのため、計装盤の省スペース化に貢献できます。また、Ethernet通信などオープンネットワークシステムにも対応します。

トップ