電力モニタを設置しましたが、測定値が実際の値と異なっているようです。

電力モニタはCT比、VT比の設定が必要です。(電力モニタPR300の場合は、相および線式や電圧レンジなどの設定もあらかじめ必要です。) しかし、設定をしても測定値が実際とかけ離れている場合があります。この場合、有効電力(W)を確認してください。マイナスになっていたり、実際より小さくなっている場合があります。(有効電力がマイナス表示の時は、負荷から電源側に電力供給(回生電力)している状態です。)この場合は、電流/電圧入力の配線、CTの取り付け方向、CTの取り付け相を再確認してください。

関連製品&ソリューション

PR201

PR201 電力モニタ

PR960

電力モニタデータ収集ソフト

UPM01

UPM01 電力モニタ

UPM02

UPM02 電力モニタ

UPM03

UPM03 電力モニタ

UZ002

UZ002 ステップコンバータ

UZ003

UZ003 ステップコンバータ(抵抗値入力形)

UZ005

UZ005 電力モニタ

UZ008

UZ008 制御信号切換器

パルス積算器 PR488

発信装置付電力量計の出力パルスを取り込み、積算電力量に変換するものです。

小形電力モニタ UPM100/UPM101

省エネ解析を強力にサポート。積算電力量など15種類の電力要素を1台で測定できる、小形タイプの電力モニタです。

電力モニタ PR300

電力設備メータと省エネルギー監視。ふたつのニーズに的確に応える、パネル取付タイプの電力モニタです。

トップ